現役鉄道マンのブログ 鉄道雑学や就職情報

趣味で鉄道好きな人はもちろん、就職・転職等で鉄道業界に興味がある人もどうぞ! 現役鉄道マンが、鉄道の雑学や裏話を語ります。

中身が溶けちゃう!? 冷凍コンテナの電源を強制オフ

前回の記事では、貨物列車が積んでいる「冷凍コンテナ」について書きました。

blog.kys-honpo.com


冷凍コンテナの冷凍設備は、ディーゼルエンジンで稼働させています。
ディーゼルエンジンで発電機を回し、その電気で冷凍設備を動かしているんですね。

ところが、実はこの冷凍コンテナ、「ある場所」を通過するときは電源を切らなければいけません。
その場所とは、いったいどこでしょうか?

 

青函トンネル内は火気厳禁


答えは、「青函トンネル」です。

なぜ、青函トンネルを通過する際は、冷凍コンテナの電源を切らなければいけないのか?

青函トンネルは長大ですから、もしトンネル内で火事が起きたらヤバいです。
それを防ぐため、青函トンネル内では「燃料の使用や持ち込み」が制限されています。

たとえば、電気+モーターで走る「電車」は通っていいのですが、軽油+ディーゼルエンジンで走る「気動車」は原則通行禁止です。
何かの事故が原因で、軽油(燃料)に引火でもしたら火事になって大変なので。

他にも、自衛隊の機材を輸送する列車が青函トンネルを通るときなんかも、機材内の燃料を抜くことが必要です。

熱感知器が反応しないようにするため


また、火災防止の観点から、トンネル内には熱感知器も設置されています。
冷凍コンテナのディーゼルエンジンが動いたままだと、この熱感知器が反応してしまうのですね。

というわけで、ディーゼルエンジンで稼働させる冷凍コンテナは、火気厳禁および熱感知器に引っ掛からないようにするため、青函トンネル内では電源を切らないといけないわけです。

「おいおい、そんなことしたらコンテナ内の冷凍品が溶けちゃうじゃん」

そう思った方、大丈夫です。
冷凍コンテナは断熱性能に優れているので、青函トンネルを通過する1時間くらいでは、中のものは溶けたりしないそうです。

入口の信号機も連動している!


もし、ディーゼルエンジンを切り忘れて青函トンネルに突入してしまうと、熱感知器が反応してしまいます。
それを防ぐため、ディーゼルエンジンが「入」のままの列車は、トンネル内に進入できない仕組みになっています。

具体的には、すべてのディーゼルエンジンが「切」になっていないと、青函トンネル入口の信号機は「青」になりません。

ディーゼルエンジンの「切」情報と信号機を連動させることで、誤進入を防いでいるわけです。

なお、冷凍コンテナにはGPSが搭載されており、トンネル入口で自動的に電源が切れるようになっています。
そして、トンネルを出ると自動的に再起動して電源が入るのだとか。

うーん、ハイテクですねえ。