現役鉄道マンのブログ 鉄道雑学や就職情報

鉄道関係の記事が約470。鉄道好きや、鉄道業界に就職したい人は必見! ヒマ潰しにも最適

新開地駅『神戸製麺所』 この特徴的な食感のそばは何ぞやっ!?

なんだか、床が傾いて見えます。時空の捻れで構造物が歪んだのでしょうか、異空間に迷い込んでしまったような心持ちです。

はい、気のせいではありません。本当に床に傾斜があり、坂になっています。

ここは兵庫県の新開地駅です。阪急電鉄・阪神電鉄・神戸電鉄が結節する要所。この駅構内、坂の途中に店を構える『神戸製麺所』の食レポをするのが、今回の記事です。

ラーメン + そばの二本柱 「韃靼そば」も取り扱う『神戸製麺所』

阪急・阪神のホームと、神鉄ホームを結ぶ構内通路。かつてこの場所には『高速そば』なる店舗がありましたが、2021年に閉店。その後、空白期間を経て同じ場所に登場したのが『神戸製麺所』です。

かなり麺にこだわっているようだ。なぜ自家製麺だとコシが強いのかは不明

個人的には、○○製麺所というネーミングの飲食店って、そば・うどんのイメージがあります。しかし、ラーメンも看板メニューになっているのが神戸製麺所の特徴。

もう一つ、「韃靼そば」というものを取り扱っているのも特徴です。

韃靼そばとは何ぞや? ほとんどの人は知らないと思います。神戸製麺所のホームページによると……「通常のそばの120倍のルチンを含む」そうです。健康に良さそうだけどマイナー食材。これは面白そうだ、ぜひ食べてみたい。

ところが、現場の券売機を見た私は混乱した。

実はホームページには、「当店の麺は全て自家製の韃靼(だったん)そばを使用しております。」と書かれていました。しかし、券売機には[韃靼そばに変更 100円]というボタンがある。

えーと……どゆこと?

「当店の麺は全て自家製の韃靼そばを使用して」いるのに「韃靼そばに変更」という食券が存在する??? ……ダメだ、理解できない。俺は何か根本的な勘違いをしているのだろうか?

このあたり、わかる人がいたら教えてください(^^;)

そばの食感は特徴的 まるで冷麺を思わせる

で、結局どれを選ぼうか? ラーメンも激しく気になりますが、無難に、看板商品であろう「かき揚げそば」を選びました。ラーメンは……ラーメンは次の機会にッ。

店内に入り、食券を店員さんに渡します。茹で置きではなく、冷凍麺でもなく、生麺を一から茹でてくれるのが特徴。そういうスタイル、駅そばでは見つけるのが難しいはずです。さすが、麺にこだわっている店。

到着です。澄んだ汁に青ネギは、いかにも関西系のビジュアル。それではいただきます。

おうっ?
何だッ、この麺の食感は!?

食感がすごく特徴的。少なくとも私は、こういうそばを食べたのは初めて。しかし、この食感自体には覚えがある。これは何だっけ……? もう一口すすります。

!!! 冷麺だ!

そうです、キュッと締まったこの感じ、まるで冷麺を彷彿とさせる。これを「コシがある」と表現してよいかは、私にはわからないですが……。

香川県でうどんを食べたとき、「これが本物のコシかぁ~」と納得した経験があります。神戸製麺所の麺は、それとは違った印象を受けました。

うーん、どうだろう。正直、この麺は好き嫌いが分かれると思います。こういう食感は、そば汁よりも、ラーメンスープの方にマッチしそうな気がしました。

汁は優しくマイルドで美味しい。雑味がなく、スッキリとした味わいです。京阪電鉄が経営する駅そば店『麺座』の汁と、非常によく似た印象を受けました。

揚げたてよりも揚げ置きが優る 私の「かき揚げ論」

かき揚げは、揚げたてカリカリタイプではなく、柔らかタイプ。崩して汁に浸して食べるので、それでOK。というか私はむしろ、そば・うどんに載せる場合は、揚げ置きしてフニャッとなった方が好きです。

揚げたてをウリにする駅そば店もありますが、油が抜け切っていないので、必要以上に油が汁に溶け出すのがマイナス。揚げてから時間が経ち、油をしっかり落とした方が、汁に合うのではないでしょうか。特に、この店のような関西汁には。

プハーごちそうさまでした。やはり「麺が特徴的だったなぁ」という感想ですね。みなさんも、自身の舌で確かめてみてはいかがでしょうか。

鉄道グルメの他の記事もぜひどうぞ!

南海電鉄の駅そば店『南海そば』 昔を思い出す懐かしい味


京阪電鉄の駅そば店『麺座』 優しいながらも満足感が得られる汁


→ 鉄道グルメやブログ運営ネタ 記事一覧のページへ


⇒ トップページへ