現役鉄道マンによる鉄道雑学のブログ

趣味で鉄道好きな人はもちろん、就職・転職等で鉄道業界に興味がある人もどうぞ! 現役鉄道マンが、鉄道の雑学や裏話を語ります。

7月は人事異動の季節!?

おはようございます、現役鉄道マンのKYSです。

まもなく7月ですね。
ウチの会社では、7月といえば人事異動の季節です。

「えっ、異動って、普通4月じゃないの?」

そうですね。
世間一般では、人事異動は4月という会社(業界)が多いと思いますが、鉄道会社には異動が7月という会社が少なくありません。
だいたい1ヶ月くらい前、つまり6月初旬くらいには異動先が決定して、7月1日付で発令という形です。

ですから、この時期の社内は「あいつ、〇〇に異動だってよ」みたいな話題が飛び交っています。
仕事よりも社内人事に興味がある(!?)のは、どこの会社も一緒ですね。



4月異動だと、新年度のバタバタと異動が重なってしまい、けっこう大変なこともあるでしょう。
7月異動は、新年度が一息ついたタイミングという意味はあります。
また、3月決算の会社の場合、決算発表や株主総会は6月頃のケースが多いでしょうから、それらの業務が終わるタイミングでもありますね。


それから、最近話題になっている引っ越し業界の人手不足。
4月からの新生活に備えて3月は“引っ越しラッシュ”になりますが、引っ越し業界の人手不足が原因で、予約が取れなかったり、料金の高騰を招いています。

7月ならば、こうした引っ越し業界の都合に巻き込まれることはありません。
(まあ、クソ暑い時期なので大変ですが)

このように、7月が異動の時季というのは、なかなか理に適っているわけです。



ちなみに、第三セクター鉄道にはJRや大手私鉄からの出向を受け入れている会社が少なくありません。

この手の三セク鉄道だと、「現場社員」の異動は、JRや大手私鉄の異動と同じ時季になっているらしいです。
出向者が帰ったり、新しい出向者が来るので、それに合わせているわけです。

対して、地元の地方自治体から出向してきている「事務系社員」は、地方自治体に合わせて4月が異動のタイミング。
そういう三セク鉄道では、異動が「事務系社員=4月、現場社員=7月」になるのですね。



ところで……なぜ私が突然このような人事異動の話題を出したのか?
察しの良い読者の方は「もしかして……」と思っているかもしれません。

なんと私、このたび————

現在の部署を離れて————

新しい部署に異動することに————




なってません。