現役鉄道マンによる鉄道雑学のブログ

趣味で鉄道好きな人はもちろん、就職・転職等で鉄道業界に興味がある人もどうぞ! 現役鉄道マンが、鉄道の雑学や裏話を語ります。

特急列車の運転士に特有な「夏の試練」とは?

こんばんは、現役鉄道マンのKYSです。
前回の記事では、乗務員の熱中症について書きました。
内容を簡単に振り返ると、

  • 乗務員も屋外に出て動くことがある
  • 乗務中の乗務員が熱中症で倒れた場合、交代乗務員が到着するまで列車は動けない
  • 乗務中の水分摂取を「許可制」にしている鉄道会社もあった


おおむね、このような内容を紹介しました。
今回はさらに、乗務員と暑さの関係について、裏話を一つ紹介しますね。

窓がワイドな車両は運転席が暑い


ある程度の規模以上の鉄道会社だと、さまざまな形式の車両を保有しています。
スタンダードな通勤型車両に、デザインにこだわった特急型車両。

特急型車両にもいろいろあって、たとえば前面の展望をよくするために、運転席前面の窓を大きくしている車両がありますよね。
しかも、窓ガラスが湾曲している感じの。
下の図のような車両をイメージしてください。

f:id:KYS:20190806035754p:plain

前面窓の大きな特急型車両


実はこの手の車両、通勤型車両よりも運転席が暑くなりやすいんです。

f:id:KYS:20190806035748p:plain

通勤型車両は前面窓が小さい



通勤型車両に比べると、特急型車両の方が運転席の窓の面積が広く、角度的にも光が入ってきやすいのが一般的です。
そのため、太陽光が入りやすく、運転室の温度が通勤型車両よりも上がりやすいわけです。
まあ、走っていく方角にもよりますが。
(たとえば北に向けて走るのであれば、太陽光は入ってきにくい)

実際は運転室内には冷房があるので、「暑くて熱中症になる」わけではありませんが、通勤型車両よりも太陽光をギラギラ浴びて体感温度が違う気はします。

特急列車の運転士というと、おしゃれで花形なイメージがありますが、夏にはそういう苦労もあるわけですね。