現役鉄道マンによる鉄道雑学のブログ

趣味で鉄道好きな人はもちろん、就職・転職等で鉄道業界に興味がある人もどうぞ! 現役鉄道マンが、鉄道の雑学や裏話を語ります。

声の小さい人が鉄道の仕事に向かない理由とは?

こんばんは、現役鉄道マンのKYSです。

ここ三回、「鉄道マンに向いていないのはどのような人か」について、私の考えを書いてきました。

  • 遅刻グセのある人
  • よく体調を崩して寝込む人
  • 声の小さい人


今回は、「声の小さい人」がなぜ鉄道マンに向いていないのかを説明します。

 

声が小さいのはなぜまずいか? 具体例


なぜ、声が小さい人は鉄道マンに向いていないのか?

私は別に「声が小さい人は気合いが足りない」みたいな精神論で言っているのではありません。
なぜ声が小さいのがマズいのか、以下にいくつか具体例を書いていきます。

駅員の場合


駅員の業務の一つに、お客様への案内があります。
案内というのは相手に情報を伝えることですから、こちらの音声がきちんと相手に届くことは最低条件です。

これからはますます高齢化が進みますから、耳の遠い方も増えてくるでしょう。
声が小さいと、耳が遠い方の聞き間違いや聞き漏らしの可能性が高まります。

また、最近は駅の無人化が進んでいます。
複数の「無人駅」を束ねる「拠点駅」に駅員を置き、無人駅からの問い合わせは、インターホンを通して拠点駅の駅員が答える。
つまり、お客様とインターホン越しで会話するケースも増えています。

インターホンを通しての会話は、対面での会話よりも声が伝わりにくいですから、やはりしっかりと声を出すことが求められます。

乗務員の場合


たとえば、放送の声が小さくて、何を言っているのか聞こえない車掌。
誰でも一度は遭遇したことがあると思います。

平常時の案内放送なら、声が小さくても問題はないかもしれません。

しかし、列車は異常事態に遭遇することもあります。

東日本大震災では、津波を避けるために、乗務員がお客様を高台まで避難誘導しました。
2018(平成30)年の大阪北部地震では、多数の列車が駅間に停車してしまい、お客様を線路に下ろして最寄り駅まで誘導しました。

そういう避難誘導の際、お客様に指示を伝える声が小さかったら、必要事項の伝達ができない。
つまり、乗客の安全を守ることができません。


災害時に乗客をどう避難誘導するかは、多くの鉄道会社で課題になっています。
(業務研究のテーマに選ばれることも多いんですよ)
特に津波の場合は一分一秒を争いますから、そういうときに「声が小さくて何を言ってるんだか聞こえない」は致命的です。

指令員の場合


指令員とは、「列車の運行管理」をする仕事です。
飛行機でいうところの管制官みたいな仕事だと思ってください。
もしくは、ガ〇ダムやヱヴァン〇リヲンに登場するようなオペレーターを思い浮かべてもらってもけっこうです。

人身事故などのトラブルが起きたり、自然災害のときには、列車の運行を元に戻すのが仕事です。
その過程で、乗務員や駅などの関係各所に、いろいろと指示・要請を出したりします。

しかし、異常時の指令室って、ものすごくガヤガヤしているんですよ。
声をしっかり張り上げないと、何を言っているのか聞こえません。


そういう場面で声が小さいと、聞き間違え・聞き漏らしを誘発する可能性もあります。
それがミスにつながり、列車の余計な遅延を招いたり、安全を脅かすような事態になるかもしれません。

あれですよね、もしガ〇ダムやヱヴァン〇リヲンのオペレーターの声が小さくて聞こえにくかったら、作戦指揮官や現場のパイロットは困りますよね。それと同じです。

指令員が絡むミスは、だいたいが聞き間違え・言い間違えの類です。
声をしっかり出せば、相手が聞き間違いをする可能性も減らせますし、間違ったことを言ってしまったとしても、「間違ってるぞ」と相手が指摘してくれるかもしれません。

言葉を正確に相手に伝えることが必要な職種ですから、声をしっかり出すことは基本中の基本といえます。
 

声が小さいと安全の観点からも危ない


いろいろと例をあげましたが、一言でまとめれば、「声が小さいと相手に意図が伝わらない」のです。

相手とのやり取りがメールで済むだとか、自分の中だけで仕事が完結するような職種なら、それでもいいでしょう。

しかし、鉄道の仕事は、関係各所の連携プレイが欠かせません。
特に、異常時などは「電話や口頭での指示」といったドロ臭い手段がまだまだ幅を利かせています。
そうした鉄道の仕事で「相手に意図が伝わらない」のは、安全という観点からしても致命的なのです。

より正確にいえば、声が小さい人は鉄道の仕事に「向いていない」ではなく、「危ない」といえます。

誤解のないように言っておきますが、声が小さいのは、性格が内気だとかコミュニケーションが苦手とか、そういったものとは別です。
私も人付き合いが苦手な性格ですが、声はきっちり出せる人間です。

見習い運転士をしていたとき、信号喚呼の声を張り上げていたら、列車から降りたお客様から「兄ちゃん元気だねー」と言われたこともあります。
(「声が大きすぎて五月蠅いよ、もう少し小さい声でやってくれ」という意味だったのかも 笑)

鉄道マンとして活躍するための基礎要素


いかがでしょうか?
私見ではありますが、鉄道マンに向かない人について説明してきました。

  • 遅刻グセのある人
  • よく体調を崩して寝込む人
  • 声の小さい人


逆に言えば、

  • 時間を厳守する人
  • 身体が丈夫で寝込むことはほとんどない人
  • 大きな声を出せる人


この要素を満たしていれば、鉄道マンとして活躍するための基礎は備わっているといえます。
いや、この要素を満たしていてほしいのは、鉄道業界に限った話ではないんでしょうけど……。