現役鉄道マンのブログ 鉄道雑学や就職情報

趣味で鉄道好きな人はもちろん、就職・転職等で鉄道業界に興味がある人もどうぞ! 現役鉄道マンが、鉄道の雑学や裏話を語ります。

【趣味ネタ】現役鉄道マン 数年ぶりの将棋大会参戦!【前編】

ブロググループ『将棋』のみなさん、こんばんは(^^)
KYSと申します。

普段は『鉄道』のグループに根を張っている者ですが、今回は私の趣味である将棋の記事を書いたので、こちらに“遠征”してきました。
少しの間だけよろしくお願いします。

いつも私の鉄道ネタを読んでくださる方、今回は鉄道ネタではないので、遠慮なく回れ右をしてください。

 

自己紹介


まずは将棋グループのみなさん向けに、少しだけ自己紹介をさせてください(^^)

私は某鉄道会社で鉄道マンとして働いており、ブログを「書く」方は鉄道ジャンルなのですが、将棋が好きなので「読む」方では将棋グループも回っています。
いや、将棋が好きといっても結婚を機に辞めてしまったので、もう長年指していません。

しかし、昨年はてなブログを始めて、みなさんの将棋ブログを読むようになってから、「また指してみたい」という気持ちが少しずつ湧いてきました。
そう思っていたところ、地元で市民将棋大会が開かれることを知ったため、「よーし、久しぶりにやってみるか」と決めた次第です。
そして、せっかく参加したので、みなさんのように自戦記を書いてみたいと思い、今回の記事を書くことにしました。

現役鉄道マンKYSの棋力は?


さてさて、大会レポの前に、一応私の棋力や棋歴を紹介しておきます。

棋力は……一番強かったときで、アマチュア四段くらいだったと思います。
「と思います」と書いたのは、実は私、公式の段位を取得していないものでして……。

客観的な数字としては、将棋倶楽部24での最高レーティングが約2300です。
アマチュア四段というのは、まあ妥当な線かなと。

一応、学生時代には全国大会に出場したことがあります。
社会人になってからは、アマチュア竜王戦・名人戦などに参加して、都道府県大会の決勝まで進出したことが2回。
勝てば代表として全国大会に行けたのですが、2回とも負けてしまいました orz

ただ、これは20代の頃の話。
長年のブランク(2~3年ってレベルじゃないです)のせいで、棋力はガタガタに落ちています。
全盛期を10としたら、今はせいぜい2くらいだと思います。
というわけで、現在の私の棋力は、アマチュア初~二段くらいではないでしょうか。

久々の大会出場前にやったこと


さすがにブランクを放っておいて、そのまま大会に出るのはマズイ(^^;)
大会前の1ヶ月間だけ勉強しました。
昔書いた将棋ノートを引っ張り出してきたり、本を読んだり、詰め将棋をしたり……。

ただし、実戦だけはやれませんでした。
独身時代は一日中将棋道場に入り浸ったりしていましたが、もうそういうのはムリ。

仕事の休憩時間や、妻と娘が外出や昼寝をしている時間を使って、なんとか勉強を進めました。
満足な勉強ができたとは言い難いですが、一応、体裁を整えられるだけの形はできたかなと。

なお、使用する戦法ですが、私は振り飛車党。
居飛車相手なら、基本的には中飛車で対抗。
(相手が居飛車穴熊で来るとわかっていれば、裏芸として四間飛車を指すことも)

f:id:KYS:20200131114040p:plain

相手が振り飛車なら、三間に振って相振り飛車。
お互いに角道を開けての相三間でも上等です。

f:id:KYS:20200131114049p:plain

 

大会の形式 ブロック予選→決勝トーナメント


そして、あっという間に大会当日がやってきました。

朝の冷気の中、私は自転車で市内の会場に向かいます。
あとで妻と娘が応援に来てくれる予定になっており、そのときに車を使うので、私は自転車での移動。
適度に身体を動かすので、朝の眠気を振り払うにはちょうどよかったですが。

市民将棋大会ということで、開会式には市長や文化局長?などのお偉いさんたちの姿が。
休日の朝早くから大変ですな。

それではここで、大会の形式を説明しておきます。

前提として、参加者は「有段者クラス」と「級位者クラス」のどちらかを選択して参加します。
当然ですが、衰えたりといえども私は有段者クラス。

まず、全参加者を2つのブロックに分けての予選。
ブロック内で予選を5局指します。
勝っても負けても5局指せるので、楽しめますね。

そして、各ブロックの成績上位2名が決勝トーナメントに進出。
最後は4名でのトーナメントで優勝を争うという形。

時間設定は30分切れ負け。
一局が必ず1時間以内に終わるため、大会運営側としては進行の時間が読め、ありがたい設定です。

初戦でいきなり強豪と対戦!


インターネットで調べれば、過去の大会の結果は分かります。
ここ3年ほどの1~3位の人の名前は「要警戒人物」として調べておきました。
そして、予選1局目の組み合わせ発表。


いきなり去年の準優勝者と当たる


数年ぶりの実戦の相手としては、ちょっとキツイ。
せめて初戦くらいは、もう少し楽そうな相手がよかったのですが……。
まあ、こればかりはクジ運次第なので如何ともしがたいですね。

さて、対局にあたっては、以下の目標を定めました。

・うっかり駒をタダで取られないようにする
・二歩をしない

「おいちょっと待て、なんだそのレベルの低い目標は」と思うでしょうが、実戦カンが鈍りきっているので、そういう“事故”がないとも限らない。
それはさすがに恥ずかしすぎるので、そこだけ気を付けようかなと(^^;)

いよいよ予選1局目がスタート。
その模様は……次回の中編でお送りいたします。

続きの記事はこちら 【趣味ネタ】現役鉄道マン 数年ぶりの将棋大会参戦!【中編】