現役鉄道マンのブログ 鉄道雑学や就職情報

鉄道に関する記事が約300! 趣味で鉄道好きな人や、鉄道業界への就職を目指す人は必見!

なぜ列車は昼間でもライトを点けているのか?

突然ですが、みなさんが真っ昼間に自動車を運転しているとき、対向車がライトを点灯させていたら、どう感じます?

「なんだあの車、変なの」

そう感じるのが普通だと思います。

ところが、「昼間にライトを点けるのはおかしい」と思ったアナタ! 朝の通勤時間や昼間、つまり明るい時間帯に、列車がライトを点けて走っているのは変だと思いませんか?

思いませんか?

思わないのですかぁッ!?
(↑右京さん風にキレ気味)

列車のライトは「列車標識」と呼ばれるもの

列車は、明るい時間帯でもライトを点けて走っています。もはや当たり前すぎる光景なので、疑問に感じる人はいないかもしれませんが、よく考えたら変ですね。

f:id:KYS:20210812225114p:plain

なぜ、列車は明るい時間帯でもライトを点けるのか?

まず、自動車の話からいきましょう。自動車を運転するとき、ライトを点ける主な目的は「暗闇を照らして視界を確保する」ですね。

これに対して列車のライトですが……実はあれ、点灯させる目的はまったく別です。列車のライトは前を照らすために点灯させているのではなく、「列車標識」と呼ばれるものなのです。

列車としての条件を満たすためにライトを点けている

「列車標識」という用語が出てきましたが、ちょっと難しいです(^^;)

鉄道の運転業務では、「列車」という概念が存在します。「これこれの条件を満たさないと『列車』とは認められない」というものです。その、列車として成立するための条件の一つが「列車標識を表示すること」なのです。

「わけわかんね」と思うでしょうが(^^;) 簡単に言えば、「ライトを点灯させないと列車にならない」のです。そして、列車たる条件を満たさないと、車両基地から出て営業列車などの任に就くことができません。

だから列車は、昼間でもライトを点けているのです。

詳しく知りたい人はこちら 「電車」と「列車」の違いとは? 鉄道マンが正しい知識を解説

このあたりの話は、人間に例えるなら身だしなみに相当します。

夏の時期、私は家ではパンツ一丁で過ごしたりしますが キャー パンツ一丁は家の中ではOKでも、外に出るのはアウトですよね。外出したければ、ちゃんと身だしなみを整えなければいけません。(顔を洗う・服を着る・靴を履く etc)

鉄道車両もそれと同様に、車両基地という“家”から“外出”するためには、身だしなみを整える必要があります。外出のための身だしなみを整えた状態の車両を「列車」と呼びます。

その身だしなみの条件の一つが「列車標識の表示」、つまりライトを点灯させることなのです。ですから、列車がライトを点灯させている目的は身だしなみのためであって、前を照らして視界を確保するためではありません。

もちろん、ライトを点灯させれば前方は見やすくなりますが、それは直接の目的ではなくて、副次的な効果なのですね。

前部標識=白 後部標識=赤

なお、列車標識は前・後の両方に表示しなければいけません。

列車の前 = 進行方向最前部には「前部標識」という白色灯を表示する。列車の後ろ = 尻の部分には「後部標識」という赤色灯を表示する。これによって前後が判別できるわけです。

f:id:KYS:20210812225219p:plain

写真左の列車(赤色灯)は奥方向へ、右の列車(白色灯)は手前方向へ進むことがわかる

どの鉄道でも判で押したように、前は白色灯・後ろは赤色灯。列車のライトは白と赤ばっかで芸がない! もっとカラフルに他の色も使わんかい! ……と思う人がいるかもしれませんが、この白・赤も実はルールで決まっており、変えられません。許してください(笑)

関連記事

→ 鉄道の豆知識や雑学 記事一覧のページへ


⇒ トップページへ

本記事の写真提供 結城しげくにさん

本記事内の写真は、はてなブロガー・結城しげくにさんが運営する『もこもこ鉄旅部。』からお借りしました。使用の許可をいただき、ありがとうございました。

『もこもこ鉄旅部。』は旅行記中心のブログですが、記事内にかわいい女の子キャラクターを登場させるなど、独特の工夫がされた良ブログです。