現役鉄道マンによる鉄道雑学のブログ

趣味で鉄道好きな人はもちろん、就職・転職等で鉄道業界に興味がある人もどうぞ! 現役鉄道マンが、鉄道の雑学や裏話を語ります。

鉄道会社への就職 少子高齢化時代の生き残りをかけて

こんばんは、現役鉄道マンのKYSです。
今回も引き続き就職活動に関する内容です。

前回の記事では、「大手だけではなく、中小にも目を向けよう」と書きました。
しかし、当然ながら

「中小は先行きが不透明」
「将来、潰れたりしないのか?」

こうした心配があるのは当然でしょう。
これに絡めて、今日は「鉄道会社が生き残るためには?」というテーマです。

 

「関連事業」が生き残りのカギ


こちらの記事でも書いたように、これからの鉄道会社は、少子高齢化による乗客減で苦しくなります。

そこで必要になってくるキーワードが「関連事業」
もっとザックリ言えば、「副業」ですね。

関連事業で有名な会社といえば、JR東日本とJR九州でしょうか。

JR東日本

ずいぶん昔の話ですが、何かの記事で、JR東日本の社長の発言を読んだことがあります。

・少子高齢化に伴い、収入減は避けられない
→このままでは、鉄道会社としての使命が果たせなくなる
→利益を確保するため、関連事業を伸ばしていかないと

こういった趣旨の内容でした。
現在、JR東日本の「非鉄道事業」――駅ナカなど――の売上割合はどんどん増えており、今後も割合を増やしていくことが明言されています。

JR九州

そして、JR九州の多角化経営も有名ですね。
JR九州の元社長の著書でも、

・JR九州は鉄道業での赤字は不可避
→だから関連事業の方で黒字を出すしかない

という趣旨のことが書かれていました。
実際、JR九州は最近まで「鉄道の赤字を、関連事業の黒字で埋める」という構造が続いていました。
(ちなみに、JR貨物も「鉄道赤、関連事業黒」の決算が多かった)

「収益構造」は会社によってまったく違う


共通しているのは、「これからは鉄道だけでは食っていけない」という考え方です。
これは、JR東日本やJR九州だけではなく、ほとんどすべての鉄道会社に当てはまるのではないでしょうか?

これからの会社選びには、そうした視点が必要かと思います。

鉄道会社はたくさんありますが、鉄道事業の売上割合は、会社によってずいぶん違います。

具体的な会社名を出してしまいますが、静岡県の「静岡鉄道」「遠州鉄道」
この二社はいずれも黒字の会社ですが、鉄道の売上は全体から見れば微々たるもので、関連事業の売上が圧倒的です。
このレベルまで行くと、もはや鉄道の方が「副業」です。

対して、第三セクターの優等生といわれる、兵庫県の「智頭急行」と愛知県の「愛知環状鉄道」
やはりいずれも黒字会社ですが、大部分が鉄道による売上です。
(もちろん、関連事業の売上もそれなりにありますが)

このように、同じ黒字でも、収益構造は会社によってまったく違います。

鉄道だけで食っていけるのは都市部の会社のみ


これからは「鉄道だけで食っていける会社」は、ごく一部でしょう。

たとえば、中小鉄道だけど、東京や大阪の「都市部」だけに路線を展開しているような会社がありますよね。
そういう会社は、少子高齢化の影響が相対的に少ないので、鉄道業の売上割合が多くても大丈夫かもしれません。

しかし、都市部以外に路線を展開している会社は、鉄道だけに頼っていては間違いなく「先細り」です。
そういう会社は、関連事業をいかに強化していけるかが生き残りのポイントになると思われます。

まとめ


どうでしょうか?
冒頭で書いた

「中小は先行きが不透明」
「将来、潰れたりしないのか?」

この問いに対する明確な答えを示せたとは言い難いですが、鉄道会社を研究する際に必要な一視点を提供することはできたかなと思います。
何かの参考になれば幸いです。