現役鉄道マンのブログ 鉄道雑学や就職情報

趣味で鉄道好きな人はもちろん、就職・転職等で鉄道業界に興味がある人もどうぞ! 現役鉄道マンが、鉄道の雑学や裏話を語ります。

運転士になるまで(2) 運転士の「候補生」はどうやって選ばれるの?

こんにちは、現役鉄道マンのKYSです。
前回の記事から、「運転士になるまでの道のり」を解説するシリーズを始めました。

運転士になるまでには、以下の4ステップを踏むと書きました。

1.学科講習
2.学科試験
3.実車講習
4.実車試験

しかし厳密に言うと、実は「ステップ0」とでも呼ぶべき段階があります。
どういうことかというと、そもそも運転士の「候補生」に選ばれなければいけないのです。

 

ある程度選抜された人間だけが「候補生」になれる


駅員を数年、車掌を数年経験して、ようやく運転士に挑戦するチャンスが巡ってくるのですが、このチャンスは誰にでも与えられるものではないのです。
会社側には「今回の運転士養成は〇〇人」というように計画があるので、「運転士になりたい」という希望者が多ければ、ふるいにかける必要があります。

ようするに、“育成枠”の都合があるので、運転士候補生はある程度の選抜をする必要があるのです。
大げさな表現をすればドラフト会議みたいなもので、希望すれば誰でも運転士になれるわけではないんですね。

では、どのような基準で選抜するのか?

普通に考えれば、まずは勤務成績です。
駅員・車掌時代に、ロクでもない仕事ばかりしていたのでは、運転士候補生に選ばれるのは難しいでしょう。
運転士は花形の仕事ですから、ある程度は優秀な人を選抜するべきですよね。

それから適性検査
運転士になるためには、定められた適性検査をクリアする必要があります。
代表的なものが「クレペリン」と呼ばれる検査です。

クレペリンに関する記事はこちら→鉄道会社への就職 絶対に避けられないクレペリン

さらには経験年数
車掌としての経験年数が長ければ、「そろそろアイツにも運転士をやらせないとな」との社内力学が働いて、声がかかりやすくなるでしょう。

そして、本人の意欲も大切です。
「運転士になりたい」と希望する社員に対し、上司が面接などをします。
もし、ヤル気がない人材を推薦してしまい、運転士養成の途中で「コイツはダメだ」となったら、上司の面目は丸潰れです。
そのため、上司も「コイツなら大丈夫だ」と判断した人間を運転士養成に送り込みます。

このように、そもそも運転士候補生に選ばれるためには、総合的に考慮して一定の基準を満たす必要があるわけです。

「行ってこい」の一方的な命令で終わり!?


……というのが本来あるべき姿なのですが、私が運転士になった一昔前の時代は、けっこういい加減なものでした。

私の場合は、運転士養成が始まる数ヶ月前に上司に呼ばれて、「お前、今度の運転士の研修行ってこい」。
それで終わりでした(笑)
こっちの希望を聞いたり、面接したりなんてこともなく、一方的な命令だけです。
(もっとも、人事絡みの話ですから、雑に人選していたわけではなく、「コイツなら大丈夫だな」と総合的に判断して声を掛けてきたはずですが)

あと聞いたのは、「教習所に入る前に試験があるから勉強しとけ」くらいでしたかね。
これを「入所前試験」と呼ぶのですが、この試験は難しいものではなく、日々の業務をまともにやっていれば楽勝です。
一応の儀式みたいなものです。

昔はヤル気のない人間も少なくなかった


このように、「行ってこい」の一方的な命令で運転士養成に“放り込まれた”人間も少なくなかったため、中には嫌々ながらの人もいました。
「俺は車掌のままがいい、運転士なんて責任重そうだからやりたくない」というわけです。

もしかすると読者のみなさんは、鉄道会社に現業職で入る人間は、「鉄道が好き」「運転士になりたい」という人間ばかりだと想像しているかもしれませんが、案外そうでもないんですね。
他に就職先がなかったからとか、数ある選択肢の一つとして選んだだけという人もいるのです。

今でもよく覚えているのですが、研修初日、担当講師が私たちに向けてこんな質問をしました。

「運転士なんてなりたくないと思っているやつ、正直に手を挙げてみろ」

私のクラスは約30人だったのですが、そのうち10人ほどは手を挙げていました。
おいおい(笑)
ちなみに私は、運転士の仕事に憧れて鉄道会社に入った人間なので、ヤル気満々でしたけど。

一昔前の鉄道会社には、こんないい加減なところもありました。
いや、ウチの会社だけかもしれないですが……。

いまの時代は社員も選抜もキッチリしている


現在では、私の時代のようないい加減なことは少なくなったと思います。
先ほど述べたように、勤務成績や適性検査、本人の意欲などを考慮したうえで、上司がしっかり面接をする。
そうやって慎重な手続きを経て人選し、教習所に送り込んでいます。

後輩を見ていても、真面目でヤル気のある人間ばかりです。
そのため、「運転士になりたい!」と熱望している人が選抜で漏れてしまうこともあります。
そういう後輩がガッカリしているのを見ると、なんともいえない気持ちになりますね……。
私のときは「運転士なんてヤダ」という人も教習所に送り込まれていたわけですから。

ある意味、私の時代は恵まれていたんだなあと思います。
今の若い社員は、本当に大変な思いをしているように見えます。
就職戦線で過酷な競争を強いられ、入社してからも競争に晒される。

時代の流れと言えばそれまでかもしれませんが……。

今回の記事はここまでです。