現役鉄道マンのブログ 鉄道雑学や就職情報

鉄道関係の記事が約470。鉄道好きや、鉄道業界に就職したい人は必見! ヒマ潰しにも最適

名鉄金山駅『かどや』 麺類以外に酒やつまみも豊富な「ホーム上の飲み屋」

ホーム上の御食事処といえば、その大半が、立ち食いそば・うどんを提供する「麺処」です。そういう店では、プラスアルファとしてアルコール類を提供していることが少なくありません。

ようは立ち飲み屋として使えるわけです。が、選べる酒はビールとレモン酎ハイくらいで、おつまみも数種類あれば良い方でしょう。

ところが、本格的に酒が飲める方向にガッツリ寄せている店もあります。それが、愛知県は金山駅(名古屋鉄道)のホーム上にある『かどや』です。

ちょうど名鉄の最新車両が来たので一緒に撮影

一通り揃った酒に多種なおつまみ お手頃感も魅力的

『かどや』は名古屋らしく、きしめんを軸に据えた麺処です。しかし、この店が持つもう一つの顔は、まさしくホーム上の飲み屋。ビールはもちろん、日本酒・酎ハイ・芋焼酎・麦焼酎・ハイボールと一通り揃っています。

酒だけではなく、おつまみも充実。市中の居酒屋よろしく、壁にメニューがぺたぺた貼られています。

  • 唐揚げ
  • いわしの竜田揚げ
  • 野菜コロッケ
  • 牛肉コロッケ
  • ハムかつ
  • チキンカツ
  • 串カツ
  • アジフライ
  • イカの天ぷら
  • 焼き鳥
  • 枝豆
  • 冷やっこ

これらのメニューが、100~200円台の価格帯で食べられます。気取らない感じのメニュー、お手頃なお値段。ホームの立ち飲み屋という要素と相まって、庶民的な雰囲気バリバリです。

メニューは他にもありました。カウンター上には、お惣菜の小鉢がラップを掛けられて、たくさん置かれています。さらに、おでんまで。コンビニ同様、什器に入った状態で、お客さんから指名されるのを待っています。調理台には、煮物が入っていると思しき鍋も複数。ホーム上の店でこれはすごいな。

私が入店したのは真っ昼間にもかかわらず、飲んでいる人が複数。ようし、私もその輪の中に加わり

ませんでした

普通に昼メシ食べに入店しただけなので……。いやまあ、一杯くらい呑んでもよかったかもしれませんが、呑み始めてしまうと、たぶん一杯では終わらない(^^;) 酔っ払ってこの後の行程に支障が出たらアレですし。

つゆと麺がマッチしたきしめんは美味い 満足感もじゅうぶん

私が注文したのは、きしめん + ミニ丼 + 小鉢のランチセット700円。麺 + 丼のセットはよくありますが、これに小鉢が付くのが嬉しい。券売機はなく、カウンターで店員さんに口頭で注文する仕組みです。

注文を受けた店員さんが調理に取りかかります。あれ? まだカネを払わなくていいのか?

まず、きしめんと小鉢のポテトサラダ、さらに漬物が到着。小鉢はたぶん日替わりでしょう。きしめんはオーソドックスなタイプで、ねぎ・かつお節・油揚げ・かまぼこがトッピングされています。

うん、美味いです。濃厚なつゆと麺がよくマッチしています。上を覆った鰹節の香りで、するすると食が進む。きしめんといえば名古屋駅ホームの店が有名ですが、この店の味も負けてないと思います。油揚げがとても甘く味付けされており、途中で食べると、いい感じのアクセントになってくれて、単調さを回避できます。

きしめんを半分くらい食べ進めたところで、ミニ味噌カツ丼が登場です。この、メニューが全部揃ったタイミングで代金を請求されました。

味噌カツを米と一緒に口へ放り込みます。あぁ~名古屋の味噌ダレだ。ミニ丼なので量は少ないですが、ポテトサラダも付いているので、トータルでの満足感はじゅうぶんです。

「ごちそうさまでした」と言ったら、「ありがとうございました! またお願いします! お気をつけて!」とオバチャンが元気よく返してくれました。退店時に気持ち良い接客をしてもらえると、好感度がグッと上がりますね。

酒をかっくらうオジサンたちを羨ましそうに眺めながら、私は店を出ました。昼間から駅ホームで飲んで酔っ払う。背徳感ありそうな行為ですが、だからこそ一度はやってみたいなぁ。

鉄道グルメの他の記事もぜひどうぞ!

名古屋駅地下街「鮪の唐揚げ」は鉄道会社御用達のグルメ


豊橋駅『豊来軒』は改札内の座り食いラーメン屋 鶏白湯が美味


→ 鉄道グルメやブログ運営ネタ 記事一覧のページへ


⇒ トップページへ