現役鉄道マンによる鉄道雑学のブログ

趣味で鉄道好きな人はもちろん、就職・転職等で鉄道業界に興味がある人もどうぞ! 現役鉄道マンが、鉄道の雑学や裏話を語ります。

鉄道会社の労働条件 年次有給休暇は取りやすい?

こんにちは、現役鉄道マンのKYSです(^^)

前回の記事では、鉄道会社に関する「年間休日数」について書きました。
同じ「休み」というくくりで、今回は「年次有給休暇」について触れます。
(以下、「有休」と表記します)

 

学生の方へ 有休の基礎知識


社会人の方には釈迦に説法ですが、これから社会に出ていく学生の方が見ていると想定して、有休の基礎知識から書いていきます。
「知っているよ」という人は、この見出しの内容は読み飛ばしてください。

有休とは、「賃金をもらいながら就労義務がない日」です。
「賃金をもらいながら」というのがポイントで、賃金をもらえない普通の休日との違いはそこです。

有休の付与日数は労働基準法で定められています。
初年度は10日です。2年目は11日、3年目は12日。

以降、14→16→18→20と増えていきます。
20が上限で、以降は毎年度20日の有休が与えられます。

もっとも、これらの日数は労働基準法で定められた「最低基準」であって、会社側が独自に増やすことはOKです。
実際、そういう鉄道会社も少なくありません。
(あ、ちなみにウチの会社は法律通りの日数です)

このように、有休は労働基準法で定められている部分が大きいので、どこの鉄道会社、というよりも世の中どの会社でも大差ありません。
というわけで、問題になるのは「有休の取りやすさ・消化率」ですね。

有休の取りやすさは「部署の人数」による


では、「有休の取りやすさ・消化率」は、いったい何に左右されるのか?

社風? 部署の雰囲気? 上司の性格?

一般的に言われることが多いのは、こうした要素ですよね。

しかし、車掌・運転士といった職種は、ズバリ「部署の人数」が有休の取りやすさを左右します。

これらの職種が特徴的なのは、「毎日、必要となる頭数が決まっていること」です。

たとえば、事務仕事を行う部署だと、「今日は一人休んでいます」でも何も問題ないですよね。
他の人が、休んだ人の分も仕事をカバーすれば済みます。
また、定期異動の際に人員が削減されて、そのまま補充がないけどなんとか回している……という場合もあるでしょう。

つまり、事務系の職種は「一日に絶対に〇人はいなければ仕事が回らない」という事態にはなりません。

「一日に必要な頭数」が決まっている


ところが、車掌・運転士の職種は「一日に必要な頭数」が決まっています。
シフト制の仕事であって、「誰がどの列車を担当するか」が割り振られているからです。

言ってみれば歯車みたいなもので、一つでも欠けたら全体が回らなくなります。
事務系の仕事みたいに、欠勤者が出たからといって、その穴を他の人でカバーできるわけではありません。

「一日に必要な運転士の数は100人。でも今日は頑張って99人で回そう」

こういうわけにはいかないのです。
もし、病気などで欠勤が出た際は、必ず代わりの人が必要になります。

「余裕分」の乗務員には逆に仕事がない


このように、車掌・運転士は「一日に絶対に〇人は必要」と決まっています。
そして、「一日に絶対に〇人は必要」とは、逆に言えば仕事があるのは〇人だけで、それ以外の人には仕事がありません。

そういうわけですので、部署の配属人数に余裕があれば有休は取りやすいです。
しかし逆に、ギリギリの人数で回している場合は有休が非常に取りにくい。

単純な話ですが、こういう構図になっています。

私の会社の例


昔、私の所属する部署で人数がギリギリの状態に陥ったことがあり、その時は大変でした。
有休どころではなく、9日連続で乗務したこともありましたなぁ……(←遠い目)

しかし、現在は人数に余裕があるので、有休がめちゃくちゃ取りやすくなりました。
それに加えて、有休消化率が悪いと会社上層部から何か言われるようになったらしく、勤務管理をする私の上司は「ちゃんと有休使え」と推奨しているんですね。

そういう雰囲気ですので、現在、私の部署の有休消化率は高いです。
もちろん消化率100%とはいきませんが、世間一般の消化率(約50%)に比べたら、格段に高いと思います。

対して、ウチのお隣の鉄道会社(大手です)で、私と同じ仕事をしている部署は、人数がギリギリのため有休消化率が非常に悪いようです。
年度終わりが近づいても、年度始まりの有休残数とほとんど変わってない社員も少なくないようです。
(多少の交流があるので、そういう情報も入ってきたりします)

このように、同じような仕事をしていても、時期によって、そして会社によっても状況が全然違います。
やはりOB・OG訪問で情報を仕入れるのが大事です。

公開された数字はあくまで参考程度に


採用情報のページなどに「有休消化率」「平均取得日数」が書いてあることもありますが、これは鵜呑みにせず参考程度に見ておくべきだと思います。
あくまで「平均」であって、大多数の人が該当する「中央値」ではないからです。

ウチの会社も採用情報のページで有休消化率を公開していますが、その数字は私の所属する部署よりも低いです。
有休をあまり取得しない他の部署の数字が加味されているので、下方に引きずられているのだと思われます。

こういう“数字のマジック”がありますから、下手に数字を鵜呑みにして「有休が取りやすそう・取りにくそう」などと先入観を持たないことです。
そうしておけば、入社後に「話が違う」とギャップを感じることもないでしょう。