現役鉄道マンのブログ 鉄道雑学や就職情報

趣味で鉄道好きな人はもちろん、就職・転職で鉄道業界に興味がある人もどうぞ! 現役鉄道マンが、鉄道の雑学や裏話を語ります。

キーワード解説 運転士免許の「新規」「転換」とは?

本記事は、運転士養成について書かれた↓の記事内で出た「新規」「転換」というキーワードを解説するために書いたものです。

運転士になるまで(20) 教習所がない中小鉄道会社はどうする?

初めての免許取得=新規 追加の免許取得=転換


「新規」
というのは、免許を持っていない人を養成すること。
車掌から運転士にステップアップするような場合が「新規」です。

対して、すでに免許持ちの人に別車種の免許を取得させることを「転換」と呼びます。

鉄道運転士の免許にはいろいろあるのですが、「電気車」「内燃車」の2つが一般的です。
電気車というのは、いわゆる電車や電気機関車のこと。
内燃車というのは、ディーゼル気動車が代表的です。
すでに電気車の免許を持っている社員を対象に、新たに内燃車の免許を取得させるようなケースが「転換」です。

転換は「電気 → 内燃」が一般的


転換は、電気車 → 内燃車というケースが多いです。

一般的に「都市部の路線=電化 ローカル線=非電化」という図式が成立するので、電気車のほうが“多数派”。
そのため、電化と非電化が混在する鉄道会社では、最初に取得する免許は電気車であることが普通です。
で、しばらく電気車で運転士経験を積んでから、内燃車の免許取得に挑戦するというわけ。

ただし、非電化区間が多い鉄道会社(JR四国とか)では、内燃 → 電気という転換が主流だと聞いたことがあります。
昔に聞いた話なので、現在どうなのかは不明ですが。

転換の学科講習期間は短い


転換はすでに運転士免許を持った社員が対象ですが、新規のときと同様、学科講習があります。
が、新規の3~4ヶ月という期間に比べると、転換の学科講習はずっと短いです。

というのも、転換の場合はすでに運転士免許を持っているので、運転法規や運転理論などの科目は履修済み。
極端な話、電気車と内燃車の構造の違いさえ学べばOKなので、新規よりも学科講習の内容が少ないのです。


関連記事はこちら
→ 運転士になるまで 記事一覧のページへ
⇒ トップページへ