現役鉄道マンのブログ 鉄道雑学や就職情報

趣味で鉄道好きな人はもちろん、就職・転職等で鉄道業界に興味がある人もどうぞ! 現役鉄道マンが、鉄道の雑学や裏話を語ります。

『魔女の宅急便』で学ぶ貨物列車の雑学 「二軸車」

ジブリの名作映画『魔女の宅急便』。
旅立ちの直後、雨に降られたキキとジジが貨物列車の中で雨宿りするシーンは、みなさんご存知ですね。

前回の記事に続いて、このシーンから学べる鉄道雑学を紹介します。

 

キキとジジが乗っていた貨車は「二軸車」


キキとジジが不正乗車した貨物列車は、生きたままの牛を運んでいました。
なぜ、生きたままの牛を列車で運ぶのかは、↓の記事を参照してください。

『魔女の宅急便』で学ぶ貨物列車の雑学 「家畜輸送」

今回の記事で着目したいのは、キキとジジが乗っていた貨車です。

f:id:KYS:20200726041024p:plain

これは「二軸車」という貨車です。
車軸が前後の二本であることから、そう呼ばれます。

f:id:KYS:20200726041033p:plain

左:横から見た図 右:上から見た図


車体に二本の車軸を直接固定してあるのが特徴です。
身近な例として、プラレールなんかは二軸車といえます。

二軸車は最高速度の遅さゆえに衰退した


この二軸車、「ナマで見たことがある」という人は、あまりいないはず。
実際、現代日本において、二軸車はほとんど絶滅していると言って差し支えありません。

二軸車が衰退した理由は、スピードが遅かったから。

日本の国鉄においては、二軸車(二軸貨車)の最高許容速度は65km/h、のちに改良を施してやっと75km/hでした。
車両性能がそれほど良くなかった昔は、それでもよかった。
旅客列車もあまりスピードを出せない時代だったので、貨物列車がチンタラ走っていても支障なかったのです。

ところが、技術が進歩して旅客列車のスピードが上がってくると、最高速度75km/hの二軸貨車で構成された貨物列車は、ダイヤを組むうえで邪魔になってきます。

これは簡単な理屈で、たとえば、みんなが車で60km/h走行をしているところに、一台だけ40km/hで走っている車がいたら邪魔ですよね。
鉄道でも同じで、スピードの違う列車がいると、ダイヤがスムーズに組めません。

また、1960年くらいになると、道路網の整備が進んでトラック輸送が発展し、対抗のために貨物列車の速達化が求められるようになります。

「ボギー車」で貨車のスピードアップを図る


こうした理由から、貨車の最高速度を引き上げる必要に迫られます。
しかし、二軸貨車の最高速度を大幅にアップさせるのは物理的に難しい。

というわけで、新しい仕組みの貨車を作ることになり、そして誕生したのが、現代でも使われている↓のような貨車。

f:id:KYS:20200726041041p:plain

左:横から見た図 右:上から見た図


車輪は「ボギー台車」という装置に付属しており、そのボギー台車の上に車体が載っています。
そこが、車体に車軸を直接固定してある二軸車との違いです。

このボギー台車を装備した車両を「ボギー車」といいます。
ボギー車は、二軸車よりも走行の安定性に優れ、貨車のスピードアップに貢献しました。
当初の最高速度は85km/hだったそうですが、徐々に改良され、現在では110km/hで走行可能な貨車もあります。

物語の描写が時代考証的に正しいかは謎


貨車を二軸車からボギー車にシフトし、スピードアップを図る流れは、日本では1960年くらいに始まりました。
(旅客列車用の車両は、もっと早くからボギー化が進んでいましたが)

一説によると、『魔女の宅急便』は1960年代の世界をモデルにしたそうですが、諸外国で貨車のボギー化や二軸貨車の衰退が進んだのはいつ頃か、私は知りません。
ですので、仮に物語のモデルが1960年代として、二軸貨車が走っている描写が時代考証的に正しいかどうかは、私にはちょっとわからないです(^^;)

外国の貨物列車史に詳しい方がいらっしゃったら、教えてください。

やや高度な余談 甲種輸送や変圧器輸送の苦労


最後に、鉄道にある程度詳しい人向けの余談。

先ほど、「最高速度の低い列車がいるとダイヤ設定に苦労する」と話しましたが、これは現代でも多々あります。
たとえば、みなさんが大好きな甲種輸送はMAX75km/h、変圧器輸送はMAX45km/hというケースが多いです。

輸送を担当するJR貨物は、通行させてもらうJR旅客会社とダイヤを調整するのですが、チンタラ走る列車のダイヤを決めるのは面倒な作業です。
業界用語的に表現すれば、「旅客会社からスジをもらうのは大変」。

ちなみに、チンタラ走る列車のダイヤは、業界用語で「スジが寝ている」「スジがタレる」などと呼びます。
参考までに。


関連記事はこちら
解説・列車運行図表とは?
『魔女の宅急便』で学ぶ貨物列車の雑学 「家畜輸送」

→ 鉄道の豆知識や雑学 記事一覧のページへ
⇒ トップページへ