現役鉄道マンのブログ 鉄道雑学や就職情報

趣味で鉄道好きな人はもちろん、就職・転職で鉄道業界に興味がある人もどうぞ! 現役鉄道マンが、鉄道の雑学や裏話を語ります。

JR各社が新卒採用を抑制【3月上旬時点の情報まとめ】

鉄道業界志望の学生にとっては、苦しい就活戦線になりそうです。
3月になり、いよいよ就活モードになってきましたが、JR各社は新卒採用(2022年4月入社)の抑制を次々に発表しています。

具体的には、以下のどちらかです。

① 採用数を削減
② そもそも採用自体を行わない

 

JR各社の採用計画はどうなっている?


どの鉄道会社もコロナ禍で業績を落としている現状では、人件費の負担が重くのしかかっています。
また、コロナが終息しても、以前のような需要は戻らないのでは。
そうした予想が、新卒採用の抑制という形で現れています。

JR各社が発表している採用計画を、簡単にまとめたのが↓の表です。
(いわゆる総合職は除き、現業職のみの数字。以下同様)

f:id:KYS:20210305072340p:plain

JR北海道とJR四国は、3/5時点で情報が見つからなかった

 

JR東日本 採用数ほぼ半減


もう少し詳しく各社の数字等を見ていきます。
まず、JR東日本。

f:id:KYS:20210305072320p:plain

新卒だけでなく、中途採用も含まれた数字であることに注意


以前は1,600人程度の採用だったのが、昨年度は1,270人。
そして今回の採用予定数は640人。
一気に半減しました。

しかもこれは中途採用も含む数字ですから、新卒枠は400人程度ではないでしょうか。
JR東日本といえば、昔から新卒だけで毎年1,000人以上採用していましたから、コトの深刻さが窺えます。

JR東海 採用数の削減は約2割でとどまっている


続いてJR東海。
東海道新幹線の需要がガクッと落ち込み、もっとも苦しい鉄道会社といえますが、採用減は約2割にとどまっています。

f:id:KYS:20210305072314p:plain

JR東海は学歴別採用数のデータがあった


以前の中間決算発表時に、「2021年度以降は黒字を見込んでいる」と見通しを示していましたが、採用を2割減でとどめていることからも、ある程度先行きに自信があるのでしょう。

JR西日本 運輸現業職の採用なし


対して、非常に苦しいのがJR西日本。
なんと今回、運輸現業職(駅員→乗務員コース)の採用なし!
現業職は、技術系のみ採用するとのことです。

f:id:KYS:20210305072327p:plain

※現業採用は技術系のみ 理系学生は不況でも就職に強いことがわかる一例

 

JR九州 すべての新卒採用を中止


しかし、JR西日本はまだマシです。
衝撃的なのがJR九州で、「すべての新卒採用を中止」と発表しました。

f:id:KYS:20210305072332p:plain

本州三社と比べて足腰の弱いJR九州。おいそれと人件費は増やせないが……


うーん、せめて総合職だけでも採れないものか?
いわゆる兵隊は後でも補充が効きますが、指揮官はすぐには育てられないので、採用を控えると、将来に大きなツケを残すことになってしまいます。
まあ、そんなことは私が言わずとも、当のJR九州が一番わかっているでしょうが……。

JR貨物は元気 昨年と同程度の採用数


苦しい会社が多い中で、唯一元気なのがJR貨物。
前年度と同じ数の採用を予定しています。
他のJRが採用を絞るので、“あぶれた”優秀な学生をゲットできるチャンスと考えることもできます。

JR貨物も業績が落ち込んではいますが、旅客会社に比べればダメージは小さいです。
モーダルシフトの推進や、宅配便を代表とする「積合せ貨物」の需要が伸びており、もしかすると将来は「最強のJR」になるかもしれません。

「JRに入りたかったのに……」と嘆いている学生さんへ


以上、JR各社の採用計画動向をザッと紹介しました。
ここからは、「JRに入りたかったのに……」とガッカリしている学生さんは、具体的にどうすべきか? という話。

会社にこだわらず鉄道の仕事に就きたい場合 ⇒ 中小にも目を向ける


まず、「JRや大手じゃなくてもいい。とにかく鉄道の仕事に就きたい」と思っている学生さんへ。

JRが採用を絞っている状況ですから、中小鉄道会社にも目を向けましょう。
「大手病」にかかっている学生は、あっという間に“全滅”する可能性が高い。

参考記事 「大手病」にかかっていないか?

ただし、中小鉄道会社はもともとの採用絶対数が少ないうえに、今年は大手の採用に“あぶれた”学生が流れ込んでくるでしょうから、競争率は例年以上になるでしょうが……。

あくまでもJRにこだわる場合 ⇒ 他業種に進んで中途採用を待つ


そして、「中小はヤダ。入るならJRじゃないと」と思っている学生さん。

もしJRの採用試験に落ちたら、中小鉄道会社には入らず、ひとまず他業種へ進んでください。
そして後年、中途採用でJRに入るルートを考えてください。
(もっとも、中途採用を実施してくれる保証はないですけど……)

というのは、業界の慣習(?)として、「中小鉄道→ 大手鉄道」という転職はほぼ不可能だからです。
したがって、いったん中小鉄道会社に入ったら、それはJRを含め大手鉄道会社には入れなくなることを意味します。
「中小鉄道会社に入っても、あとでJRに転職できるでしょ」と思っていると、泣くことになるので要注意。

ちなみに、私の知り合いにも、新卒時に希望の大手鉄道会社に入れなかったことから、後年の中途採用狙いで他業種に進んだ人がいます。
ところが、その仕事がおもしろくなり、鉄道会社に転職する気がなくなってしまったという……(笑)

まあそういうこともあるので、「何が幸いするかわからないから、希望の会社に入れなくても、内定を貰った会社でとりあえず頑張ってみ?」ということは、社会人の先輩として学生さんにアドバイスしたいですね。


関連記事はこちら
大手私鉄も一部で採用抑制【3月8日時点の情報まとめ】
第三セクター鉄道に就職したい人へ JRや私鉄とは違う内情を解説


→ 鉄道会社への就職 記事一覧のページへ
⇒ トップページへ