現役鉄道マンのブログ 鉄道雑学や就職情報

趣味で鉄道好きな人はもちろん、就職・転職等で鉄道業界に興味がある人もどうぞ! 現役鉄道マンが、鉄道の雑学や裏話を語ります。

“鉄道流”数字の読み方 初級編

こんにちは、現役鉄道マンのKYSです(^^)

本日が初投稿ということでネタに悩みましたが、せっかくですので、
「鉄道業界の慣習」みたいなものを一つ紹介したいと思います。

鉄道現場には独特の「数字の読み方」がある

さて、突然ですが次の単語、みなさんはどう読みますか?

7時

別に、なぞなぞとか引っ掛け問題ではありません(笑)
素直に答えてください。

「しちじ」

そう読んだ方――

そうですよね。普通は「しちじ」と読みますよね。
それで何も間違っていません。

ところがこれ、鉄道の現場で働く係員は、違う読み方をします。

「ななじ」

日常生活では、あまり使わない読み方です。
(使っている人もいますが)

「聞き間違い」を防ぐため

なぜ、そんな読み方をするのか?

それは「聞き間違い防止のため」です。

具体的には、1時=「いちじ」と聞き間違えるのを防ぐため。

別に鉄道に限った話ではないですが、時刻の聞き間違いは、
トンデモない作業ミスを引き起こす可能性があります。
それを防ぐための工夫です。

「0」の特殊な読み方

さて、続いての読み方問題は――

8時06分

「はちじ ろっぷん」。それが普通の読み方だと思います。

しかし鉄道流の読み方は、「はちじ ぜろ ろっぷん」。
これも係員間の正確な伝達をはかるため。
00~09分の間でも、10の位の読みを省略しないのですね。

なお、「0」は「ぜろ」ではなく、「まる」や「ころ」と読む人も多いです。

「まる」はわかるけど、「ころ」って何ぞや?

おそらく、「0」が丸いので転がっていく様から生まれたのではないかと。
(すみません、これについては正確な由来がわかりません)

今回はここまで。次回に続きます。