現役鉄道マンのブログ 鉄道雑学や就職情報

記事のクオリティには自信あり! 鉄道関係の記事が約370。趣味で鉄道好きな人や、鉄道業界への就職を目指す人は必見!

東京モノレールや山手線もチラッと登場 『暴太郎戦隊ドンブラザーズ』

ヨオオォォッ ♪ドンドン ドンブラザーズ ドンドン ドンブラGoing ♪ドンドン ドンブラザーズ ドンドンドンドンドンドンドン Yeaaaaaaaah!!

f:id:KYS:20220324000739p:plain

「あ、違うブログを開いちゃった」と思った人、間違ってません。ここは正真正銘『現役鉄道マンのブログ』です、ハイ。

先日の記事で、新しく始まるスーパー戦隊シリーズ『暴太郎戦隊ドンブラザーズ』は興味があるので見てみますわ……と書きましたが、

【息抜きネタ】間もなく放送開始・暴太郎戦隊ドンブラザーズは期待度大!

実際に1~3話まで視聴してしまいましたので、今回の記事はそのレポです。鉄道話もありますよ。

ストーリー紹介 大人が見てもなかなか面白い

まずは『暴太郎戦隊ドンブラザーズ』のストーリーを簡単に紹介。

マンガ家志望の女子高生・鬼頭はるか(演:志田こはく)はデビュー作でマンガ大賞を受賞するが、盗作疑惑によりすべてを失う。
失意のはるかの前に謎の人物が現れ、「君は戦士に選ばれた」と告げる。さらに「桃井タロウという人物を探せ。彼が君を導いてくれる。そうすれば失ったものは取り戻せる」と謎の人物に教えられたはるかは、タロウを探し始めるのであった……。

スーパー戦隊シリーズ、普通は主人公のレッドを中心に話が進みます。しかしドンブラザーズ、少なくとも第3話までは、主にイエロー・鬼頭はるか視点で物語が進みます。はるか「桃井タロウどこにいるねん」というわけ。

レッドではなくイエロー中心というのが斬新ですね。

つーかイエローの役者さん超可愛くね? 序盤の中心に持ってくることで、私のようなオッサン世代を取り込もうという作戦か。姑息な。もうその手に引っ掛かってしまっているぞ、私。

真面目な話をすると、ストーリーはけっこう面白いと思います。少なくとも、1~2話がつまらなかったので「切った」という人は少ないのではないでしょうか。

レッドは宅配便の配達員 JR貨物とコラボしては?

また、鉄道マンとしても共感できた部分がありました。主人公の桃井タロウは宅配便の配達員をしているのですが、客に荷物を渡す際の決めゼリフが↓こちら。

俺が運ぶのは荷物だけではない 幸福を運ぶ(キリッ

うーむ、これは非常に“深い”セリフですね。たとえばみなさんは、客を乗せている旅客列車の方が偉くて、モノを運ぶ貨物列車は格下と思っているかもしれませんが、それは違います。

確かに、貨物列車が運んでいるのはモノにすぎません。しかし、運ばれたモノの先には受け取り手──人がいます。そう、受け取る人の幸福のために、荷物は運ばれているのです。つまり、誰かのために走っているという意味では、旅客列車も貨物列車も同じ。

それを踏まえたうえで、もう一度。

俺が運ぶのは荷物だけではない 幸福を運ぶ(キリッ

やはり素晴らしいセリフですね。JR貨物の人は喜んでいるぞ。てゆーかコラボすれば? JR貨物の主力機関車・EF210形の愛称は「ECO-POWER桃太郎」だが、DON桃太郎に改称するとか。

宅配便ということで、貨物列車をテーマにした話を放送するのも面白いかもしれない。テレビ朝日さ~ん、鉄道関係の監修は私が請け負いますので、ぜひ声を掛けてください。

第1話で東京モノレールが登場 撮影した場所は?

さて、おふざけ話はここまで。第1~2話で作中に鉄道が映ったので(本当にチラッとですが)、そのシーンを検討します。第1話では、背景にモノレールが登場します。

f:id:KYS:20220325120212p:plain

『暴太郎戦隊ドンブラザーズ』第1話より抜粋

イエローことはるかチャンが川のそばを歩いているシーンですが、向こう岸をモノレールが走っています。

モノレールには「またがる式」と「ぶら下がる式」の二種類がありますが、これは「またがる式」──跨座式ですね。さらに、5両以上で走っているのが確認できます。

日本のモノレールで跨座式かつ編成が5両以上なのは、東京モノレール舞浜リゾートラインの二路線だけ(たぶん)。これは明らかに舞浜リゾートラインではないので、映っているのは東京モノレールで確定です。

せっかくだから、このシーンを撮影した場所(ロケ地)も特定してみましょう。

向こう岸の東京モノレールは川の上を走っています。川はちょうど分岐している箇所です。また、別カットでは撮影場所のすぐ近くに橋があるのが見える。こうした背景から総合的に推測すると、おそらく↓の場所がロケ地かと思われます。

第2話では山手線が登場 どこの駅のそば?

第2話でも、背景に鉄道が登場。いや、ほんとチラッとですが。

f:id:KYS:20220325121448p:plain

『暴太郎戦隊ドンブラザーズ』第2話より抜粋

山手線を走るE235系ですね。駅ホームの端が見えたので、どこかの駅のすぐそばということになります。さらにここ、複々線──おそらく京浜東北線との並走区間となっており、その向こう側に新幹線の線路らしきものも見える。

トータルすると、おそらく西日暮里駅じゃないかなぁ。

このように、車両が少し映っただけで場所の推測ができるようになります。面白いですね。このシーン、もしE235系が映り込んでいなかったら、地元民以外に場所の特定は不可能でしょう。

『暴太郎戦隊ドンブラザーズ』、今後も視聴を続ける予定なので、作中で鉄道が登場したら、また記事にしようかと思います。

関連記事

間もなく放送開始・暴太郎戦隊ドンブラザーズは期待度大!


『鬼滅の刃』をまったく知らない鉄道マンが「無限列車」を観賞


→ 鉄道の豆知識や雑学 記事一覧のページへ


⇒ トップページへ