現役鉄道マンのブログ 鉄道雑学や就職情報

趣味で鉄道好きな人はもちろん、就職・転職等で鉄道業界に興味がある人もどうぞ! 現役鉄道マンが、鉄道の雑学や裏話を語ります。

鉄道会社への就職 OB・OG訪問ではあらゆるツテを使おう

こんばんは、現役鉄道マンのKYSです。

今日は、就職活動に必須なOB・OG訪問について書こうと思います。
「鉄道業界への就職」というよりは、「就職活動全般」に当てはまる内容です。

 

さて、OB・OG訪問というと、自分の学校の卒業生・先輩と会うようなイメージがありますが、そこは特にこだわる必要はありません。
要は、自分の行きたい業界の人と話ができれば、それでいいわけですよね。
(個人的には、OB・OG訪問という呼び方があまりよくないと思っています)

あらゆる方法を使って業界人を探そう


就活は一生を左右するイベントですから、とにかく情報を入手することが大切です。
そのためには、自分の学校のOB・OGといった狭い範囲に限定するのではなく、下記に示すような方法も使って業界人への接触を試みるべきです。

1.親のツテ

就活中の学生なら、親もまだ現役世代であることが多いと思います。
現役社会人ならば、多かれ少なかれ何らかのツテを持っているはずなので、志望業界に知り合いがいないか聞いてみましょう。

社会人というものは、学生が思っている以上に情報を持っています。
それを使わない手はありません。

2.親戚のツテ

親だけではなく、親戚にも現役社会人がいると思います。
もしある程度近くに住んでおり、疎遠な仲でないのなら、一度尋ねてみてもよいでしょう。

3.友人のツテ

実は私も、「兄が鉄道マン」という友人がいて、紹介してもらったことがあります。
本当にありがたかったです。
困ったときに助けてもらえる友人がいれば、とても心強いですよね。

ただし、こちらだけが一方的に情報をもらうのではバランスを欠きます。
「ギブアンドテイク」の気持ちを忘れないようにしましょう。

4.ご近所さんのツテ

ご近所同士のつながりが希薄な現代社会では難しい手法ですが、普段から仲の良いご近所さんがいれば、聞いてみればいいでしょう。
「えっ、○○さんってあそこに勤めていたんだ!」みたいに、思わぬ発見があるかもしれません。


鉄道業界は、そこまで業界人が少ない業種ではありません。
ありとあらゆるツテを使えば、一人くらいは接触できると思います。
しかし運悪く、八方手を尽くしても一人も見つからなかった場合には……

5.志望会社の採用担当者にお願いする

ど真ん中の直球勝負!
志望会社の採用担当者にメールを出して、「御社の社員を紹介していただけないでしょうか?」とお願いしてみましょう。

「紹介してくれるの?」と思うかもしれませんが、私の経験では応じてくれた会社もありました。
相手にされない場合が多いでしょうが、やってみる価値はあると思います。

ただし、採用活動が忙しい時期にお願いするのは絶対にNG。
当たり前ですが、採用活動が一段落するタイミングでメールしましょう。

とにかく私が言いたいのは、「なりふりかまわず、いろいろな方法を使って業界人から話を聞け」ということです。

話を聞くなら20代社員よりも30~40代社員


ここから先は、「もし可能であれば」という話。

OB・OG訪問というと、年次の近い20代の若手社員を紹介してもらうことが一般的だと思います。

しかしこれ、私はあまりオススメしません。

話を聞くならば、20代の若手社員よりも、30~40代の中堅社員の方が絶対にいいです。
なぜかというと、30~40代の中堅社員は、「他社の情報」も知っていることが多いから。

30~40代は業界の情報をよく知っている


「あの会社はムチャクチャ働かされる」

「あの会社は社内の雰囲気が良いらしい」

社会人の方ならわかると思いますが、こういう同業他社の情報って、なぜか漏れて伝わってきますよね(笑)

ところが、20代の若手社員はまだ経験が浅いので、自社の情報しか持っていない場合が多いです。

しかし、30~40代の中堅どころになると、業界への理解も深まりますし、業界の集まりなどで“横のつながり”ができたりします。
また、転職して複数の会社に勤めた経験がある人も、30~40代なら珍しくありません。

このように、中堅社員は若手社員よりも「同業他社の情報」「業界の情報」を持っている可能性が高いです。
そういう人から話を聞ければ、会社同士の「比較」ができるので、絶対に有益です。

あくまで「もし可能であれば」ですが、なんとか頑張って志望業界の30~40代の人を探してみてください。