現役鉄道マンのブログ 鉄道雑学や就職情報

鉄道に関する記事が約300! 趣味で鉄道好きな人や、鉄道業界への就職を目指す人は必見!

運転士をしていたときに一番ビックリした経験

私には、どうしても忘れられない出来事がある──

今日は短い記事ですが、私が運転士時代に経験した驚きの話をさせてください。私が運転士をしていたのは、もうだいぶ前ですが、これだけは何年経っても忘れられません。たぶん一生忘れないと思う。

──その日、その区間を、私は100km/hくらいで列車を走らせていました。けっこうなスピードですね。

その区間は、一般道と並走しています。片側二車線のけっこう大きな道路です。私が運転する列車は約100km/hなので、当然ですが道路を走る自動車を追い抜いていきます。HAHAHAHA☆ 遅い、遅すぎるぜ! まるで車がカメのようだ! 気分よく列車を快走させていると……

⊂二二二( ^ω^)二⊃ ビューン!!

横から車に抜かれた

 ( ゚д゚)

 ( ゚д゚ )

 ( ゚д゚)

 ( ゚д゚ )

 (  Д ) ゚ ゚

はあぁぁぁぁ!?!?

列車の運転中にリアルで「はあぁぁぁ!?」と声が出てしまったのは、私の運転士人生でもこの一回だけです。

誤解のないように再度申し上げますが、並走しているのは高速道路じゃないですよ。一般道です。約100km/hで走っている私の列車が、一般道を走る自動車にアッサリ抜かれました。相手の自動車、優に110km/h以上は出ていたのではないでしょうか。なにコイツ、パワフルダッシュキノコでも使ってんの?

f:id:KYS:20211203103740p:plain

一定時間、加速し放題の強力アイテム

言うまでもないですが、一般道を100km/h以上で走るなど違法以外の何物でもありませんから、みなさんは真似しないようにお願いします(笑)

関連記事

→ 運転士になるまで 記事一覧のページへ


⇒ トップページへ