現役鉄道マンによる鉄道雑学のブログ

趣味で鉄道好きな人はもちろん、就職・転職等で鉄道業界に興味がある人もどうぞ! 現役鉄道マンが、鉄道の雑学や裏話を語ります。

鉄道会社の労働条件 労働時間ってどのくらいの長さ?

こんばんは、現役鉄道マンのKYSです。

鉄道会社の労働条件を見ていくシリーズ、とりあえず今回で最後にします。
今回は、「何時間くらい働くの?」「出勤や退勤は何時ごろ?」といった、労働時間について見ていきます。

 

「1ヶ月単位の変形労働時間制」ってなに?


例によって、社会人の方には釈迦に説法になってしまいますが、労働基準法をよく知らない学生向けに、基本的なところから解説していきます。

どこの鉄道会社でも、駅員・車掌・運転士の勤務形態は、「1ヶ月単位の変形労働時間制」という制度で対応しています。
「1ヶ月単位の変形労働時間制」という単語、採用情報ページにもキチンと書かれているはずです。

労働基準法では、労働者を働かせてよいのは「1日8時間まで」かつ「1週間40時間まで」と決められています。
これをハミ出してしまった時間分は、残業代を支払わなければなりません。

ところが、このルールを厳格に貫くと、鉄道会社には不利益が生じます。

24時間の泊まり勤務の場合、休憩や仮眠を除くと、実労働時間は16時間くらいだと思ってくれればよいでしょう。
つまり、一回の泊まり勤務のたびに「1日8時間まで」を8時間くらいオーバーするわけですね。(注)

仮に1ヶ月に10回泊まり勤務をしたら、残業時間は80時間。
それだけの残業代を支給していたら、人件費がエライことになります。

そこで登場するのが「1ヶ月単位の変形労働時間制」。

これは要するに泊まり勤務などのシフト制に対応した制度でして、

1ヶ月の労働時間を全部足す。
それが週平均40時間以内に収まっていれば、ハミ出した分があっても時間外労働(残業)とは扱わない。

たとえば、2月ってピッタリ4週間ですよね。
この4週間の合計労働時間が160時間だとしたら……週平均は40時間になります。

これならば、「1日8時間」や「週40時間」を超えて働いた日があっても、その超過部分について時間外労働(残業)とは扱わなくてOKというものです。

(注)
泊まり勤務は2日にまたがって行われますが、労働時間のカウントとしては1日分の扱いとなります。
途中で勤務が途切れるわけではないので。
たとえば、9時~翌9時という勤務は、労働時間のカウントとしては、9時~33時だと思ってくれればいいです。

駅員は「24時間サイクル」が一般的


さて、基本的な法律知識を解説したところで、次は「始業・終業時刻」について説明しましょう。

駅員の場合は、「9時~翌9時」という24時間勤務が一般的です。
もちろん9時という時刻は一例で、会社によってこの部分が8時30分だったり、9時30分だったりします。

が、いずれにしても24時間勤務であって、「前日と当日の泊まり勤務者が一斉交代する」ケースが一般的です。
前項で書きましたが、泊まり勤務で24時間拘束の場合、休憩や仮眠を除くと、実労働時間は16時間くらいが妥当なラインだと思います。

乗務員は出退勤時刻がバラバラ


たいして、車掌・運転士といった乗務員は、決まった時刻に「泊まり勤務者が一斉交代」ということはしません。

乗務員は駅員と違って、ある一定の時刻に全員が一ヶ所に集まっているわけではなく、列車に乗ってあちこちに“散らばって”いますよね。
だから、決まった時刻に「全員が一斉交代」は難しいわけです。

また、時間帯によって、乗務員の必要数も異なります。

朝夕通勤ラッシュ時は、列車本数が多いので乗務員がたくさん必要になる。
昼間の閑散時間帯は、列車本数が少ないので乗務員は少なくてもよい。

こういった事情から、乗務員の人数を時間帯によって“調整”する必要があります。
この“調整”を行うために、乗務員によって、出退勤時間を少しずつ変えています。

乗務員A 9時~翌9時
乗務員B 11時~翌10時
乗務員C 14時~翌11時

こんな感じで、泊まり勤務者が一斉ではなく、少しずつ入れ替わっていくような感じです。

駅員は24時間拘束が一般的ですが、乗務員は必ずしもそうとは限りません。
拘束時間が24時間に満たない場合もあれば、逆に24時間を超える場合もあります。

(……と説明をしてきましたが、たとえば中小鉄道会社で1日の勤務者が少ない場合だと、「泊まり勤務の乗務員は朝9時あたりで一斉交代」なんてケースもあるようです)

朝はゆっくりでラクラク!


以上のように、会社にもよりけりですが、乗務員になると、始業時刻が朝ではなく昼前後になることも多くなります。

出勤が昼前後の場合、朝はゆっくり眠れるのがいいところ。
前日、遅くまで飲んで翌朝に多少寝坊しても平気です。

また、出勤する際も、通勤ラッシュの時間帯はすでに終わっているので超ラクです。
通勤ライナー? 座席への着席保証? そんなもん不要です、普通に座って通勤できますから(笑)

いったんこのラクを知ってしまうと、早起きして満員の通勤列車で会社に行くのがものすごく苦痛になります(笑)

注意点としては、始業時刻が毎回変わるので、始業時刻を間違えて遅刻しないようにすることくらいですかね。

終業時刻が午前中なら「楽しめる」


最後に、「終業時刻は何時くらい?」を説明して終わりにしましょう。

ウチの鉄道会社では、泊まり乗務員の終業は、すべて午前中のうちに済むようになっています。
一番早い人で9時くらいには終業、一番遅い人が12時直前くらいですかね。

やはり通勤ラッシュは終わっているので、帰りもラクラク。
9時や10時だと、時間的にいろいろな店が開き始めるので、帰りに寄り道するのも楽しいです。
夜の帰路とは違い、急いで家に帰らなくてよいので、ゆっくり寄り道できるのがいいところ。
私は、よく本屋に寄り道しています。

また、11時や12時くらいであれば、どこかで昼食をとってから家に帰るのもいいですね。
家に帰ったら着替えてベッドに直行、疲れと満腹感ですぐ寝れます。

ただし、これも会社によりけり。

昔の話なので、今はどうか知りませんが、大手鉄道会社では、翌日の終業時刻が14時とか15時になる仕事もあったそうです。

数時間仮眠しただけなので、午前中の乗務はねむねむ
疲れたところで昼食、お腹がふくれるのでさらにねむねむ
その状態で、最後に午後の乗務をするので、超ねむねむ

ひえー、地獄……。
こういう勤務はやりたくないですね。