現役鉄道マンのブログ 鉄道雑学や就職情報

趣味で鉄道好きな人はもちろん、就職・転職等で鉄道業界に興味がある人もどうぞ! 現役鉄道マンが、鉄道の雑学や裏話を語ります。

鉄道会社への就職 取得をオススメする資格

※注意:このブログ内の記事はあくまで私個人の考えです。
    特定の会社の採用方針等を示すものではありません。

こんばんは、現役鉄道マンのKYSです。

前回の記事では、就活生の資格取得について書きました。
鉄道業界への就職に有利な資格は特にないと思われるので、どんな資格でもいいよ、という話でした。

といっても、「なんでもいいよ」では不親切と感じる人もいるでしょうから、個人的にオススメのものを書きますね。

 

オススメその1 外国語(英語でなくてもよい)


非常にベタですが、外国語(英語でなくてもよい)は損のないジャンルだと思います。

私が入社した時代では考えられなかったのですが、外国人のお客様は本当に増えました。
いまや、「外国人のお客様への案内強化」はどこの鉄道会社でも課題になっており、「業務研究発表」みたいな取り組みでは鉄板ネタです。

社員を集めて、英会話の研修をしている会社も少なくありません。

昔は日本語だけだった駅員の案内放送も、英語を併用するケースが増えてきました。
また、乗務員もいざというとき(=たとえば、トラブルで列車が遅延したとき etc)の案内用に、英語ができるのが望ましいです。

こうした最近の流れを見るならば、外国語に手を付けておくのは間違いない選択といえます。
採用担当者に「おっ、最近の鉄道会社をわかっているな」と評価されるかもしれません。
また、実際に入社した後も、現場で役に立つと思います。

まあ、外国語うんぬんは鉄道業界に限った話ではないですけどね。

オススメその2 プログラミング


鉄道とは関係なさそうですが、プログラミングもオススメです。

たとえば、会社で使うソフトの代表「エクセル」。
いろいろな入力や計算、集計などで活用しますが、私の会社ではこれらの作業を手作業でやっている人が多いです(汗)

非効率的な手作業ではなく、コンピューターに作業させる「自動化」が時代の流れ。
この「自動化プログラム」を作成するのがプログラミングという作業です。
(特に、エクセルの自動化プログラムのことを「マクロ」といいます)

なぜプログラミングがオススメかというと、「あいまいな指示を出さなくなるから」

鉄道会社に限りませんが、仕事でのミスに「指示や要請の内容があいまい」という原因があります。
「あうんの呼吸」文化である日本では、よくある話ですね。

しかし、コンピューターは「このくらい」とか「このへん」などのあいまいな指示では絶対に動きません。
きちんと定義をし、細かく正確に作業を指定してあげないと、途中で止まってしまいます。

ですから、プログラミングを学んでいく過程で、「あいまいな指示を出さないクセ」が身に付いてくるはずです。

「あいまいな言葉が原因で、解釈を間違えてミスをした」

こうしたトラブルが、鉄道会社でも実際に起きています。
人命を預かる鉄道会社として、指示や要請の「言葉選び」は大変重要なのです。

プログラミングで身に付けた「あいまい排除」の思考法は、必ず役に立つはずです。

まとめ


① 外国語

② プログラミング

少しは参考になったでしょうか?
ただ、「外国語とプログラミングがよい」という「内容」を鵜呑みにするのではなく、「なぜこの資格がよいのか」という「考え方」を参考にしてほしいと思います。