現役鉄道マンのブログ 鉄道雑学や就職情報

趣味で鉄道好きな人はもちろん、就職・転職等で鉄道業界に興味がある人もどうぞ! 現役鉄道マンが、鉄道の雑学や裏話を語ります。

【趣味ネタ】現役鉄道マン 数年ぶりの将棋大会参戦!【中編】

こんにちは、現役鉄道マンのKYSです(^^)

前回に引き続き、今回の記事も鉄道ネタではありません。
私の個人的な趣味の話です。
鉄道ネタを見に来られた方は、回れ右でお願いします <(_ _)>

前回のあらすじ

何年ぶりかに将棋を指そうと思い立った私は、なんやかんやで市の将棋大会に参加することにした。
そして迎えた第1局。いきなり昨年の準優勝者と対戦である。

 

予選第1局


※棋譜は便宜上先後逆で表記 = 見やすいように後手番の私を手前にしています。
盤外の1~9および一~九の数字と食い違った指し手表記になっていますが、ご了承ください。

初手から△3四歩▲7六歩△6二銀とやや変則的な出だし。
対して、私が▲5六歩と突いて第1図。

f:id:KYS:20200114020420p:plain

第1図


おいおい、角交換から△5七角と打たれて馬を作られちゃうじゃん! と思った人、それは大丈夫。
▲5五角と打ち返せば1一香が助からないので、それはこっちが良し。

さてさて、ここから私は▲5八飛と中飛車に振り、▲5五歩の位取り。
対して相手は持久戦の駒組み。進んで第2図。

f:id:KYS:20200114020457p:plain

第2図


ここからは、▲7八飛と移動させて角をどかし、▲7五歩と桂頭を狙っていくのが形。
(ちなみに、9筋の端歩を突き合っていれば、▲9七香~▲9五歩△同歩▲9八飛の端攻めもあります)
というわけで、第2図から▲9五角△8三飛▲7八飛と進んで第3図。

f:id:KYS:20200114020506p:plain

第3図


数手進み、お互いに金銀を締め合って戦闘準備完了。
ガッチリ組み合って第4図。

f:id:KYS:20200114020515p:plain

第4図


この第4図から居飛車がボケっとしていると、振り飛車は▲7五歩から歩交換をして▲7六飛の好形に組めます。
以下、▲7七桂~▲6五歩の仕掛けを狙って振り飛車十分の形。

というわけで、ゆっくりできない居飛車は第4図から動いてきました。
△5四歩▲同歩△同銀と進んだのが第5図。

f:id:KYS:20200114020524p:plain

第5図


ここから▲5五歩△6三銀と進める手もあります。
が、居飛車は5筋の歩が切れたので、将来的に△5七歩のタタキや△5一歩の底歩が打てます。
これは振り飛車不満。

というわけで、強く▲7五歩と反撃します。
一気に決戦に突入、もはや収まらない形です。
▲7五歩△8六歩▲同歩△4五歩▲7四歩△6五桂……と進んで第6図。

f:id:KYS:20200114020542p:plain

第6図


△6五桂と歩頭にタダで捨ててきたこの局面が問題。
タダといっても、▲6五同歩と取ると△9九角成があります。
いや、そう進めて後で▲7七角とぶつける手もありますが、角がいなくなって△8六飛と走られると、8九桂・5六銀が両取りの十字飛車になります。

第6図から▲7三歩成といきたいところですが、△7七歩と打たれて▲同桂に①△8六飛や②△7三飛があります。
実際はどちらも振り飛車が良いはずですが、けっこう難しい。
しっかり研究してないと、なかなか指せないかなあと。
いや、昔研究したはずですが、長年のブランクのせいで、きれいサッパリ忘れています(笑)

というわけで、第6図からひねって▲6五同銀?△同歩▲7三歩成といきましたが、これは普通に悪手(泣)
以下△7七歩▲同飛△8六飛▲8七歩△7六歩と自然に対応されて、私が不利になったのが第7図。

f:id:KYS:20200114020551p:plain

第7図

ここから飛車を取り合う▲8六歩△7七歩成▲同桂は△6六歩と取り込まれて自信なし。
しかし、そう進めるべきだったか。
ひねって▲5六飛△8四飛▲5五歩と進めたのが第8図。

f:id:KYS:20200114020602p:plain

第8図


△5五同銀なら▲2五桂と打つつもり。
もっとも、それでも私が不利ですが……。

ただ、相手もそれは嫌だったらしく、△5五同角と取ってきました。
もう流れ的に▲5五同飛とぶった切るしかないよね。
そう進んで第9図。

f:id:KYS:20200114020624p:plain

第9図


うーん、悩む。
候補手がいくつかあって……

①一手パスになるけど、ダイレクトに飛車を成られないように、いったん▲8六歩か?
でもそれは△5七歩でアカンなあ。
▲5七同角は△8六飛、▲5七同金は△6九飛、▲5九金引は△6六歩。
いずれもピッタリすぎて阿寒湖。▲8六歩は却下。

②角を世に出す▲8六角?
でも一番いいタイミングで△8六飛と切られたら、目も当てられない。
これも却下。

③軽く▲5三歩と垂らす?
△8七飛成なら、▲5二歩成~▲9六角の龍金両取り。
でも、そこから普通に△9六同龍でダメそう。

④とにかく、と金が遠すぎるわ!
間に合う気が微塵もしないけど▲6三と。
本譜はヤケでこれを選びました(笑)
しかし、以下さらに悪手を重ねて第10図。

f:id:KYS:20200114020633p:plain

第10図


どこかで▲8六角と出られたらいいなあという都合のいい願望が透けて見える図ですね。
いや、実際そうなった(第11図)のですが、攻め駒が重複しすぎて速度が遅すぎ。
完全に手負けです。

f:id:KYS:20200114020642p:plain

第11図


第11図から進んで第12図。

f:id:KYS:20200114020655p:plain

第12図


この第12図は自玉が△3九角からの詰めろ。
①▲5九歩と受けたいけど、以下△4八金と貼り付かれて△3八金~△3九角の筋を狙われてダメ。
詰めろ詰めろで迫られて受けがない。

②▲3九金打と受けて△3九角のスペースを消す?
でもそれは△5四龍と引かれて終わる。

といっても他に選択肢もなく、本譜はやむを得ず▲5九歩。
それに対して、相手は△4八金ではなく、△4七桂と打ってきたのが第13図。

f:id:KYS:20200114020707p:plain

第13図


んんんんん???
この手はおかしいのでは?

王手をかけるなら△3九角しかありませんが、▲同金△同桂成の形が王手にならない。
つまり、第13図は自玉が絶対詰まない形(俗にいうゼット)になっています。
ということは、ここで詰めろが掛けられれば逆転できるのでは……。

まずパッと目につくのは▲4四桂や▲4一銀。
しかし、読んですぐに「これは詰めろじゃない……」とわかります。

あれですね。相手の6六銀がよく利いてるんですよ。
△4四玉や△5四玉と逃げてきたときに、▲5五銀と打たれる手が消されているので。

うーん困った、他に攻め手が浮かばないんだが……。
攻めがダメならいったん受けるか?
あー時間もなくなりそうだ。どうする、どうする……。
つーか、ここで突然チャンスが回ってくるとか想定してねーよ(泣)

そして結局、指したのは▲4四桂。

――なぜ、詰めろではないとわかっている手を指したのですか?

もうめんどくさくなって(笑)

本譜は結局、▲4四桂に△4九龍とされて負け。

f:id:KYS:20200114020716p:plain

無惨に私が散った図


自玉は受けなし。▲4九銀と龍を取るのは、△3九角▲3八玉△2八金(または△4八金)以下詰みます。
相手玉はしばらく王手は続きますが、詰みはありません。

私に勝ちはなかったのか? 検証


第13図に戻って、逆転する手がなかったかを検証します。

f:id:KYS:20200114020707p:plain

再掲第13図
候補手その1 ▲3一銀


感想戦で指摘されたのが、一瞬自玉が安全なのを活かして、▲3一銀からバラして▲4三金(仮想図A)。
ああ、そうかぁ……。

 

f:id:KYS:20200114020947p:plain

仮想図A


仮想図A以下、△2二玉と逃げたら▲2五桂△3二金▲4四銀、△4一金なら▲3二銀!△同金▲4四桂で、これらはいずれも振りほどくのが相当困難。
ただ……△4一銀と受けられると、ちょっと届かない気がします。

候補手その2 ▲5八歩


第13図では、▲5八歩と龍を取る手も考えました。
△4九龍とされてダメと結論してしまったのですが、▲同銀と取っておきます(仮想図B)。

f:id:KYS:20200207110234p:plain

仮想図B


対局中、この仮想図Bは自玉が詰みだと錯覚していました。
△3九角▲3八玉△2八金▲4七玉△5七銀成……の筋です。
が、5八歩がいるので△5七銀成とはできませんね。

私が頭の中に描いた仮想図Bでは、5八ではなく5九に歩がいました。
5八歩は元々▲5九歩と打ったものなので、その残像のせいで、龍を取ったあと5八に移動しているのをウッカリ。

というわけで、▲5八歩と龍を取る手に△4九龍ではなく、△3九角と打ってどうなるか?
以下、▲同金△同龍▲1七玉△3八龍▲2八金……が一例ですが、これなら逆転のアヤがあったかも。

候補手その3 ▲5八金


第13図では、▲5八金という龍の取り方もありました。
以下、△3九角▲1八玉△2八金▲1七玉△3八金▲2六玉(仮想図C)までは絶対。

f:id:KYS:20200207112714p:plain

仮想図C


この仮想図Cで私の玉が寄るかどうか。
たとえば、△3五銀▲2五玉△3三金とすれば部分的には必死ですが、それは▲3一銀と打って相手玉が詰み。
対局中は△2四歩で受けが難しいと読んで断念したのですが、いま振り返ると、そこで軽く▲3六玉と寄れば逃げ切れていたかも。

仮想図Cは厳密には私が負けかもしれませんが、実戦的にはかなり難しそう。
相手が間違える可能性は高かったと思います。
 

数年ぶりの対局は「楽しい」の一言


残念ながら、初戦で負けてしまいました。
が、各ブロックの上位2名は決勝トーナメントに行けるので、残り4局を全部勝てば、まだ望みはあります。

それにしても、数年ぶりに将棋を指しましたが、いやー楽しいもんですね。

難しい場面で次の手を決断して踏み込むときのスリル感。
終盤の詰む・詰まないとなったときのドキドキ感。
そして、負けたときの悔しさ。

楽しいと悔しいが同居するこの感覚、何年ぶりでしょうか。

予選第2局


ここからは一つの負けも許されない戦いです。
予選第2局。戦型は相振り飛車に。
サクサクと進んで第1図。盤面手前が私です。

f:id:KYS:20200120163016p:plain

第1図


相手の金無双に対し、まさかの“教科書通りの攻め”が実現。
普通はこの形にならないよう阻止してくるので、実戦で現れることはまずない局面なのですが……。

第1図から、相手は△7四歩の非常手段。
▲7四同飛△7三銀▲7六飛△7四歩……と進んで第2図。
即席矢倉?を作って、こちらの攻めを受け止めようとしてきます。

f:id:KYS:20200120163028p:plain

第2図


ここで▲6五桂か▲6五銀かで迷いました。
▲6五銀と突撃をブチかませば簡単に潰せそうですが、以下△6三歩とされると、意外や意外、飛車の横利きもあって簡単には潰れないのか?

うーん、▲6五桂△8四銀▲7三歩△同桂▲7四飛……みたいに進めた方が手厚い気がする。
でも、それは先が長そうだなあ。

……と悩んでいたら、ここで妻と娘が応援に到着。
ニコニコして手を振ってくれました。
よーし、一気に攻め潰してカッコイイところを見せちゃうぞ~(^^)
無駄に張り切る父、選んだ指し手は突撃ィーの▲6五銀。

――なぜ、微妙だと思った▲6五銀を指したのですか?

たぶん相手が間違えてくれるだろうと(笑)

幸い、こちらの▲6五銀に対して△同銀と取ってくれたので、▲同桂で桂馬まで捌けました。
これは相手潰れの図です。
形勢の針が一気にこちらに振れ、以下は難しいところなく押し切って勝ち。

と、第2局までの振り返りを終えたところで、今回の記事は終了。
次回の後編が最後です。

続きの記事はこちら 【趣味ネタ】現役鉄道マン 数年ぶりの将棋大会参戦!【後編】