現役鉄道マンのブログ 鉄道雑学や就職情報

趣味で鉄道好きな人はもちろん、就職・転職等で鉄道業界に興味がある人もどうぞ! 現役鉄道マンが、鉄道の雑学や裏話を語ります。

JR旅客会社とJR貨物の「押し売り合戦」?

こんばんは、現役鉄道マンのKYSです。

ここ数回は、JR貨物のアボイダブルコストルールや、三セク鉄道に支給される貨物調整金の話をしました。

ただ、これらの話は、私の記事でなくとも世の中にいろいろ情報が転がっています。
ですので、ぶっちゃけ目新しさとか、裏雑学的なおもしろさはあまりなかったですね。

私としては、主に就職活動の学生向けに、ニュースや詳しい文献を読み解くための“入門知識”として書くことが目的でした。

今日は一転して、世間一般ではほとんど知られていない、裏話的な内容を書こうと思います。
「JR旅客会社とJR貨物の、財産割り振り問題」とでもいえる内容です。

 

JR貨物は最低限の財産だけを引き継いだ


JR各社は、もともと国鉄という一つの組織でした。
国鉄を分割してJRが作られたわけですが、分割時には当然、国鉄の財産をJR各社に割り振ったわけです。

この財産分割ですが、継承した「国鉄の財産」に応じて、「国鉄の債務」も引き継ぐ必要がありました。
つまり、国鉄の財産をたくさん継承すると、債務もそれ相応に背負わなければなりません。(注)

それでなくとも、線路などの設備は膨大な維持費用が掛かります。

経営基盤の弱いJR貨物が、国鉄債務をたくさん受け継いだり、膨大な維持費用がかかる線路設備をたくさん所有したら、まず採算が取れません。

というわけで、JR貨物は、必要最低限の財産(=機関車や貨車、ごく一部の路線)だけを国鉄から引き継ぎました。
それによって、財政的な重荷を背負わなくて済むようにしたわけですね。

注:ちょっと詳しい解説

「継承した財産に応じて、債務も引き継ぐ」というのは、JR北海道・四国・九州のいわゆる「三島会社」には適用されませんでした。
三島会社は財産基盤が弱いため、国鉄債務を背負わせるのは無理だったわけです。
債務を負わせるどころか、逆に「経営安定基金」という制度が設けられたことは、多くの方がご存知だと思います。

(経営安定基金を設けておきながら、一方で国鉄債務を背負わせたら、矛盾します)

ところで、たまに「JR貨物は国鉄債務を免除されている」「JR貨物にも経営安定基金がある」と思っている人がいますが、それは間違いです。
JR貨物は国鉄債務を免除されていないし、経営安定基金などまったくありませんので、お間違えのないように。

旅客と貨物の「同居駅」


さて、ここまでの話が前提で、ここからが本題。

とにかく、「線路」や「信号関係の設備」といった膨大な維持費用が掛かる財産は、JR貨物ではなく、多くはJR旅客会社に引き継がれたわけです。

ところがコレ、一部ではJR旅客会社とJR貨物が揉める原因となります。

突然ですが、「旅客と貨物の併設駅」……と申し上げたら、みなさんおわかりでしょうか?

みなさんが利用する駅って、普通は「旅客列車」が発着するだけの施設ですよね。
山手線とか京浜東北線の駅、お客様が乗り降りするだけの駅を想像してください。

ところが、「旅客列車」だけではなく、「貨物列車」も併せて出入りする駅があります。
旅客ホームからはちょっと離れた、駅構内の奥の方で、貨物列車が止まっていて何か作業をしている。
そういう駅って見たことありませんか?

いってみれば、旅客と貨物が“同居”している駅ですね。

「所有」と「使用」の実態の不一致


ところが……ここでさきほどの話を思い出してください。
「JR貨物には、線路などの設備をあまり継承させなかった」という話です。

そのため、「旅客と貨物の同居駅」の設備は、その大部分をJR旅客会社側が所有している、というケースがあります。

すると、どういう事態になるか?

JR貨物のみが使用する設備であっても、その箇所の所有権はJR旅客会社にある、という事態が起こりえます。
つまり、「所有」と「使用」の実態が必ずしも一致しない。

本来は、旅客列車に関係する部分はJR旅客会社が、貨物列車に関係する部分はJR貨物が、それぞれ所有するというのがスジです。
言い換えれば、同じ一つの駅といっても、その中で業務内容に応じて財産区分をする必要があるというわけ。

自分たちが使わない部分にも責任を負う!?


しかし実際は、「所有者=JR旅客会社、利用者=JR貨物」みたいな部分が発生します。

これが何を意味するのか?

JR旅客会社からすれば、自分たちがほとんど使用していない設備に対して、改修や更新の責任を負わなければならないということです。

たとえば、信号関係の設備って、更新が必要となると億単位のカネがかかるんですよ。
もちろん、JR貨物は設備の使用に対して「使用料」を払っており、JR旅客会社はそれを設備更新に充てます。
が、使用料が実態よりも安い(=JR貨物に有利な)ケースが多い。

JR旅客会社からすれば、「ウチが使わない部分にまで、なんで余分なカネを出さないといかんのだ」と思いますよね。

つまり、JR貨物のためにカネを出してあげているようなもので、「所有者=JR旅客会社、利用者=JR貨物」の部分の設備は“金喰い虫”です。
そんな金喰い虫は、ゼロ円でもいいのでJR貨物に押し付けたいですよね。

逆にJR貨物からすれば、もし設備を押し付けられてしまえば、改修や更新の責任を自分たちで負わなければならない。
だから、タダであげるといわれてもいらないわけです。

かくして、「そちらにあげる」vs「いらない」の押し売り合戦? みたいな事態に発展するわけです。
JR旅客会社とJR貨物の間で話し合いが行われて、財産区分の整理をし直したり、使用料を見直した例もあるのだとか。

まさしく、「タダより高い物はない」ですね。