現役鉄道マンのブログ 鉄道雑学や就職情報

趣味で鉄道好きな人はもちろん、就職・転職等で鉄道業界に興味がある人もどうぞ! 現役鉄道マンが、鉄道の雑学や裏話を語ります。

鉄道会社への就職 視力も大切だが……聴力にも気をつけよう

今回の記事では、運転士を目指す人なら誰でも気になる「視力などの身体要件」について書きますね。
エントリーシートや面接、SPIなどと違って、身体要件はテクニック等でカバーすることができません。
キチンとした知識を持って、普段から気を付けていただきたいと思います。

 

2012年に視力の基準は0.7に緩和された

 
「目が悪いと、運転士になることができない」

これは一般的にもよく知られている話です。
2020年現在、省令で定められている運転士の視力の基準は次の通り。

左右の眼はそれぞれ0.7以上 かつ 両眼で1.0以上

「あれ? 視力は左右それぞれ1.0以上必要じゃなかったっけ?」

それはひと昔前の話。
実は、2012年に基準が緩和されて、0.7以上でOKになりました。

一応、基準緩和の理由・背景を簡単に書いておくと、

・信号機のLED化が進んで視認しやすくなったため
・高齢者でも運転士として勤務できるようにするため
・スマホやパソコンにより日本人全体の視力が低下したため


これら諸々の理由から、「本当に1.0という視力が必要なのか?」という議論になり、見直しが行われました。
まあ、改正後の現行基準も“ぬるい”わけではありません。
必要な視力をキープしようと思えば、それなりに注意や対策が必要です。

視力関連のオススメ記事 現役鉄道マンが実践している「視力維持法」を紹介!

ヘッドホンやイヤホンの使用はほどほどに


「運転士は視力が肝心」なことは一般的に知られていますが、もちろんそれ以外にも必要な身体要件はあります。
意外と見落としがちなのが聴力です。

業界の集まりで聞いたのですが、高齢の運転士は、視力ではなく聴力で基準に引っ掛かる人の方が多いそうです。

昔に比べると、ヘッドホンやイヤホンなどで音楽を聴く人が増えています。
これ、あまりやりすぎると「難聴」になる可能性があるらしいですね。
まあ、よほど極端な使い方をしなければ大丈夫なんでしょうけれども……。

ただ、「視力と違って、聴力の矯正は難しい」ということは頭に入れておくべきでしょう。

視力は眼鏡やコンタクトレンズで割と簡単に矯正できますし、いわゆる「視力回復本」もたくさん出版されています。
しかし、聴力ではそういう話は聞かないですよね。
というわけで、運転士を目指す人は、ヘッドホンやイヤホンの使用は控えることをオススメします。

次回も、身体要件の話を続けます。
取り上げるテーマは、高血圧・高血糖です。

続きの記事はこちら 高血圧・高血糖だと運転士になれない!?