現役鉄道マンのブログ 鉄道雑学や就職情報

鉄道に関する記事が約300! 趣味で鉄道好きな人や、鉄道業界への就職を目指す人は必見!

列車運行図表とは? 【初心者にもわかる解説】

「列車運行図表? なんじゃそりゃ?」という人のために、簡単に説明しておきます。

みなさんは学生時代に、xとyの一次関数のグラフを勉強したと思います。タテ軸とヨコ軸があって、そこに斜めに傾いた直線が走っているアレです。

この列車運行図表も、同じようなものです。具体的には、「時間軸」「位置軸」があり、その交点で「時間ごとにおける列車の位置」が表されるのです。

……と説明したら、余計わからなくなるでしょうか?

↓の図を見てください。
タテ線とヨコ線の二つがあります。

f:id:KYS:20191026185219p:plain

たとえば、「6時00分に東京駅にいる」という事象を表そうと思ったら、↓の図の位置がそれを示しています。

f:id:KYS:20191026185537p:plain

もう一つ。「6時05分に品川駅にいる」を示すのが、↓の図のマーク。

f:id:KYS:20191026185559p:plain

そして、「6時00分に東京駅を発車し、6時05分に品川に到着」という列車の動きを示すのが、↓の図の赤線

f:id:KYS:20191026185608p:plain

なんとなくでも、おわかりいただけたでしょうか。では理解度の確認問題。↓の図は、列車のどのような動きを表しているでしょうか?

f:id:KYS:20191026185616p:plain

  1. 東京駅を6時00分に発車
  2. 品川駅に6時05分に到着。5分間停車して、6時10分に発車
  3. 新横浜駅に6時25分に到着。

これがわかれば、列車運行図表の読み方はバッチリです。


関連記事はこちら