現役鉄道マンのブログ 鉄道雑学や就職情報

鉄道に関する記事が約300! 趣味で鉄道好きな人や、鉄道業界への就職を目指す人は必見のブログ!

運転士がカギを忘れて運転室に入れず列車遅延 「忍び錠」と「マスコンキー」とは?

2021(令和3)年5月21日、JR東北線で遅れが発生。
新白河駅で折り返す列車の運転士が、運転室のカギを忘れたため中に入ることができず、列車が発車できなかった。


これはまた珍しい遅延理由で……(^^;)
このニュースですが、前提知識として以下の二つを知らないと、理解しにくいと思います。

  • 乗務員が持っている「カギ」
  • 運転室の扉の仕組み

 

運転士は「マスコンキー」と「忍び錠」の二つを持っている


前提知識その1。
まず、JRの運転士・車掌が持っているカギについて説明しましょう。

みなさんは、自動車のカギについては知っていますよね。
「扉のカギ」と「エンジン始動のためのカギ」が共通、つまりカギは一種類だけです。

しかし、鉄道車両は違います。
「運転室の扉のカギ」と「運転操作に使うカギ」が別物、つまりカギが二種類あります。
それぞれ忍び錠マスコンキーと呼びます。

  • 運転室の扉のカギ ⇒ 忍び錠
  • 運転操作に使うカギ ⇒ マスコンキー


運転士は列車を操縦するときにハンドルを操作しますが、あのハンドル、デフォルト状態ではロックされていて動かせません。
運転台にマスコンキーを挿入することで、動かせる(操作できる)ようになります。

さて、↓の図をご覧ください。

f:id:KYS:20210522000016p:plain


運転士は、二種類のカギを持っています。
運転室に入るための忍び錠。
操縦に必要なマスコンキー。

対して、車掌は操縦をしないので、マスコンキーは不要。
持っているのは忍び錠だけです。

ワンマン運転だと、↓の図になりますね。

f:id:KYS:20210522001308p:plain

 

運転室から出るときはカギを使わなくても施錠できる


続いて、前提知識その2。
運転室の扉の仕組み。

運転室の扉ですが、運転室側には、取っ手のそばに「開」と「閉」のツマミがあります。

f:id:KYS:20210522002348p:plain


たとえば、車掌が車内巡回をするため、運転室から客室に出たいとしましょう。
そのときは、ツマミを「開」位置にして取っ手を回せば扉が開きます。

f:id:KYS:20210522003523p:plain

ツマミを「開」にして、運転室内から扉を開ける


で、扉がロックされていないまま車内巡回に行ったら、誰かが運転室に入るかもしれませんよね。
当然、扉は施錠しなければいけません。
どうやって施錠するかというと……扉が開いた状態でツマミを「閉」位置にします。

f:id:KYS:20210522003743p:plain

客室に出た車掌は、扉のツマミを「閉」位置にする


ツマミを「閉」位置にしたまま扉をバタンと閉じれば、それで施錠完了です。

f:id:KYS:20210522004034p:plain

客室側から扉を閉じる。扉は施錠された状態に


つまり、運転室から出るときは、いちいちカギを鍵穴に差し込まずとも扉を施錠できるわけです。
一種のオートロックですね。
もちろん、車内巡回を終えて客室から運転室に戻るときは、鍵穴にカギ(忍び錠)を差し込んでロックを解除しなければいけませんが。

忍び錠を運転室に置き忘れたまま外に出てしまった模様


前提知識として、二つの説明をしました。

  • 乗務員が持っている「カギ」
  • 運転室の扉の仕組み


さて、ここから今回のトラブルの説明。
まず、列車が終点に到着します。

f:id:KYS:20210522004357p:plain

ワンマン列車だった模様


運転士は折返しのため、反対運転室に移動します。
その際、扉を開けるための忍び錠を、先ほどまでいた運転室内に置き忘れてしまったのでしょう、たぶん。

f:id:KYS:20210522004839p:plain


忍び錠がないと扉を開けられませんから、反対運転室に入れません。
つまり、折返し列車を発車させられない。

f:id:KYS:20210522005259p:plain


先ほどまでいた運転室に戻ってカギを取って来たいのですが、そこの扉も、すでにロックされていて入れません。
運転室から出る際に、ツマミを「閉」位置にして、先ほど説明した「オートロック」をしたのですね。
これで両運転室から締め出されてしまった、というのが事の真相でしょう。

ワンマン運転ならではのトラブル


さて、今回のトラブル。
相方の車掌がいれば、車掌も忍び錠を持っていますから、「ゴメン開けて~」と頼めばOKです。

しかし、ワンマン運転だと、運転士以外にカギを持っている人がいませんよね。
誰でも一度は経験がある「オートロックの部屋内にカギを忘れて締め出された」状態になると、万事休す。

自分で予備キーを持っているとか、駅務室に予備キーが配備されているとか、そういうのもナシだと完全にお手上げです。
他の列車が到着し、その乗務員が所持する忍び錠で、運転室を開けてもらうしか手がありません。

(2021/5/22)

関連記事はこちら 
前代未聞! JR東海で運転台が盗まれる

→ 鉄道ニュース 記事一覧のページへ

⇒ トップページへ