現役鉄道マンによる鉄道雑学のブログ

趣味で鉄道好きな人はもちろん、就職・転職等で鉄道業界に興味がある人もどうぞ! 現役鉄道マンが、鉄道の雑学や裏話を語ります。

横浜市営地下鉄 工事装置の撤去を忘れて脱線

本日(=令和元年6月6日)、横浜市営地下鉄ブルーラインにて、始発列車が脱線する事故が発生しました。

原因は、工事で使用する装置を線路から撤去し忘れたため、そこに列車が乗り上げてしまった……ということのようです。

報道を見る限り、撤去し忘れたのは「横取材」という装置のようです。
「なんじゃそりゃ」と思う方が多いでしょうから、簡単に解説しておきます。



まずは↓の図をご覧ください。

f:id:KYS:20190606212843p:plain

分岐器(ポイント)の図を簡略化したものです。
直進・左への分岐、両方が可能です。

続いて、↓の図をご覧ください。

f:id:KYS:20190606212934p:plain

分岐側の線路が「本線」とは微妙に離れている。
こういう形の線路、見たことありませんか?

「こんな形の分岐じゃあ、左側に列車が行けないじゃん」と思うでしょうが、その通り。
この線路は通常、直進しかできません。

そこで登場するのが「横取材」

f:id:KYS:20190606213024p:plain


図の赤丸あたりの箇所に、横取材を上から被せるように設置することで、左側へ分岐できるルートを作ることができます。
ようするに、「離れたレールをつなげるための装置」みたいなものだとイメージしてくれればいいです。

「何のためにそんな装置があるの?」と思うかもしれませんが、この分岐線の奥には、工事用車両を置いておくのです。
工事用車両は普段は奥にしまっておき、必要なときに、この横取材を設置して本線に出入りさせるわけですね。

つまり、使った後に撤去し忘れると、直進すべき列車が左へ行ってしまい、今回のように脱線する場合もあるわけです。



さて、話を今回の脱線事故に戻します。

実は昔、これとまっっったく同じ原因の脱線事故が起きています。
2009(平成21)年2月27日、三重県の近鉄大阪線での事故です。

このときは、作業者責任者が「他の作業員が横取材を撤去しただろう」と思い込み、その後の確認を失念しました。
さらにそのあと、駅係員も「横取材はすでに撤去されているはず」と思い込み、本来行うべき確認作業を行わなかったことによる事故です。

事故後の再発防止策の一環として、近鉄は「チェックシート」の再整備を行いました。

というわけで現在、この手の「線路に取り付ける」類の装置は、「取り付けた時刻・取り外した時刻・取扱者」などをチェックシートに書き込んで管理するのが一般的だと(私は勝手に)思っていましたが、横浜市営地下鉄ではどうだったのでしょうか?

もし、そうした管理が行われていなかったのであれば、近鉄での教訓が活かされなかったことになり、大変残念な話です。



ちなみに会社の先輩の話では、昔、JRでも同種の事故があったそうです。

が、このとき通ったのは貨物列車。
貨物列車の先頭である機関車は非常に重いため、このときは横取材のほうが“負けて”しまい、脱線には至らなかったのだとか。