現役鉄道マンのブログ 鉄道雑学や就職情報

趣味で鉄道好きな人はもちろん、就職・転職等で鉄道業界に興味がある人もどうぞ! 現役鉄道マンが、鉄道の雑学や裏話を語ります。

カーボンブラックコンテナの「黒一色」には問題があった

貨物列車はさまざまなコンテナを積んでいますが、その中には、なかなか目にすることのできない「レア度」が高いコンテナもあります。
前回の記事では、そんなレア度の高い「カーボンブラックコンテナ」について説明しました。


↑の記事の内容を簡単に説明すると……

炭素の微粉末であるカーボンブラックを運ぶための専用コンテナ。
導入当初は全身真っ黒のコンテナでした。
しかし、「とある事情」でコンテナ上部に赤色の塗装を施すことになった。

こういう内容でした。

 

黒一色では何がマズかったのか?


さて、なぜカーボンブラックコンテナの上部に、赤色の塗装を追加する必要があったのでしょうか?

「外観上の問題」です。

鉄道業界の“お上”は国土交通省。
(実務上は、国土交通省の地方出先機関である「地方運輸局」が、鉄道会社といろいろやり取りをします)
その“お上”から、「黒一色ではマズいよ」と指摘されたらしいです。

なぜ、黒一色のコンテナではマズいのか?

私も詳しいところまではよく知りませんが、黒一色では、どうも景観上よろしくないという意味がまず一つあったようです。

それから、黒一色は「輪郭」が意外とハッキリしません。
背景が白や黄色ならともかく、緑や青などのいわゆる「寒色系」の色の中に置くと、黒一色って輪郭がちょっとボヤける感じになりませんか?
さらに、夜になれば黒は非常に見にくい。

「視認性」は作業を行う上で大切ですから、そういう観点からすれば、黒一色は微妙といえば微妙です。

そのあたりをトータルで考慮して、黒一色ではよろしくない、という話になったようです。

しかし、いくら指摘されたからといって、せっかく作ったコンテナを色の問題だけで全廃になどできませんよね。
かといって、コンテナ全体を別の色に塗り直すのも現実的ではない。

というわけで、黒一色にアクセントをつけるため、上部に赤色の塗装を追加するという一部修正で対応した、という経緯らしいです。

鉄道設備をちょっと変えるだけでも申請や届出が必要


このように、コンテナの色一つとっても、“お上”から指摘されて七面倒な事態が発生することがあります。

それを考えると、最近流行りのラッピング車両なんかは、もっと大変です。

車両を含め、およそ鉄道設備というものは、その仕様を国土交通省(地方運輸局)に届け出ています。

また、鉄道設備にはいろいろな免許が絡んでいます。
たとえば鉄道業務では「無線」を使いますが、これは「電波の利用」ですから総務省への申請・届出が必要、という具合に。

「この設備が不便だから、ちょっと改修して使いやすくしたい」
「この設備はもう使っていないから廃止したい」

と思っても、勝手に改修や廃止はできず、ほとんどのケースで申請や届出が必要になります。

ラッピングとは、車両の外側にフィルムを貼り付ける、一種の改造みたいなものです。
ですから、「外側にフィルム貼るだけだし、無届けでもいっか」ではダメなのですね。

ラッピング車両は気軽にできるものではない


お上”への申請・届出業務は、それぞれの設備を保守メンテする部署の仕事です。
車両改造の場合は、車両のメンテや管理などを担当する車両部門。
線路関係なら土木や保線の部署、信号設備なら電気系の部署。

私のような、駅員・車掌・運転士コースの人間とは無縁な業務です。

しかし、“お上”相手の申請がいかに大変な仕事かは、なんとなく想像がつきます。
書類を出せばそれで終わりではなく、理由や経緯をキチンと説明して、こちらの言い分を通さなければなりません。

車両にラッピングしたいなー、いいですねーやりましょう、わあーどのアニメとコラボしようかなぁー

みたいな軽いノリでできる話ではないんです。

今のご時世、ラッピング車両はあちこちで気軽に見ることができます。
他の方のブログを拝見しても、写真を撮っている方が多いですよね。
しかしその裏側には、いろいろと面倒なこともあることを知ると、ラッピング車両を見る目もまた少し違ってくるかと思います。


関連記事はこちら
冷凍コンテナが騒音をまき散らす!?
物置に困ったらJR貨物の「中古コンテナ」を使うのはいかが?

→ 鉄道の豆知識や雑学 記事一覧のページへ
⇒ トップページへ