現役鉄道マンによる鉄道雑学のブログ

趣味で鉄道好きな人はもちろん、就職・転職等で鉄道業界に興味がある人もどうぞ! 現役鉄道マンが、鉄道の雑学や裏話を語ります。

鉄道会社への就職 重責に潰されないための「鈍感力」

こんにちは、現役鉄道マンのKYSです。

「鉄道会社への就職」というテーマが続きますが、今日は、鉄道会社で働くにあたってのメンタル的な話を書こうと思います。

※注意:このブログ内の記事はあくまで私個人の考えです。
    特定の会社の採用方針等を示すものではありません。

 

真面目過ぎるのも考えもの


当たり前の話ですが、鉄道の現場では厳しい指導が行われます。

もちろん、その厳しい指導に対しては、キチンと向き合わなければなりません。

が、あまり真面目に受け止めすぎるのも考えものです。
なぜなら、精神的に潰れてしまうからです。

そういう意味では、多少の「鈍感さ」があった方が、精神衛生上よろしいと思います。

私などは、子どもの頃から学校や習い事で怒鳴られながら育ってきた人間なので、まあまあ「怒鳴られ耐性」があります。
(子どもの頃は「いやだなあ」と思うことも多かったですが、今は厳しく指導してくれた先生やコーチに感謝しています)

失敗したときも、もちろん反省はしますが、必要以上には引きずらないタイプです。

パニックを防ぐための「鈍感力」


また、列車に乗務していると、大なり小なりトラブルに遭遇することが必ずあります。
そういうときも、ある種の鈍感さがあった方がよいです。

たとえば私も、運転中に車両トラブルが発生して列車を止めたことがあります。

車内のお客さんは「なんだなんだ?」という目でこちらを見ますし、早く処置して運転を再開させないと、後続列車にも影響を与えますから、プレッシャーがハンパないです(笑)

そういうときに、プレッシャーをまともに受け止める人間だと、「ヤバいヤバイどうしよう」でパニックになりかねません。
(実際、トラブったときに頭が真っ白になって固まってしまう乗務員もいます)

そうではなく、「はあー、まったくしょうがねぇなあ。どれどれ」くらいの気持ちで対応できる。
これが私の言う「鈍感力」です。

人の話を聞かないとか、ボケーっとして目の前の異変を見逃すとか、そういう意味ではないので勘違いしないでくださいね(^^;)

異常時にはタバコを吸え?!


先輩から教わった格言として、「トラブルに遭遇したら、タバコを一本吸ってから動き出せ」というものがあります。
もちろん、言葉通り本当にタバコを吸えというわけではなくて(笑)、

「焦りそうなときこそ一呼吸入れろ」
「慌てた状態のまま手を付けるな」

こういうことを言いたいわけです。
私のいう「鈍感力」と同じような意味ですね。

こういうご時世だからこそ鈍感力


こちらの記事ではグループディスカッションについて触れましたが、そういう場でキチンと意見を出していくにも、ある程度の「鈍感力」はあった方がよいと思います。
悪い言い方をすれば、「あえて空気を読まない」です。

仕事のプレッシャーや〇〇ハラスメントで潰れてしまったり、周りの目を気にしすぎて自分の意見を出せなかったりする人が多い世の中です。
ある程度鈍感な方が生きやすいと思うのですが、どうでしょうか。