現役鉄道マンのブログ 鉄道雑学や就職情報

趣味で鉄道好きな人はもちろん、就職・転職等で鉄道業界に興味がある人もどうぞ! 現役鉄道マンが、鉄道の雑学や裏話を語ります。

コロナウイルス騒動 吊り革にはちゃんと摑まろう

こんにちは、現役鉄道マンのKYSです。
新型コロナウイルス騒動、まだまだ収まらないですね。

満員電車でのウイルス感染のリスクが報じられていますが、その影響か「吊り革に触りたくない」という人が増えている、との話を聞きます。
吊り革は不特定多数の人が触っているので、ウイルスが付いているかもしれない。
そんなところに摑まりたくない、というわけです。

 

吊り革に摑まらないと転倒する危険が


しかし、走行する列車内で吊り革に摑まらずに立っているというのは、安全という観点から言わせてもらうと、あまり良くありません。
具体的には、列車が非常ブレーキなどで急停止した場合に、転倒してケガをする可能性がある、ということです。

運転士は「やべぇっ!」と思ったときには、即座に非常ブレーキを掛けます。
異常時のブレーキ操作は、1~2秒が勝負を分けることもあります。
たらればを言っても仕方ないですが、2019(令和元)年9月に発生した、京急がトラックと衝突して脱線した事故でも、あと1秒ブレーキが早ければ、被害はだいぶ軽減されていたはずです。
(運転士を責めるわけではありませんよ)

そうした“秒勝負”のときに、「いまから非常ブレーキを掛けまーす。摑まってくださーい」なんて予告しているヒマはありません。
乗っているお客様からすれば、いきなりガツンと来るわけです。
踏ん張りきれずに転んでケガをする可能性は低くありません。

また、自身がケガをするだけならまだしも、他の人にぶつかってケガをさせてしまう危険もあります。
その場合、「お前がちゃんと吊り革に摑まっていれば、こんなことにはならなかった!」と責められるかもしれません。
いや、こうした場合の法的責任がどうなのかは、私にはちょっとわからないのですが、面倒なことになるのは確かです。

というわけで、私としては「立っている人はちゃんと吊り革に摑まること」を推奨します。

心配な人は手袋をすればOK


そもそも、ウイルスは手の皮膚から体内に侵入してくるわけではありません。
ですから、ウイルスの付着している箇所に手で触れたからといって、それで感染するわけではありません。
(ケガなどをしていれば話は別ですが)

「それはわかってはいるが、どうしても吊り革には直接触りたくない」という人は、ビニール手袋でもして吊り革に摑まればOKです。
そして、列車を降りたらビニール手袋は捨ててしまう。
その際、手袋の外側にはウイルスが付着しているかもしれませんから、外側には触れないように手袋を外さなければいけませんが。

智者の慮は必ず利害に雑う


中国の兵法書『孫子』に、次のような言葉があります。

「智者の慮は必ず利害に雑う」

賢い人は物事を考えるにあたって、利=メリットだけ、あるいは害=デメリットだけの片方を考えることはしない。
メリット・デメリットの両方を天秤にかけて、トータルで物事を考えるべし。

なにごとにも、良い面もあれば悪い面もあります。
100%メリットだけ、なんてことはありえません。
一面からしか物事を判断できないようではダメだよ、というわけですね。

今回の例に当てはめれば、

・吊り革に摑まらないメリット ⇒ 手にウイルスを付着させない
・吊り革に摑まらないデメリット ⇒ 転倒してケガをするリスクが高まる

この両面から考え、どちらを重視するかということです。
もちろん、最終的な判断は個々人によりますが、私としては、吊り革に摑まることを過剰に敬遠する必要はないと思います。