現役鉄道マンによる鉄道雑学のブログ

趣味で鉄道好きな人はもちろん、就職・転職等で鉄道業界に興味がある人もどうぞ! 現役鉄道マンが、鉄道の雑学や裏話を語ります。

レール温度上昇 将来は「真夏のローカル線は運休だらけ」になる!?

真夏の時期にたまに聞くニュースが「レール温度上昇により運転見合わせ」。なぜ温度上昇で運転見合わせになるのか、その背景を説明します。

特急列車の運転士に特有な「夏の試練」とは?

鉄道会社の花形といえば特急列車。しかし、特急列車に乗務する運転士には、夏特有の苦労があったりします。

乗務員も無縁じゃない熱中症対策

熱中症が多発する夏の季節。乗務員が熱中症になる実例もあるため、鉄道会社でも無縁の話ではありません。鉄道会社ではどのような対応をしているのでしょうか。

JR東日本 点検中の車両が100メートル動く

2019(令和元)年7月29日の朝、JR東日本の茅ヶ崎駅で、以下のようなトラブルがあったとのこと。 茅ヶ崎駅にて、運転前の点検を担当していた運転士が点検手順を誤り、車輪止めを外してから点検を開始したため、車両が動いてしまった。現場はやや傾斜してい…

イベント輸送の裏側で 駅員が苦労する「遺失物対応」

イベント時の多客輸送。駅員は誘導や列の整理、お客様への案内を行います。しかし、その他に一つ、意外と大変な業務があるのです。

清宮幸太郎 阪神電鉄のダイヤを“破壊”した男

高校野球がアツい季節。2015(平成27)年の夏の甲子園、多客輸送に対応する阪神電鉄は、一人の選手によってダイヤを“破壊”された!?

花火大会の裏側で 名古屋鉄道の「ウルトラC」

イベント輸送といえば、「臨時列車の増発」が常套手段。ところが、諸事情からそれが難しい名古屋鉄道。どのようにイベント輸送対策をしているのか、その「ウルトラC」を解説。

花火大会の裏側で 鉄道会社の工夫と苦労

7~8月といえば花火大会。こうしたイベント輸送時、鉄道会社ではどのようなことを考えて対応に当たっているのでしょうか?

私の好きな鉄道グルメ 「チキン弁当」

私の好きな駅弁を紹介します。東京圏で売られている超ロングセラー駅弁の「チキン弁当」。チープな味が逆に魅力的で大好きなのです!

声の小さい人が鉄道の仕事に向かない理由とは?

「鉄道会社に向かない人はどういう人か」を考察します。今回取り上げるのは、「声の小さい人」です。

よく病欠する人、鉄道会社ではとても嫌がられる!?

「鉄道会社に向かない人はどういう人か」を考察します。今回取り上げるのは、「よく体調を崩して寝込む人」です。

鉄道会社はなぜ社員の遅刻に厳しいのか?

鉄道会社では、遅刻をすると厳し~いお灸を据えられます。もちろん、その厳しさの背景にはきちんとした理由があります。

鉄道会社への就職 鉄道マンは遅刻をすると大変なことに!

「鉄道会社に向かない人はどういう人か」を考察します。今回取り上げるのは、ズバリ「遅刻グセのある人」です。

鉄道会社への就職 良い会社・悪い会社の判断基準は人それぞれ

「あの会社は良い会社・悪い会社」。就職活動中の学生にとって、この手の情報は気になるもの。しかし本来、会社の良し悪しの判断基準は、人によって違うはずです。

問題を「解決」ではなく「発見」する能力を 仙台市営地下鉄の実例から

確認漏れが原因のミスが起きると、「確認の強化」という対策に走りがち。しかし、今までの“延長線上”の対策ではなく、少し違うベクトルで対策を考えてみてはどうでしょうか。