現役鉄道マンによる鉄道雑学のブログ

趣味で鉄道好きな人はもちろん、就職・転職等で鉄道業界に興味がある人もどうぞ! 現役鉄道マンが、鉄道の雑学や裏話を語ります。

なぜGWや年末年始は貨物列車が運休なのか?

今年の正月の話。
甥っ子(将来の夢:女性運転士)が、父親(=私の兄弟ですね)に連れられて、貨物列車を見に行ったそうです。
ところが、「貨物列車、ぜんぜん走ってなかった」とガッカリして帰ってきました。

「年末年始やゴールデンウィーク、お盆の時季は、貨物列車はほとんど運休なんだよ」

と教えてあげたところ、「もおー、知ってたんなら教えてよおー」とブーたれてました。

甥っ子たちの行動なんて知らないブー( ・з・)
理不尽だブー( ・з・)

 

企業が休みだと運ぶ荷物がない

 

f:id:KYS:20190504194234p:plain

たとえば、今回の10連休だと貨物列車はこんな感じ


なぜ、年末年始やゴールデンウィーク、お盆の時季は、貨物列車が運休になるのか?

身近でわかりやすい例が「雑誌」です。

ジャンプやマガジン、サンデーとかの雑誌って、こういう連休期間中は、一週休みになりますよね(泣)
つまり、「雑誌を運ぶ」という行為が発生しません。
運ぶ荷物がなければ、貨物列車は運転されない。


こういう理屈です。

別の例でいえば、工場で使われるような材料。
連休期間中は工場もお休みですから、材料を運ぶ意味がないですよね。

貨物列車はさまざまな荷物を運んでいますが、乱暴な言い方をすれば、「企業活動に関係するもの」がほとんどです。
「お休み中の企業」に対して、「企業活動に関係するもの」は運びません。
だから、貨物列車は運休になる
わけです。

蛇足ですが……連休期間に入る前、たとえば12月中旬とかは、一時的に輸送需要が増えることがあるそうです。
「貨物列車が運休になる前に運んでおきたい」という荷主が多いわけですね。
「絶食前に食いだめしておく」みたいなイメージでしょうか。

「車扱列車」は運転される


なお、こういう連休期間中でも、100%の貨物列車が運休になるわけではありません。
運転される列車もあります。

車扱(読み方:しゃあつかい)と呼ばれる列車がそれ。

石油輸送とか炭酸カルシウム輸送とか、ようするに「特定品目」を運ぶ専用列車のことです。
(コンテナじゃない貨物列車、と思ってくれればいいです)
この手の列車は、連休期間中でもわりと運転されています。

鉄道トリビアとして話のネタにでも


年末年始やゴールデンウィーク、お盆の期間中は、貨物列車の大半が運休になる。

貨物列車が好きな人や、撮り鉄の人にとっては常識でしょうが、私の甥っ子のように知らない人も多いでしょう。

まあ、知っていたからなんだっていう気もしますが、知っていれば雑学として披露できる知識ですね。
話のネタにでも使って、ドヤ顔の一つでもしてください。