現役鉄道マンのブログ 鉄道雑学や就職情報

趣味で鉄道好きな人はもちろん、就職・転職等で鉄道業界に興味がある人もどうぞ! 現役鉄道マンが、鉄道の雑学や裏話を語ります。

“鉄道流”数字の読み方 上級編

前回の記事では、“鉄道流”の数字の読み方について書きました。

7時は「ななじ」と読み、8時06分は「はちじ ぜろ ろっぷん」と読む。
でも、このくらいは「初級編」ですね。

というわけで、今回は「上級編」いきます。 

初見の一般人にはまず読めない……

それでは次の数字、みなさんはどう読みますか? 

2050

ほとんどの人は「にせん ごじゅう」と読むのではないでしょうか。
それが普通の感覚ですよね。

しかし鉄道流では「ふたせん ごじゅう」。

ひねりすぎィー!!

そんな声が聞こえてきそう。

「にせん」だと、「に」を聞き漏らして「せん」と間違える可能性があります。
「ふたせん」と喋れば、その心配はないわけです。
 

もはや「原形」をとどめていない読み方も……

さて、最後の問題いきます。
これが読めれば、みなさんも立派な“通”です!

12番

「じゅうにばん」。
それ以外には読めねぇよ。他にどう読めってんだ。

私も最初はそう思いました。

「2」を「ふた」と読むのは、さっきの問題と同じです。
問題は「10」をどう読むかですが……

正解は「とおふたばん」。

「十日」と同じ要領で、「10」を「とお」と読むわけです。
これらを組み合わせて「12番」を「とおふたばん」と読む……。

さすがに初見殺しすぎますね。
「じゅうにばん」は影も形もありません。
 

鉄道以外の業界ではどうなのか?

 いかがでしたか?

「この読み方、なんかカッコイイ!」

そう思ったものがあれば、ぜひ使ってみてください。
(注:何かあっても私は責任を負いません)

ちなみに私、バスや船舶、航空業界の方面はまったく知りません。
そちらでも、同じような数字の読み方をするのでしょうか。
ご存知の方がいたら、教えてください。