現役鉄道マンのブログ 鉄道雑学や就職情報

記事のクオリティには自信あり! 鉄道関係の記事が約380。趣味で鉄道好きな人や、鉄道業界への就職を目指す人は必見!

鉄道会社への就職

問題を「解決」ではなく「発見」する能力を 仙台市営地下鉄の実例から

確認漏れが原因のミスが起きると、「確認の強化」という対策に走りがち。しかし、今までの“延長線上”の対策ではなく、少し違うベクトルで対策を考えてみてはどうでしょうか。

「だろう思考」ではなく「かも思考」の大切さ 3歳の姪っ子に学ぶ(?)

「大丈夫だろう」ではなく「大丈夫かな?」の思考で仕事をする。お客様の人命を預かり、事故を起こしてはならない鉄道会社では特に大切なことです。

現役鉄道マンが実践している「視力維持法」を紹介!

運転士になるためには、一定以上の視力が必要なことは常識でしょう。視力を維持するために、私が個人的に行っている方法を紹介します。

第三セクター鉄道が受け取る「貨物調整金」の金額はいかほど?

第三セクター鉄道に支払われる「貨物調整金」、どれくらいの金額が支払われているのか。そして、この貨物調整金がJR貨物の将来にどう影響する?

第三セクター鉄道に支給される「貨物調整金」とは?

第三セクター鉄道には、経営が苦しい会社が多いです。JR貨物との間では、線路使用料の金額が問題になりました。その問題を解決するための「貨物調整金」とは?

アボイダブルコストは本当にJR貨物に有利なのか?

「アボイダブルコストルールを初め、JR貨物は有利な条件に恵まれている」。さも一般常識のように言われていますが、本当にそうなのでしょうか。そのあたりを説明します。

「アボイダブルコストルール」を日本一わかりやすく解説する

自前の線路を持たず、他社の線路を借りて貨物列車を走らせるJR貨物。線路使用料の計算には、「アボイダブルコストルール」というものを適用します。

【鉄道会社への就職】安全対策の「根底の考え方」を解説!

鉄道会社が作成を義務付けられている「安全報告書」の始まりの経緯とは? そして、踏切事故や人身事故の傾向も紹介。

第三セクター鉄道はフクザツな社内事情を抱えている

第三セクター鉄道には、その人員構成から、一般の鉄道会社とは少し違った「フクザツな内情」があります。

第三セクター鉄道に就職したい人へ JRや私鉄とは違う内情を解説

鉄道業界の一大勢力である「第三セクター鉄道」。ここに就職を考える人も多いでしょうから、私の知る範囲の情報をお伝えします。

【鉄道会社の労働条件】労働時間ってどれくらいの長さ?

駅員・車掌・運転士は泊まり勤務が基本ですが、具体的に何時間くらい働くのでしょうか? また、出勤時刻や退勤時刻は?

【鉄道会社の労働条件】運転士って年収どのくらい?

どんな仕事でも「給料」は気になるでしょう。運転士の年収って、どのくらい?

【鉄道会社の労働条件】駅員・車掌・運転士って残業あるの?

「過労死」「働き方改革」がキーワードの現代、残業が気にならない人はいないでしょう。シフト制である駅員・車掌・運転士には、どのような場合に残業が発生するのでしょうか?

【鉄道会社の労働条件】年次有給休暇は取りやすい?

2019年に法改正も行われ、ますます取得が推奨される年次有給休暇。鉄道会社での実態はどうなのでしょうか?

【鉄道会社の労働条件】年間休日数は多いの?

「働き方改革」や「ワークライフバランス」などが叫ばれる昨今、どれくらい休日があるのかは気になるでしょう。鉄道会社の年間休日数について説明します。

【鉄道会社への就職】重責に潰されないために「鈍感力」が必要

鉄道は責任の重い仕事です。そのプレッシャーの中で、メンタルを維持するためには「鈍感さ」も必要です。

【鉄道会社への就職】グループディスカッションでの心得

最近の就活では避けられない「グループディスカッション」。これについて、個人的に言いたいことをまとめてみました。

【鉄道会社への就職】面接が苦手な人に伝えたいこと

「面接が苦手で……」という学生の方、その気持ち、すごくわかります。そんな方を元気づけるための精神論的(?)な記事です。

【鉄道会社への就職】私が取得をオススメする資格

「鉄道会社で役に立つ資格」について、個人的な見解を書きます。

人口減少時代を生き残るために鉄道会社は何をすべきか?

少子高齢化時代の「生き残り」について、個人的な意見を述べます。

【鉄道会社への就職】「大手病」にかかっていないか?

就職活動というと、学生は知名度のある「大手」ばかりを受けたがる傾向があります。しかし、「中小」にも目を向けてみてはどうでしょうか。

【鉄道会社への就職】OB・OG訪問では何を聞くべきなのか?

そもそも論ですが、なぜOB・OG訪問を行うべきなのでしょうか? OB・OG訪問では、いったい何を聞くべきなのかを説明します。

【鉄道会社への就職】OB・OG訪問ではあらゆるツテを使おう

就活に必須のOB・OG訪問。しかし、「自分の学校の先輩・卒業生」という狭い範囲だけで探していませんか?

【鉄道会社への就職】「コネ」が強い会社もある

どこの業界でも「コネ入社」はあると思いますが、鉄道業界ではどうなのでしょうか?

ダイヤが乱れると女性乗務員の運用が大変

女性用設備がある鉄道会社でも、その「整備率」は100%とは限りません。それによって、どんな制約が発生するのでしょうか?

女性運転士の妊娠・出産・子育て 仕事は続けられる?

年々増え続ける女性運転士。妊娠・出産・子育てについては、鉄道会社はどのような措置を講じてくれるのでしょうか。

運転士になりたい女性に知っておいてほしいこと

もはや女性運転士は「普通」の存在になりつつあります。しかし実は、そうでない会社もまだまだ多いのが現実なのです。

「鉄道は安定業種」と考える就活生は痛い目に遭う!

鉄道会社 = 潰れない = 安定した就職先。この図式は、これからも続いていくのでしょうか?

入社して欲しいのは「鉄道が好きでプロを目指したい人」

「鉄道会社はどんな人材を求めているか?」について、私の個人的な見解を述べます。

「鉄道マニア・オタクは鉄道会社に入れない」はウソ

「鉄道マニアは採用試験で落とされる」。いろいろなところで言われていることですが、本当はどうなのでしょうか?