現役鉄道マンのブログ 鉄道雑学や就職情報

鉄道に関する記事が約300! 趣味で鉄道好きな人や、鉄道業界への就職を目指す人は必見のブログ!

正月の鉄道マンを悩ませる「あけおめ」問題

毎年、お正月に出勤したときに悩むこと。

「この人に『あけおめ・ことよろ』の挨拶したっけ?」

駅員や乗務員はシフト制。つまり、出勤メンバーが毎日違います。別の言い方をすると、顔を合わせるメンツが勤務ごとに異なるわけです。

Aさんとは1月1日に会うけど、Bさんとは新年の初顔合わせが1月4日、Cさんとは1月10日まで会わない。
Dさんとは……。
Eさんとは……。

こういう事態が普通なんですね。そのため、「この人には新年の挨拶をした・していない」という状況把握が非常に難しいです。5人10人ってレベルではとても収まらないですし。

「いっそ1月7日くらいまでは、会う人全員に『あけおめ・ことよろ』言っときゃいいんじゃね?」

いやー、それも微妙です。同じ人に2回挨拶してしまったら恥ずかしい。相手も、「あれ、この前挨拶しなかったっけ? 俺とのやり取り忘れちゃった?」と不愉快になるかもしれませんし。

では、どうするか?

これはもう、頭で覚えておくのは無理。勤務表(シフト表)を懐に忍ばせておき、挨拶を済ませた人にはチェックをつけていく。これくらいしか現実的な手はありません。

と言いつつ、そこまでやるのはメンドクサイので、私は諦めています。そうして今年も、「あれ? この人に『あけおめ・ことよろ』言ったっけ?」と悩むのです(笑)


お正月関連の記事はこちら

→ 鉄道の豆知識や雑学 記事一覧のページへ