現役鉄道マンのブログ 鉄道雑学や就職情報

趣味で鉄道好きな人はもちろん、就職・転職で鉄道業界に興味がある人もどうぞ! 現役鉄道マンが、鉄道の雑学や裏話を語ります。

天然記念物・ニホンカモシカと列車が衝突! どうなる?

列車と動物の衝突(動物支障)に関する記事の第3弾です。
今回は、軽い雑学的な話をお伝えしましょう。

 

ニホンカモシカの死体を勝手に処理するのはNG


シカやイノシシと衝突した場合は、乗務員が死体を線路脇にどかし、車両点検をして異常がなければ運転を再開します。
その後、線路の保線係員がやってきて死体を処理します。
つまり、ひとまずは鉄道会社の裁量で処理をしてOKなのですね。

(事後に地元の猟友会や警察に届出をしたり、駆除要請をしたりしているかもしれませんが、私の立場ではちょっとそこまでは知りません)

ところが、鉄道会社による勝手な処理が許されない動物がいます。
カモシカ(ニホンカモシカ)です。

「カモシカ? ああ、ほ乳類だけど卵を産む珍しい動物だよね。嘴とか水かきがあって、水中を泳いだりできるやつ」

そう思った人。それはカモノハシです(笑)

f:id:KYS:20201017040625p:plain

カモノハシ(作画・現役鉄道マンKYS)


二ホンカモシカはウシ科で、シカとウシとヤギが混ざったような動物です。
ジブリ映画『もののけ姫』を見たことがある方は、シシ神様をイメージするのがよいかと。
もっとも、シシ神様みたいな大きな角はありませんが。

f:id:KYS:20201017040541p:plain

ニホンカモシカ(作画・現役鉄道マンKYS)

 

天然記念物を轢くと警察が介入してきて大変


この二ホンカモシカも、列車と衝突することがあります。
が、他の動物と違うのは天然記念物であるということ。
したがって、二ホンカモシカとぶつかってケガを負わせたり、轢き殺したりすることは、法律的にいえば「天然記念物の損壊」になります。

というわけで、二ホンカモシカとの獣身事故(?)が起きると、警察が介入してきます。
いや、別に罪に問われるとか、そういう話ではありませんが、経験者の運転士いわく「けっこーメンドくさい」とのこと。

これは鉄道の話ですが、自動車でも同じです。
みなさんが山道を運転していて、シシ神様っぽい動物を轢いてしまったとき、「動物だからいいや」とそのまま立ち去ると、あとで罰せられるかもしれないので注意しましょう。


関連記事はこちら
京都丹後鉄道のインシデント 鉄道会社を悩ませる動物との衝突
線路上に動物を発見! 衝突の回避率が最も高い意外な方法とは?

→ 鉄道の豆知識や雑学 記事一覧のページへ
⇒ トップページへ