現役鉄道マンのブログ 鉄道雑学や就職情報

鉄道に関する記事が約300! 趣味で鉄道好きな人や、鉄道業界への就職を目指す人は必見のブログ!

列車と鳥の衝突 バードストライクの実態を解説!

列車と動物の衝突(動物支障)に関する記事の第4弾です。今回は、地上動物のシカやイノシシではなく、鳥がテーマです。

みなさんは「バードストライク」をご存知でしょうか?

「鳥が飛行機とぶつかる現象だっけ? 運が悪いとエンジンが壊れたりするんだよね」

そうですね。
バードストライクというと、鳥と飛行機との衝突が一般的なイメージです。ただ、広義には「鳥と人工構造物との衝突全般」を指すそうです。

多いパターン 線路を横断する鳥の横っ腹に衝突

そして鉄道でも、このバードストライクはよくあります。私も、運転士時代に何度か経験しました。

どういう形で鳥とぶつかるかですが、正面衝突、すなわち列車に向かって鳥が突っ込んでくることは皆無でしたね。「鳥頭」なんて言葉もありますが、鳥もバカではないですし、概して視力も良い動物です。正面から突っ込んできて衝突、なんて間抜けなマネは、そうそう犯しません。

多かったのは、高架区間を運転しているときに、鳥が線路を横断する形で飛んできて、その横っ腹に列車が衝突するパターン。つまり、歩行者が道路へ飛び出して車にぶつかるのと同じ形です。

運転士目線でいうと、「おっ前方の線路を鳥が横断しているなあ」→「おっ近づいてきたぞ」→「あれっぶつかる!」→ 運転室の前面ガラスにドーン!
こういう流れです。

鳥とは高速で衝突するので衝撃はなかなか

さて、鳥はシカやイノシシに比べると小型ですから、ぶつかっても大したことないように思えます。ところがどっこい、バードストライクの衝撃は意外と侮れません。

シカやイノシシの場合は、線路にいるのを発見してブレーキを掛けますから、一応それなりに減速した状態でぶつかります。

ところが鳥の場合、シカやイノシシと違って、発見してもブレーキを掛けることは普通ありません。線路上に鳥がいるからといって、いちいちブレーキを掛けていたんじゃ仕事にならないので(笑)

そのため、ぶつかるときは基本的にノーブレーキの状態。100km/h以上とか、全力で走行しているときにぶつかることもあります。

衝突音もすごいですよ。
「ベチッ」みたいな生易しい音ではありません。

バンッッッ!!

机に思い切り手を叩きつけたときのような、すごい音です。私、初めてぶつかったときは、ビックリして「うおっ!?」と声が出ました。

それくらい強烈な勢いでぶつかるので、運転室の前面ガラスに白っぽい衝突痕がくっきり残ります。運が悪いと、ガラスにヒビが入ることも。

かなり稀ですが、ヒビのせいで「運行継続不能」と判断され、列車が運休になった事例もあります。最近だと、2020(令和2)年7月25日、JR東北線でそういうことがあったようです。「たかが鳥じゃん」と侮ってはいけません。

ちなみに、鳥の死体(さすがに生きてないはず)は線路周辺に墜落するのですが、そのまま放置しておくと腐敗してアレですよね。というわけで、「どこどこで鳥とぶつかった」と後で報告します。その情報を受けた保線係が、線路巡回の際に回収します。

だいたいの“被害者”はハト カラスがぶつかるのは稀

衝突する鳥は、ハトが多いです。まあ、そのへんにフツーにいる鳥といえばハトですからね。

f:id:KYS:20201019044645p:plain

ウチの近所のハト ぽっぽっぽーはとぽっぽぉ~ く、くるっく~

スズメはどうだったかなぁ。記憶が怪しいですが、少なくとも私はぶつかった経験はなかった気がします。

「身近な鳥」でも、滅多にぶつからないのがカラス。私も、カラスと衝突した経験は一度だけ。同僚に聞いてみても、カラスと衝突したことはほとんどないようです。こういうエピソードからも、カラスの賢さや知能の高さが垣間見えますね。

新幹線の速さについていけず逃げ遅れた鳥たち

最後に、本で読んだエピソードをひとつ紹介。日本が大いに技術協力した台湾新幹線の開業時の話です。

南の島の新幹線ー鉄道エンジニアの台湾技術協力奮戦記

南の島の新幹線ー鉄道エンジニアの台湾技術協力奮戦記

  • 作者:田中 宏昌
  • 発売日: 2018/02/16
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

新線開業のときって、設備が完成したら試験走行(試運転)をしますよね。もちろん台湾新幹線も試験走行をしたのですが、その際、バードストライクが何度もあったそうです。

線路上にたむろしている鳥たちが、新幹線が接近してきたのに気が付いてバサバサと飛び立つ。ところが、台湾の鳥たちにとって、高速走行する新幹線は初めて見る物体。今まで見たことのない速さで近づいてくるため、逃げ遅れてドーン。せっかくの新車が鳥の血で赤く染まる。

バッティングセンターで140~150km/hの球を打ったことのある人、いませんか? 新幹線の約300km/hというスピードは、あれの2倍近いのです。いくら反射神経が良い鳥でも、在来線の感覚でタイミングを計っていたら、そりゃー逃げ遅れるわな……。


関連記事はこちら

→ 鉄道の豆知識や雑学 記事一覧のページへ