現役鉄道マンのブログ 鉄道雑学や就職情報

趣味で鉄道好きな人はもちろん、就職・転職等で鉄道業界に興味がある人もどうぞ! 現役鉄道マンが、鉄道の雑学や裏話を語ります。

清宮幸太郎 阪神電鉄のダイヤを“破壊”した男

こんばんは、現役鉄道マンのKYSです(^^)
前々回前回と、イベント時の多客輸送について書きました。
鉄道会社がいろいろな制約と闘いながらイベント輸送をしていることを、少しでも感じてもらえたなら幸いです。

ところで、この時期特有のイベントといえば、「高校野球」「甲子園」ですよね。

私も昔は野球少年でしたので、高校野球を見るのが大好きです。
独身時代、仕事が休みの日には、近くの球場で行われる地方大会をよく観戦しに行ったものです。
(30度を超えるクソ暑い中、3試合も観戦したりとか、よくやってたわあ……)

8月になって甲子園が開幕すれば、それこそ一日中テレビに張り付いていることも。
あ、そのせいで、来月はブログの更新が滞るかもしれません(笑)

……というのはともかくとして、今回の記事では、「甲子園のイベント輸送」について、おもしろいエピソードがあるので紹介します。

 

スーパースター・清宮幸太郎選手が甲子園に登場!


物語の舞台は、2015(平成27)年の夏の甲子園。

このときの目玉選手は、なんといっても早稲田実業の清宮幸太郎選手(当時1年生)。

なんぼ野球に興味がない人でも、清宮選手の名前くらいは知っているでしょう。
いまさら私がここで説明するまでもないですね、「清宮フィーバー」とでもいえる現象を巻き起こした選手です。

公共交通機関で阪神甲子園球場に行く場合、阪神電鉄を利用するのが一般的です。
したがって、甲子園で試合が行われる日は、阪神電鉄は臨時列車を増発して多客対応を行います。

ところがこの2015年、「清宮フィーバー」によって、阪神電鉄は過去に経験したことのない混乱に陥るのです。

ダイヤが“破壊”された!


清宮選手が所属する早稲田実業の初戦、2015年8月8日――。

この日、早稲田実業は第一試合の予定。
第一試合が始まるのは8時過ぎですから、7時くらいには球場の開門です。
そのため、この日の阪神電鉄では早朝から多客が見込まれていました。

もちろん阪神電鉄も多客は予想しており、例年通り「甲子園ダイヤ」とでもいえる臨時列車増発を行います。

ところが……「清宮フィーバー」は、阪神電鉄の予想をはるかに超えていました。

始発列車から、清宮選手目当てのお客様で車内はムッチムチのパンパン状態に。

そのため、途中駅でお客様の乗降やドアの閉扉作業に時間がかかってしまい、各列車に遅れが発生。ダイヤが混乱してしまいます。
2~3分の遅れではありません。ひどい列車では、10分前後遅れた列車もあったそうです。

田舎のローカル線ならいざ知らず、都市圏の鉄道でそれだけの遅れが発生するのは、じゅうぶんに致命的な事態です。
この日、清宮選手によって、阪神電鉄のダイヤは“破壊”されたといっていいでしょう。

(ついでに言っておくと、あまりの待ち客の多さに、甲子園球場も開門時間を早めたそうです)

臨時列車の増発は口で言うほど簡単ではない


一回戦で早稲田実業が負けていればそれで終わりでしたが、そこは強豪の早稲田実業、完勝で一回戦を突破します。

続く二回戦は、8月13日の第一試合。前回と同じシチュエーションです。

前回で「清宮フィーバー」の恐ろしさを身をもって体験した阪神電鉄、今度は「甲子園ダイヤ」ならぬ「清宮ダイヤ」を組みます。
従来の臨時列車に加え、さらに臨時列車を増発。
その策がなんとか功を奏し、今度は前回のような混乱は生じませんでした。

「臨時列車を増発」と口で言うのは簡単ですが、ものすごく大変なんですよ。

もともと臨時列車が走っているところに、さらに臨時列車を走らせるダイヤ的な余裕はあるのか?
使うことのできる予備車両はあるのか?
車庫での作業は?
乗務員の手配は?
駅への情報展開、お客様への周知、広報対策は?

一回戦の8月8日から、二回戦の8月13日までわずか5日。
これだけの日数で「穴」のないように準備するのは、相当しんどかったはず。
同業者としては、本当に尊敬します。

ちなみに早稲田実業、このときは最終的に準決勝まで勝ち進みます。
が、8月15日の三回戦、8月17日の準々決勝でも、早稲田実業はその日組まれている四試合のうちの第一試合。
同じ「清宮ダイヤ」を使いまわすことができたはずで、その点は不幸中の幸いだったと思います。

鉄道会社のダイヤを変えた男


阪神電鉄は、長きにわたって甲子園輸送をしてきましたが、こんなことは初めてだったそうです。
一選手が「鉄道会社のダイヤを変えてしまった」わけで……もはや、「清宮ってすげぇな」という言葉しか出てきません。

清宮選手、最近はあまりニュースで話題になりませんが、将来は必ず日本を代表するプロ野球選手になるでしょう。
今回の話、一般にはあまり知られていないエピソードですが、将来、清宮選手がトップ選手になったときには、マスコミなどでも紹介される話かもしれませんね。