現役鉄道マンによる鉄道雑学のブログ

趣味で鉄道好きな人はもちろん、就職・転職等で鉄道業界に興味がある人もどうぞ! 現役鉄道マンが、鉄道の雑学や裏話を語ります。

ICカードのトラブルを避ける心得

こんにちは、現役鉄道マンのKYSです(^^)

もうすぐ4月ですね。
新しく社会人になって、鉄道での通勤を始める人もいれば、転勤・異動などで通勤ルートが変わる人もいるでしょう。

都会における通勤の必須アイテムといえば、「ICカード」
改札機のリーダーにタッチするだけで通過できる便利なアイテム。
私も通勤で使っています。

 

ICカードのトラブルは大きく分けて二つ


しかしこのICカード、便利といえども道具ですから、トラブルが発生することも当然あります。

4月から新しくICカードを使い始める人もいると思います。
今回は、ICカードのトラブルを避けるためのコツを書きますね。

現場経験上、ICカードのトラブルは以下の二つが多いです。

(1) 券売機などにカードが詰まる
(2) データの読み取り不良(リーダーへのタッチが甘いなど)

トラブル1 機械にカードが詰まる


駅の券売機などで、ICカードにあらかじめカネを入れておく。
列車を利用するたびに運賃が引き落とされる。
ICカードの残額が少なくなってきたらチャージする……。

ICカードの利用法は色々ありますが、これが一番オーソドックスな使い方ですよね。

ICカードにチャージをするときは、当然ながらICカードを券売機などの機械に入れるわけですが、このとき、機械の中で詰まってしまうことがあります
詰まったら、駅係員に取り出してもらわなければなりません。

無人駅はトラブル発生時に困る

ところが、最近は駅の無人化が進んでいます。

駅員を配置した「拠点駅」が、隣接するいくつかの「無人駅」を管轄する。
無人駅で何かトラブルがあったら、拠点駅から駅員を向かわせる。

都会ではこんなことは少ないですが、ちょっと田舎路線に行くと、こういう形が増えています。

もし無人駅でICカード詰まりのトラブルが起きてしまうと、拠点駅から駅員を呼ばなければなりません。
当然、その間は足止めを喰ってしまいます。
が、それはイヤですよね。

カード詰まりの原因の多くは「シール」

そもそも、なぜICカードが機械の中で詰まってしまうのか?

もちろん、単なる機械の不良ということもありますが、多いのは「ICカードにシールを貼っていた」です。

おそらく、シールのちょっとした凸凹や、端のめくれの部分が機械内で引っ掛かって詰まりの原因になる、と推測できます。

シール無しなら絶対大丈夫なわけではありませんが、経験上、シールを貼ると詰まる確率が上がるのは間違いないです。
というわけで、シールは貼らないようにしましょう。

トラブル2 データの読み取り不良


ICカードを改札機にタッチしたら「ピー!」「ピンポーン!」「ガシャン!」 ← ゲートが閉まる

イラッ

こんな経験ありませんか?

もちろん、単純に残額不足などが原因のこともありますが、多いのは「データの整合性が取れていない」ケースです。

「データの整合性が取れていない」とはどういう意味でしょうか?

 

乗っていないのに降りることはできない

 たとえば、乗車駅で改札機にタッチしたが、うまく認識されなかったとします。
ICカードの改札機へのタッチが甘いと起こりえます。

このとき、ICカード内の情報は「まだ乗車していない」状態。

そのまま降車駅で改札機にタッチすると、エラーと識別されて「ピー!」「ピンポーン!」「ガシャン!」。

このとき改札機が言いたいのは、

「あなたはまだ乗車していない状態だ。なのになぜ降車しようとしているのか。乗車もせずに降車っておかしいでしょ?」

こういうことです。

逆のパターン、降車駅で改札機へのタッチが甘かった場合も、同様のトラブルになります。

この場合、ICカード内の情報が「乗車したまま」で駅の外に出てしまうことになります。
この状態で次にどこかの駅で入場しようとすると、当然エラーになります。

「まだ降車していないのに、次の乗車が始まったらおかしいでしょ?」

こういうわけです。

 

「かざす」のではなく「接触」させること

ですから、ICカードはきちんと改札機にタッチしましょう。

心得としては、「かざす」のではなく「接触させる」

多くの方がご存知ですが、改札機にはディスプレイがついていて、ICカードをタッチすれば、カード内の情報が表示されます。
(ICカードの残額とか、運賃をいくら引き落としたかとか)

それがちゃんと表示されていれば、ICカードのタッチは正常に行われたということ。

改札機を通過するときに、ディスプレイ表示を確認するクセをつけておけば、この手のトラブルはまず起きません。

まとめ


長くなりましたが、まとめると、

(1) カード詰まりを防ぐためにシールを貼らない
(2) 読み取り不良を防ぐためにタッチはしっかりと

ICカードは便利ですが、トラブルになると面倒です。
参考にしてみてください。