現役鉄道マンのブログ 鉄道雑学や就職情報

趣味で鉄道好きな人はもちろん、就職・転職等で鉄道業界に興味がある人もどうぞ! 現役鉄道マンが、鉄道の雑学や裏話を語ります。

【息抜きネタ】コロナの影響で甥っ子と姪っ子が遊びに来まくる

コロナ騒動の影響で、幼稚園児の甥っ子と姪っ子がウチに入り浸るようになった


こんにちは、現役鉄道マンのKYSです(^^)
冒頭からいきなり意味不明のことを書いてしまいましたが、今回は息抜きネタです。
鉄道ネタではありませんので、ご注意ください。

みなさんご存知のように、コロナウイルスの影響で、学校の類は休みになっています。
甥っ子と姪っ子も、3月から幼稚園が休みになったそうです。

朝から晩までずーっと自分の家に閉じこもっているのは、遊びたい盛りの幼稚園児にとっては苦痛でしょう。
といっても、子どもが遊べるような施設は軒並み閉鎖されている。
行くところがないんですね。

というわけで甥っ子姪っ子、二人とも夕方くらいになると、ウチに遊びに来ます。
二人にとって、私と妻は「いつも遊んでくれるおじちゃん・おばちゃん」なので、ウチで遊べるのがものすごく嬉しいようです。
ウチには娘がいますが、娘も二人が遊びに来てくれると大喜び。

今回の記事では、そんな日常の一コマから、笑えるシーンをお送りします。
最近は湿っぽい記事が多かったので、これで和んでください(^^)

 

「しさつしてやるー!」 物騒すぎる姪っ子


甥っ子と姪っ子は「たたかいごっこ」が大好き。
仮面ライダーや○○レンジャーは欠かさず見ているようです。

ウチに来ると、まず「たたかいごっこやろうよー」とせがんできます。
身体を動かすのはいいことですね。
運動不足の私は正直いつもキツイっす。

ある日、甥っ子が刀のおもちゃを持ってきたのを見て、「○○ちゃんもやりたい!」とはしゃぐ姪っ子。
刀のおもちゃを振り回して、私に攻撃してきます。

「えい! えい! しさつしてやるー!」

刺殺してやる!?
そんな言葉どこで覚えた!?
(((゚Д゚;)))

子どもの使う言葉には、絶対に元ネタがあります。
日常生活でそんな単語を使う機会はありませんから(ま、まさか姪っ子の家では夫婦喧嘩のときに刃物が……ゲフンゲフン)、テレビかYouTubeの影響でしょうね。

ちなみに姪っ子、一緒に散歩に出掛けたときに、空飛ぶヘリコプターを見て、

「じえーたいのヘリコプターがね、ババババッてゴジラをうつんだよ!」

と、ものすごく嬉しそうに教えてくれました。
ああ、そういう系の番組を見てるのね……。

「1位とって」 無茶振りをかます甥っ子


たたかいごっこに飽きると、次はテレビゲームです。
我が家には『マリオカートWii』というちょっと昔のゲームがあるのですが、甥っ子はこれがお気に入り。

それはいいのですが、甥っ子が選ぶコースは、なぜかいつも『レインボーロード』か『ワリオこうざん』という難しいコース。
ここはいわゆる「コース脇に柵がなくて落ちやすいコース」で、難易度は最高レベル。
「難しいから別のコースにすれば?」と言っても、甥っ子は「ここがいい」の一点張り。

当然、幼稚園児のウデで走れるコースではないので、バンバン落ちまくるわけですが、落ちるたびにゲラゲラ笑う甥っ子。
そう、甥っ子は、キャラクターが無様に落ちていくシーンを見るのが楽しいのです。

お前はムスカかっ!

で、そのうち飽きると私にコントローラーを渡して、「ねえ、かわって。1位とって」とウチの上司並みの無茶振りをかます。

もう先頭はゴールしてますけど!

「もうっ、いいかげんにして!」 母親を真似る姪っ子


電話のおもちゃで遊ぶ姪っ子。
いっちょ前に大人の電話シーンを真似る。

「もしもし、うん、うん。またなの! もうっ、いいかげんにしてっ!」ガチャン

えーと……なんですか、それは?
(;´∀`)

私と妻でいろいろ考えた結果、おそらく、姪っ子の家では↓のような“事件”があったのでは? という推測に至りました。

プルルルル……

姪父「もしもし、今日さあ、みんなで飲みに行くことになっちゃって」
姪母「えっ、またなの? ご飯作っちゃったじゃない」
姪父「ごめんごめん」
姪母「そういうときは早く連絡ちょうだいって、前にも言ったでしょ!」
姪父「急だったから……」
姪母「もうっ、いい加減にして!」ガチャン


先ほども書きましたが、子どもの使う言葉には絶対に元ネタがあります。
姪っ子のセリフは、こういうやり取りを下地にしたもの、としか思えません。
いやー、子どもの観察力って怖いわぁ……。ウチも気を付けよう。

一緒に将棋ができる日は来るのか?


ある日、私はひらめいた。

甥っ子と姪っ子がウチに入り浸っている今こそ、将棋を教えるチャンスだ!

私は将棋が趣味なのですが、娘だけではなく、甥っ子と姪っ子にも教えたいという野望を持っているのです。

というわけで、先日、これ見よがしに将棋盤を出して駒を並べておきました。
「これなぁに?」と聞かれることを期待しながら。
もっとも、最初からルールに則って対局、なんて難しいことはできませんから、まずは駒に興味を示して触ってくれさえすればいいかなと。

さて、その結果は、

アウトオブ眼中
二人ともまったく興味を示さなかった orz

さすがに幼稚園児にはまだ早かったか……。
まあ、ボチボチやることにします。

こんなどうでもいい記事を書いていられるなんて、日本は今日も平和です。


関連記事はこちら
リニア鉄道館の運転シミュレーターに現役鉄道マンが挑戦!【前編】
家族みんなでバスツアーへ そこはネタの宝庫だった?!

→ プライベート・息抜き等 記事一覧のページへ
⇒ トップページへ