現役鉄道マンのブログ 鉄道雑学や就職情報

趣味で鉄道好きな人はもちろん、就職・転職等で鉄道業界に興味がある人もどうぞ! 現役鉄道マンが、鉄道の雑学や裏話を語ります。

大雨で運転見合わせ その裏側とは? (1)

こんにちは、現役鉄道マンのKYSです。

まだまだ猛暑が続く日本列島、そして大気も不安定な状態です。
ゲリラ豪雨等、大雨により運転見合わせになる鉄道が、毎日どこかしらで発生しています。

「大雨により運転見合わせ」は頻繁にある事態ですが、その背景や裏側は、意外と知られていないかもしれませんね。
というわけで、今回の記事では、大雨に関する話をします。
鉄道を利用する側として、知っておけば有利になる情報も書きたいと思います。

 

運転見合わせは「1時間あたりの雨量」で決まる


そもそも大雨で運転を見合わせる基準は、どうやって決めているのか?

「雨量計の数値」です。

雨量計は、数駅ごとに設置されています。
そして、1時間あたりの雨量が〇ミリに達すると運転見合わせになる、という仕組み。
(厳密には、「1時間あたりの雨量」の他にも「連続雨量」という判断指標もあるのですが、ここでは割愛)

それぞれの雨量計ごとに、運転見合わせになる区間も定められています。
たとえば、A駅の雨量計が規定値に達したら、A駅~B駅間が運転見合わせになる、という具合です。

では具体的に、1時間あたりにどれくらいの雨が降ったら、運転見合わせになってしまうのでしょうか?

これは路線ごとに基準値が異なります。
もっといえば、同じ路線でも、区間によって基準値は違ってきます。

たとえば、線路規格の良い幹線だと、1時間に50ミリ前後の雨量で運転を見合わせるのが一般的だと思います。

対して、田舎の区間になると線路規格が低いため、もう少し低い数値で運転見合わせになります。
40ミリとか45ミリ、本っっ当に田舎のローカル線だと、20~30ミリで運転見合わせになる区間もあります。

あ、以上は在来線の話で、新幹線の場合はもっと基準値が高いです。
つまり、新幹線は在来線よりも雨に強いというわけ。

もし在来線が大雨で運転見合わせになり、足止めを喰ってしまった場合でも、新幹線は普通に動いているケースはありますので、迂回の手段として知っておきましょう。
まあ、ちょうど新幹線の接続駅で足止め、なんて都合のいい話はあまりないと思いますが……。

雨雲がさっさと通過すればセーフ


さて、運転見合わせの基準値は40~50ミリという数字を見て、みなさんはどう感じるでしょうか。
「意外と低いな……」と感じる人もいるのではないでしょうか。

1時間に数十ミリの雨が降った、なんて事例はニュースでもよく見ますから、40~50ミリでアウトになってしまうのは、ちょっと心許ないと思うかもしれませんね。

ただ、強い雨が降れば即座に運転見合わせになってしまうかというと、そうでもありません。
たとえば、1時間に100ミリの雨を降らせる強烈な雨雲がやってきたとしても、さっさと通り過ぎてくれればセーフであることが多いです。

運転見合わせになるのは、「それなりの雨量がそれなりに長い時間続いた場合」なのです。
ですから、すぐに通り過ぎてしまうような雨に対しては、40~50ミリという数字は、それなりに耐久性があるといえます。

線路点検が終わらないと運転再開できない


では、運転見合わせになってしまった場合、どれくらいの時間で運転再開になるのか?

これはケースバイケースとしか言いようがありません。

大雨の後に運転再開するためには、「保線係員による線路点検」を行う必要があります。
しかしこの点検、雨が小康状態になってから行うものです。
雨がザバザバ降り続いている状態では、そもそも点検を行うことができません。

山岳路線の場合は、係員が現地に到着するまでに時間がかかることもあります。

また、保線係員の数が限られている場合は、主要線区から点検を開始し、その他路線は点検が後回しになってしまうこともあります。
ようするに、線区ごとの優先順位があると。

運転見合わせになると、駅員の案内や駅の電光掲示板、ホームページの運行情報など、いろいろな媒体から情報発信されますが、

「雨が降り続いているため、点検を行うことができません」
「係員が現地に向かっているところです」

こういう情報の段階では、運転再開はまだまだ先です。
少なくとも、1時間以内に運転再開になることはないでしょうね。

あくまで個人的な意見ですが、もし他の交通機関があるのならば、そちらを利用することを考えた方がよいでしょう。
無理に駅で粘っても、あまり状況は好転しないと思います。

点検が始まれば運転再開時刻を予想できる


現地に係員が到着し、点検が始まると、「現在、係員による点検を行っています」という情報が出てきます。
ここまでくれば、運転再開の予想時刻も案内できるようになります。

というのは、大雨後の線路点検は過去に何度も実例があるので、「この区間の点検は〇分くらいで終わる」という経験則があります。
この経験則はそれほど大きく外れることはないので、点検が実際に始まってしまえば、運転再開時刻の予想ができる、というわけです。

ですので、「現在、係員による点検を行っています」という段階の情報になれば、駅で粘って待ってみてもいいと思います。

ただし、線路点検の結果、線路に陥没が見つかった、みたいな事態になれば当然アウトですが……。

まとめ


ちょっと長くなったので、まとめましょう。

  • 一般的には、雨量計が1時間あたり40~50ミリを計測すれば運転見合わせ
  • 新幹線は雨に強いので、迂回手段として頭に入れておく
  • 大雨の後には線路点検が必要
  • 実際に線路点検が始まれば、運転再開の予測は立てられる


鉄道を利用する側としては、このくらい知っておけば、うまく立ち回ることができるかなと思います。

次回も、大雨に関する話を続けます。