現役鉄道マンのブログ 鉄道雑学や就職情報

趣味で鉄道好きな人はもちろん、就職・転職等で鉄道業界に興味がある人もどうぞ! 現役鉄道マンが、鉄道の雑学や裏話を語ります。

花火大会の裏側で 鉄道会社の工夫と苦労

こんにちは、現役鉄道マンのKYSです。

7~8月といえば、全国各地で花火大会が開かれますよね。
鉄道会社によっては、臨時列車を増発して多客対応にあたります。

f:id:KYS:20190722060449p:plain

今回は、こういったイベント時の多客対応について、一般にはあまり知られていない話を書こうと思います。

 

ホームの容量オーバーを招くダイヤはNG


多客対応の基本は、「臨時列車の増発」です。

「臨時列車って、定期列車と定期列車の間、とにかくダイヤがあいているところに走らせればいいんでしょ?」

それはまあそうなのですが、実際に臨時列車を設定するにあたっては、いろいろと細かい工夫がいります。

たとえば、イベント時ならば「ホームの容量」は考えなければいけません。

花火会場の最寄駅ともなると、列車が到着するたびに、お客様がバーッと降りてホームがいっぱいになります。
いっぱいになったホームから人波が消えるまでには、2~3分かかったりします。

こういった事情を考慮せず、まだホームに人がたくさん残っている滞留状態で、次の列車を到着させてしまうとどうなるか?
ホームの容量がオーバー、平たくいえば、ホーム上に人が溢れすぎのパンク状態になり、非常に危険です。

そのため、「ホーム上の人波が消えるまでに何分くらいかかるか?」を考慮したうえで、先行列車と後続列車の間隔を決めたりします。

ホームの滞留を防ぐ工夫は必須


花火が終わると、みんな一斉に帰って来るので、短い時間帯にお客様が集中します。
「行き」は比較的分散して乗車してくれるので、対応はそこまで大変ではありませんが、「帰り」はお客様が集中するので対応が大変ですね。

こういう場合は、臨時列車をできるだけ早くホームに入線させるのが対応策です。
発車2分前よりも、発車5分前に入線させられるならば、そちらの方が絶対にいい。

なぜなら、列車がホームに到着すれば、車内にお客様を収容することができるので、それだけホーム上の滞留は減ります。
つまり、より安全を確保することができるというわけ。

そういう事情まで考慮して、臨時列車のダイヤは設定されています。

あらかじめ遅れを吸収できるダイヤに


それから、ダイヤ設定上でできる工夫としては、臨時列車にあらかじめ遅れ吸収のための「余裕時分」を持たせる手法もあります。

毎年4月になるとよく起きる現象なのですが、通勤・通学に不慣れなお客様が増えるせいで、駅での乗降に時間がかかることがあります。
これが原因で列車が遅れることは珍しくありません。

花火などのイベント時にも、同じように駅での乗降に時間がかかることがあります。
ですので、臨時列車のダイヤ設定については、もし可能であれば、あらかじめ遅れ吸収のための余裕時分を入れておいた方が安全ですね。
具体的には、要所の駅では停車時間を通常よりも少し長めにとっておきます。

「段落とし」で乗務員の運用を無理なく行う


ここまでは「臨時列車ダイヤを設定するときの工夫」を見てきましたが、イベント時に円滑な輸送を行うためには、他にもいろいろと考えることがあります。

たとえば、「乗務員の動線」

乗務員って、終点の駅に到着すると、折り返しのために反対運転台に移動しますよね。
しかし、イベントで列車が混むときには、この移動がけっこう大変です。

反対運転台に移動するときには、当然、ホームか車内を通りますが、イベントで混んでいるときにはホームや車内から人波が消えるまでに時間を要します。
そのため、反対運転台までの移動に時間がかかってしまい、折り返し列車の発車が遅れることがあります。


そこで使われるのが、業界用語で通称「段落とし」と呼ばれる方法。

ちょっと複雑な説明になりますが……



①ホームには乗務員Aがスタンバイしており
f:id:KYS:20190721083336p:plain



②折返し列車が到着したら、Aが反対運転台に乗り込む
f:id:KYS:20190721083343p:plain



③乗務員Bはホームに降りて移動
f:id:KYS:20190721083349p:plain



④折返し列車が発車
f:id:KYS:20190721083358p:plain



⑤乗務員Bは次の折返し列車を担当
f:id:KYS:20190721083404p:plain

 

以下ループ……という具合。
ようするに、反対運転台への移動時間をじゅうぶん確保するため、乗務員は到着した列車での折り返しはせず、一本後の列車で折り返すのです。
乗務員を二人一組で運用することで、折り返しに手間取って発車が遅れることを防いでいます。
担当列車を一本後ろにズラすことになるので、「段落とし」といいます。

鉄道会社ごとの事情に対応した策が必要


一口に「イベント対応で臨時列車を走らせる」といっても、いろいろな要素を考慮したり、工夫する必要があるのがなんとなくおわかりいただけたでしょうか?
もちろん、ここで紹介した対応策はあくまで一例で、鉄道会社ごとに事情は異なりますから、それに対応した工夫が必要になります。

次回も引き続き、イベント輸送時の工夫について書こうと思います。
他の鉄道会社とは少し違った方法でイベント輸送対策をしている、愛知県・岐阜県の名古屋鉄道の例を紹介します。