現役鉄道マンのブログ 鉄道雑学や就職情報

趣味で鉄道好きな人はもちろん、就職・転職等で鉄道業界に興味がある人もどうぞ! 現役鉄道マンが、鉄道の雑学や裏話を語ります。

「電車」と「列車」の違いとは? 鉄道マンが正しい知識を解説

Yahooのページを見ていたら、某鉄道アナリストさんが書いた↓の記事を見つけました。


そうだよなあ、電車と列車の違いなんて、鉄道マンでもない限り知らないのが普通だよなあ。
メディアでも、間違って使っている例が少なくありません。
正しい知識をキチンと世の中に発信するのは、いいことだなあ(^^)

そう思って読んだところ……


オイ、この記事間違ってるぞ


人の間違いを指摘するのは、あまり好きではないのですが、さすがにこの内容はちょっと……。
この記事を書いた某鉄道アナリストさんは、電車と列車の違いをキチンと理解していないようです。

間違った鉄道知識が世の中に広まるのは、鉄道マンとして残念なので、ぜひ訂正させていただきたい。
というわけで、今回の記事では「電車と列車の違い」を解説します。

 

前振りの話 和牛と国産牛の違いとは?


電車と列車の違い、まずはあえてわかりにくく書きます。

・電車とは、鉄道車両の種類の一つ
・列車とは、停車場外を走行するために、特定の条件を満たした鉄道車両のこと


はい、意味不明ですね(^^)
この説明で理解できるのは、私のような鉄道マンだけです。

というわけで、理解してもらうための前振りとして「牛」の話をします。
モオオオオォォ!

突然ですが、みなさんは「和牛」「国産牛」の違いを知っていますか?
和牛と国産牛、似たような単語ですが、意味はまったく違います。

和牛とは「牛の品種の一つ」


和牛とは、「牛の品種の一つ」です。
牛の品種って、ホルスタインとかジャージーとか、いろいろありますよね。
その中で、黒毛和種・褐毛和種・ 日本短角種・無角和種という4つの品種を、まとめて「和牛」と呼びます。

牛の品種ホルスタイン
ジャージー
……
和牛(黒毛和種・褐毛和種・ 日本短角種・無角和種)


和牛とは「品種」ですから、どこで生まれたとか、どこで育ったかとかは関係ありません。
たとえば、オーストラリア産の和牛も存在します。

国産牛とは「特定の飼育条件を満たした牛」のこと


対して、国産牛とは「日本国内で全飼育期間の半分以上を過ごした牛」です。
別の言い方をすると、人生ならぬ牛生(?)の50%以上を日本で過ごした牛。
(食品表示基準第18条)

つまり国産牛とは、品種うんぬんではなく、特定の条件(=全飼育期間の半分以上を日本で過ごす)を満たした牛のこと。

先ほど、「オーストラリア産の和牛も存在する」と書きました。
オーストラリアで生まれ育った和牛が現地で解体されて肉になり、日本に輸入されてきたら、それは国産牛の条件を満たしていないので、外国産ということになります。

まとめると、

・和牛とは、牛の品種の一つ
・国産牛とは、特定の条件(=全飼育期間の半分以上を日本で過ごす)を満たした牛のこと


この違いが理解できればバッチリです。
次の話に進んでください。

本題 電車と列車の違いとは?


さて、ここからが「電車と列車の違いってなに?」の本題です。

なぜ私は突然、牛の話をしたのか?
それは、「和牛と国産牛の違い」と「電車と列車の違い」は構図が似ているからです。

電車とは「鉄道車両の種類の一つ」


電車とは、「鉄道車両の種類の一つ」です。

鉄道車両には、いろいろな種類(牛でいえば品種)があります。
ディーゼルエンジンで動くディーゼルカーとか、蒸気を使った蒸気機関車とか、いろいろありますよね。
その中の一つとして、「電車」というものがあるのです。

鉄道車両の種類電車
ディーゼルカー
蒸気機関車
……


「和牛とは牛の品種の一つ」であるように、「電車とは鉄道車両の種類の一つ」なのです。

列車とは「特定の条件を満たした車両」


対して、列車とは「特定の条件を満たした鉄道車両」です。
電車・ディーゼルカー・蒸気機関車、どんな種類(品種)の鉄道車両でも、指定された条件を満たせば「列車」になりえます。

つまり列車とは、電車とかディーゼルカーとかの種類は関係なく、特定の条件を満たした鉄道車両のこと。

「国産牛とは、品種に関係なく、特定の飼育条件を満たした牛」という話を思い出してください。

専門用語が出てくるので理解できなくても結構ですが、列車として成立するためには、たとえば以下の条件を満たす必要があります。

・列車標識を表示すること
・貫通ブレーキの割合を100にすること
・全長が線路の有効長を超えないこと


これ以外にも、列車として成立するための条件はあります。
こうした諸々の条件を満たした鉄道車両が「列車」と呼ばれます。

人間にたとえると「列車」は理解しやすい


「列車ってよくわからん」という方、人間にたとえると理解しやすいです。

みなさんは外出するときに、顔を洗い、服を着て、靴を履きますよね。
つまり、外出のための「身だしなみという条件」を整えた状態です。

鉄道車両も、外出するために身だしなみを整えた状態を「列車」と呼びます。

対して、パンツ一丁という姿では外出できないですよね。
家の中ではパンツ一丁は許されますが、外に出たらアウト。

これと同様に、外出のための身だしなみが整っていない鉄道車両は、列車とは呼びません。

たとえば昼間、車両基地で休んでいる車両がありますよね。
人間にたとえれば、あれはパンツ一丁であり、外出にふさわしい状態ではありません。
つまり、車両基地で休んでいる車両は、外出のための身だしなみが整っていないので、列車とは呼べないのです。

まとめ 電車は種類 列車は状態


牛やら身だしなみやら、いろいろなたとえ話が出ました。
以上の説明が理解できれば、最初に書いた↓の意味もわかってくると思います。

・電車とは、鉄道車両の種類の一つ
・列車とは、停車場外を走行するために、特定の条件を満たした鉄道車両のこと


なお、「停車場外を走行するために」という文言ですが、先ほどの身だしなみの話で言えば、「外出するために」に相当する文言です。
うまく読み替えてもらえれば理解できると思います。

ちなみに、鉄道現場では「電車」「列車」はたまた「車両」という用語は、キチンと使い分けられています。
冒頭で紹介した某鉄道アナリストさんの記事では、

『大きな分類として「列車」があって、その中で、電気で自走する車両が「電車」である。』
『もう一つの使い分けは、走る線路によるものである。』

このように書かれていましたが、少なくとも鉄道会社の業務においては、これは間違いです。
まあ、お客様や鉄道ファンからすれば、どうでもいい話ではありますが……。


関連記事はこちら
相互直通運転の車両使用料 ダイヤが乱れると計算が大変

→ 鉄道の豆知識や雑学 記事一覧のページへ

⇒ トップページへ