現役鉄道マンのブログ 鉄道雑学や就職情報

趣味で鉄道好きな人はもちろん、就職・転職等で鉄道業界に興味がある人もどうぞ! 現役鉄道マンが、鉄道の雑学や裏話を語ります。

鉄道会社はなぜ社員の遅刻に厳しいのか?

こんばんは、現役鉄道マンのKYSです。

前回の記事は、「鉄道マンは遅刻をすると大変なことになる」というものでした。

blog.kys-honpo.com


業界用語では「出勤遅延」といいますが、これをやらかした鉄道マンは、どんな目に遭うのか?

  • 本人に対し、徹底的な事情聴取が行われる
  • 注意喚起の文章が掲示され、「あいつ、出勤遅延したってよ」と職場内で晒される
  • 人事の記録に「出勤遅延あり」と刻まれ、出世に響く


……というように、なかなか厳しい処置が待っていますよ、という内容の記事でした。
「時間を守ること」がいかに重要視されているかがわかりますね。

正直、そこまで厳しくしなくていいんじゃね? と思う人もいるでしょうが、鉄道会社が「時間を守ること」に厳しいのには、それなりの理由があります。

 

理由1 時間を守ることが安全輸送につながる


鉄道マンが時間厳守すべき理由その1。

鉄道会社が社会から強く求められているのは、「安全輸送」です。
噛み砕いた言い方をすれば、事故を起こさずに列車を運転することが鉄道会社の使命。

その使命を果たすためには、係員の時間厳守の姿勢が必要なのです!

……と言われても、全然ピンとこないですよね。もう少し具体的に話しましょう。

簡単にいえば、「時間を守ることが安全を守ることにつながる」のです。

たとえば、列車には運転時刻(ダイヤ)が定められていますよね。
当たり前ですが、この列車ダイヤは、列車同士が正面衝突や追突をしない前提で設定されています。
つまり、すべての列車が時間通りに走っていれば、正面衝突や追突の類の事故は発生せず、それだけ安全度は高いのです。

もし列車ダイヤが乱れると、こうした「時間を守ることによる安全の担保」がなくなってしまい、それだけ安全度が削られます。

また、列車ダイヤが乱れると、駅員・車掌・運転士をはじめとした現場係員はバタバタします。
作業がバタバタすれば、それだけミスが発生する可能性も高まります。

作業の乱れはミスの温床、すなわち事故の芽を生みます。

「時間を守ることが安全を守ることにつながる」とは、こういう意味です。
鉄道マンが時間を守ることの大切な理由の一つが、これなのです。

理由2 時間を守ることで全体が円滑に動く


鉄道マンが時間厳守すべき理由その2。

現場係員には、定例作業の内容と時刻が指定されています。
作業ダイヤと呼んだりします)

  • 信号担当者Aは10時00分に〇〇の作業を行い、10時25分に△△の作業を行う。
  • 操車担当者Bは10時15分に◇◇の作業を行い、10時35分に▽▽の作業を行う。


こんな感じですね。
鉄道は、これら全員の作業が歯車のようにかみ合う(連動する)ことにより、一つのシステムとして動いているのです。

乗務員もそうですよね。
乗務員それぞれに、どの列車を担当するか・どこで交代するかが厳密に割り振られていて、その組み合わせで列車が動いているのです。

全体が歯車のようになっていますから、一箇所が狂えば、全体に影響してきます。
一人の作業の遅れが、他の作業に影響を及ぼすのです。

ですから、遅刻をして作業に穴をあけるなどは論外なのです。
大げさな表現をすれば、「時間が守れない人は鉄道のシステムを乱す迷惑な人」といえます。

理由3 社会的影響が大きい


鉄道マンが時間厳守すべき理由その3。

ときどき、「駅員が寝坊して駅のシャッターを開けられず、始発列車にお客様が乗れなかった」みたいなニュースがあります。

係員の寝坊がニュースになるだなんて、他の業種ではほとんどないですよね。
鉄道は、それだけ社会的影響が大きいのです。

時間を守らないことで、社会的信用が大きく失われることもある以上、時間管理には厳しくならざるを得ない、というわけです。

鉄道会社に時間を守れない人は不要


こうした複数の理由から、鉄道マンは時間を守ることが厳しく求められるのです。

残念ながら、世の中には、そもそも「時間を守る」という概念のない人がいます。

私、以前に婚活をしていたのですが、やっぱりそういう人が一人や二人はいるんですよ。
お見合いやデートの約束時間にフツーに遅れてくる人が……。
鉄道会社で働いていると、同僚は「時間を守る人」ばかりですから、「時間を守らない人」の存在に軽くカルチャーショック?を受けたものです。

それはともかくとして……遅刻グセのある人は、鉄道会社にまったく向いていません。
もし間違って就職してしまったら、本人と会社、お互いが不幸になるだけです。

……と、少し脅すような言い方になってしまいましたが、あまり神経質になる必要もないですね。
「社会常識」の範囲内で考えてもらえれば、それでじゅうぶんです。