現役鉄道マンによる鉄道雑学のブログ

趣味で鉄道好きな人はもちろん、就職・転職等で鉄道業界に興味がある人もどうぞ! 現役鉄道マンが、鉄道の雑学や裏話を語ります。

自己紹介 & 目次のページ

当ブログが初めての方は、まずはこのページにどうぞ。「鉄道への就職を目指す人」「雑学を知りたい人」など、訪問者の目的別に、記事を分類してあります。

現役鉄道マンがリニア鉄道館で運転シミュレーターをやってみた【後編】

JR東海のリニア鉄道館で在来線の運転シミュレーター。達人編・初見の線路・雪の夜という過酷な条件で、現役鉄道マンKYSはどこまで運転できるのか!?

現役鉄道マンがリニア鉄道館で運転シミュレーターをやってみた【前編】

本物の鉄道マンの腕前はいかほど? JR東海のリニア鉄道館で、現役鉄道マンである私が運転シミュレーター体験をしてきました。

強風で運転見合わせ その裏側とは(2)

強風のときによくあるのが「架線に飛来物が引っ掛かって運転見合わせ」。どういうものがよく引っ掛かるのか? また、どういう日に「架線飛来物で運転見合わせ」に気を付けるべきか?

京浜急行の脱線事故(3) 自動ブレーキを導入するべきか?

こんにちは、現役鉄道マンのKYSです。前々回、前回と、9月5日に発生した京浜急行の脱線事故についての記事を書いています。ニュースや新聞記事でもいろいろ言われたので、みなさんご存知かもしれませんが、「踏切の異常を知らせる信号が点灯した場合、…

京浜急行の脱線事故(2) どのくらい手前でブレーキをかけたのか?

こんばんは、現役鉄道マンのKYSです。昨日の記事では、9月5日に発生した京浜急行の脱線事故について書きましたが、今回も引き続き、関連の記事です。どうも昨日あたりから、「運転士は、踏切の手前どのくらいの位置でブレーキをかけたのか?」が焦点に…

京浜急行の脱線事故(1) 読者のみなさんに知って欲しいこと

みなさんご存知かと思いますが、昨日(=2019年9月5日)、京浜急行電鉄で脱線事故が発生しました。踏切内で立ち往生したトラックに、列車が衝突して脱線。トラックの運転士は死亡、列車に乗っていたお客様にも多数のケガ人が出ました。今回の記事では、こ…

強風で運転見合わせ その裏側とは(1)

9月の台風シーズンで気になるのが「強風」。どのくらいの風で運転見合わせになるのか? 運転再開までの手順は? 気になる疑問に答えます。

徐行運転、駅間停車…… 雨規制の裏側(4)

大雨と鉄道の知識を書く第4弾。大雨による「徐行運転」と「駅間停車」を説明します。

駅員の「わからない」には二つの意味がある 雨規制の裏側(3)

お客様「運転再開はいつ?」→駅員「わかりません」。この「わかりません」という言葉、実は意味が二つあるのです。

晴れているのに「大雨で運転見合わせ」!? 雨規制の裏側(2)

数駅ごとに一つの雨量計を設置し、その雨量計で数駅分の範囲をカバーする。現在主流のこの方式、実は問題があります。この問題点を将来的にどう改善していくか?

東北新幹線 走行中の車両のドアが開く

2019(令和元)年8月21日、JR東日本の東北新幹線で、走行中の車両のドアが開く事態が発生しました。けっこう大きなニュースになったので、みなさんもご存知かもしれませんが、原因は清掃員が「ドアコック」を操作した後に戻し忘れたミスによるものでした…

大雨で運転見合わせ その裏側とは? (1)

ゲリラ豪雨など、突然の大雨で運転見合わせになることが多い夏の季節。大雨と鉄道の関係について、利用者側も知っているのが望ましい知識を書きました。

鉄道車両の「冷房」にまつわる知識あれこれ

鉄道車両の冷房ってどれくらいの性能? 冷房が故障すると特急料金は払い戻される? 鉄道の冷房にまつわる知識のあれこれ。

100記事達成!

当ブログを読んでくださるみなさんのおかげで、100記事に到達しました。本当にありがとうございます。

乗務員の熱中症は労災になるのか?

仕事中のケガ・病気は「労働災害」として扱われる場合があります。では、乗務員の熱中症は労災なのか? 基本的な法律知識とともに、解説をまとめました。