現役鉄道マンのブログ 鉄道雑学や就職情報

鉄道に関する記事が約300! 趣味で鉄道好きな人や、鉄道業界への就職を目指す人は必見のブログ!

撮り鉄の迷惑行為は「マナー違反」ではない

最近、いわゆる「撮り鉄」のマナーの悪さについて、ネット等で取り上げられる機会が増えてきました。
あくまで一例ですが、「撮り鉄のマナー違反」として、以下のような行為が報告されています。

  • 線路内に侵入する
  • 撮影の邪魔になる樹木を勝手に切る
  • 路上駐車で交通を妨げる


しかし、これらの行為、私はマナー違反だとは思いません。
これらをマナー違反と言うのは、どう考えてもおかしい。


「ルール違反」じゃないの?


 

「マナー違反」を通り越して「ルール違反」


線路内に勝手に入るのは、鉄道営業法違反。
撮影に邪魔な樹木等を勝手に伐採するのは、それが誰かの所有物であれば、刑法の器物損壊罪。
路上駐車は、道路交通法違反。

明確に違法です。
マナーの問題ではありません。

マナーとは、社会常識や周囲への配慮、節度などのこと。
人と人とが社会で共同生活を送っていく上で必要なものですが、守ることに対して強制力はありません。
といっても、守らなければ批判されたり、眉をひそめられたりするでしょうが。

ルールとは、法令・規程等で遵守することが定められているもの。
ルールは守る必要があります。

マナー違反ならば、「守らなきゃいけない決まりでもあるんか!」という強弁が通じるかもしれませんが、ルール違反では無理。
マナーとルールの線引きを、ちゃんと認識するべきだと思います。
もう一度言いますが、ネット上で晒されているような撮り鉄の行為は、


「マナー違反」じゃなくて「ルール違反」じゃないの?


それなのに、なぜか「マナーの問題」として論じられているケースが多いように感じます。

現場の鉄道マンはルール・マナー違反に怒っている


現場の駅員や乗務員は、撮り鉄をどのように思っているのでしょうか?
全国の鉄道マンの気持ちを代弁することは私には不可能ですが、ウチの会社・私が一緒に仕事をした同僚という範囲に限って言うと、次のような感じです。

まず、駅や沿線での撮影行為は、ルールやマナーを守っている限りは、特に何も思わない社員が多いようですね。
私も「写真撮ってる人がいるネー」くらいにしか思いません。

問題は、ルール・マナー違反をする人や、こちらの指示を聞かない人です。

「危ないですので下がってください」と呼び掛けているのに、無視して線路に身を乗り出す人。
場合によっては、運転士が危険を感じて列車を停めることもありますが、わかってるのだろうか。

撮影のために、沿線のマンションに侵入する人。
ウチの会社に「なんとかしてくれ」と苦情が入るんですけど……。

ホームの端に三脚+カメラをセットし、その場を離れる人。
「倒れて線路に落ちたら危ない」と撤去し、遺失物として回収したら、「カメラが盗まれた!」と騒いで窓口に来る。
実際に盗まれても文句言えないと思いますが……。

こちらも仕事ですから穏やかに対応しますが、内心では腸が煮えくり返っています。
というか、お客様のいないところでは、「あいつらマジふざけんなよ!!」と怒りを吐き出している社員も実際にいますよ。

ルール・マナー違反をするのは一部だけ 極論はよくない


もっとも、ルール違反(やマナー違反)をしている撮り鉄は、ごく一部でしょう。
すべての撮り鉄が悪質であるかのような論調は、極論に過ぎます。

個人的には、生活保護バッシングと構図が似ている気がします。

不正受給の問題がたくさん報道されたこともあり、世間では「生活保護 = 不正受給ばかりでけしからん」みたいな雰囲気がありますよね。
しかし、不正受給の割合は、金額ベースで0.4%ほどだそうです。
「生活保護は不正受給ばかり」とは、とても言えないでしょう。

ついでに言っておくと、本来は資格のある人が生活保護を受けていないケースは8割にもなるそうです。
そういう内容は、メディアも報じないですね。
不正受給の方がニュースバリューがある = 視聴率が取れるからだと思います。

話が逸れましたが、同様に、撮り鉄のルール・マナー違反も一部だけの話でしょう。
私も乗務員時代、数多くの撮り鉄さんを目にしてきましたが、「これはマズいんじゃないの?」と思ったことは、ほとんどありません。

まあ、マズいことをやらかす一部の人に限って、こういう注意喚起記事は読んでくれないでしょうが……。

「かぶりつき」は嫌がる運転士が多かった


さて、あとは軽い話で〆ます。

駅や沿線での撮影ではなく、運転席の後ろに張りつく、いわゆる「かぶりつき」。
正直に書くと、コレは嫌がる運転士が多いです。
みなさんも、自分の仕事シーンを第三者が後ろからジーッと眺めてきたら「なんじゃ」と思うでしょうが、それと同じです。

といっても、当然ですが業務の邪魔をしなければ何も問題ありませんので、ご自由にかぶりついてください。

私個人としては、かぶりつきは嫌ではなかったです。
見せる(魅せる)のも運転士の仕事の一つだと思っていたので。
かぶりつきが後ろに来ると、「プロの運転を見せてやる!」「カッコよく決めてやる!」と、むしろ気合いが入っていました。
まあ、私のような運転士は少数派だと思います(笑)


関連記事はこちら
ムーンライトながらの裏話 乗務員にとっては大変な列車だった?
前代未聞! JR東海で運転台が盗まれる

→ 鉄道の豆知識や雑学 記事一覧のページへ
⇒ トップページへ