現役鉄道マンのブログ 鉄道雑学や就職情報

鉄道に関する記事が約300! 趣味で鉄道好きな人や、鉄道業界への就職を目指す人は必見のブログ!

ブルートレインの裏話 遅延すると厄介な列車

前回の記事では、「JR西日本が終電を繰り上げるけど、サンライズ出雲・瀬戸の時刻は変えないのか?」を考察しました。

ダイヤというものは、一本の列車の時刻をいじれば、それが他の列車にも影響するもの。サンライズのような長距離特急は、時刻を変えると影響を受ける列車がたくさんあるため、時刻を変えるのは難しいだろう。

そう書きました。

ブルートレインは遅れたときの「運転整理」が大変だった

ところで、この「長距離特急の時刻を変えるのは難しい」は、何もダイヤ改正時に限った話ではありません。日々の列車運行でも起きうることです。

たとえば、一昔前に走っていたブルートレイン。

長距離を走るブルートレインは、途中で何かのトラブルに巻き込まれ、遅延する確率がどうしても高くなります。遅れてしまったら、他の列車のスキマを縫って走らせるのですが、これも一種の「時刻を変える」ようなものです。
(専門用語では、こうした処理を「運転整理」と呼びます)

さて、このブルートレイン、遅れたときの処理は苦労することが多かった、という話を聞いたことがあります。

特に大変なのは、遅れブルートレインが朝ラッシュ時間帯に突入してきた場合。もともといっぱい列車を運転している朝ラッシュに、さらに遅れ列車を入れようとするわけですから、これは大変なのです。

遅れのブルートレインが都市圏の朝ラッシュをかき乱す

ブルートレインというと、「九州・北陸・東北を夕方~夜に出発して、翌朝、東京に着く」が一つのパターンでした。

たとえば、朝7時に東京着のブルートレインが30分遅れたとします。その遅れブルートレインを、朝ラッシュの密なダイヤの間を縫って通す……いや、「間を縫って」という表現はぬるいですね。他の列車の間に「ねじ込む」と言った方がいいでしょう。

ダイヤを乱す原因になりかねないのは、容易に想像がつきます。

これは東京エリアに限った話ではなく、京阪や名古屋でも同様。九州発で京阪・名古屋エリアを早朝に通過するブルートレインが、1~2時間遅れていると、朝ラッシュ時間帯に引っ掛かってしまいます。

ついでに言っておくと、機関車+客車で構成されるブルートレインは、電車に比べて加減速性能が劣ります。電車群の中にブルートレインを入れるのは、たとえるなら、ランニングをしている集団の中に、一人だけペースの違う人を混ぜるようなもの。全体の足並みを乱す原因になりかねません。

こういう理由で、ブルートレインが遅れると、いろいろめんどうだったようです。

貨物列車は待避線に入れて「時間調整」が可能

同じ長距離を走る列車でも、貨物列車だと話がだいぶ違います。

貨物列車も、長い道中でトラブルに巻き込まれて遅延する確率は高いです。ただ、ブルートレインと違い、貨物列車は遅延しても手の打ちようがあります。

たとえば、朝ラッシュの列車群を避けるため、適当な駅の待避線に逃がしておいて時間を潰す。朝ラッシュが終わって線路が空いてきたら、おもむろに動かせばOK。

しかし、お客様を乗せて走るブルートレインでは、待避線で時間潰しなんて真似はできませんよね。多少無理気味でも、朝ラッシュの列車群に突入させなければいけないわけで……。ブルートレインが厄介だったのは、そういう理由です。

【余談】動くに動けなくなった列車を「塩漬け」と呼ぶことも

完全に余談ですが、待避線に入れたまま長時間動けなくなった列車を「塩漬け」と呼ぶことがあります。自然災害や人身事故でダイヤが乱れた場合、とりあえず待避線に逃がしたものの、ダイヤの調整がつかなくなって、出すに出せなくなることがあります。

「貨物の○○列車がどこどこ駅で塩漬けになっている」みたいな使い方です。

株式売買など投資の世界でも、売らずに長期間保有している(=動かしていない)資産のことを「塩漬け」と呼ぶらしいですが、それと同じようなイメージですね。


関連記事はこちら

→ 鉄道ニュース 記事一覧のページへ