現役鉄道マンのブログ 鉄道雑学や就職情報

鉄道に関する記事が約300! 趣味で鉄道好きな人や、鉄道業界への就職を目指す人は必見のブログ!

警報機も遮断機もない「第4種踏切道」 なぜなくならない?

前回の記事では、2019(令和元)年9月に発生した、京急の踏切事故について触れました。
「鉄道会社側の安全対策も大事だが、踏切利用者である国民全体の理解も必要」と述べました。

運輸安全委員会という組織のホームページには、「踏切事故を起こさないために」という啓発ページがあります。
ぜひご覧ください。

さて、今回は、踏切に関する話を一つ書いてみます。
テーマは「第4種踏切道の廃止」です。

 

【基礎知識】第4種踏切道ってなに?


踏切というと、みなさんはどのようなイメージをお持ちでしょうか?
列車が接近すると警報機がカンカン鳴って赤色灯が点滅し、遮断機が降下する。
そんな感じだと思います。

f:id:KYS:20210220072457p:plain

運輸安全委員会「踏切事故を起こさないために」から画像を拝借


しかし、実は世の中には、警報機や遮断機がない踏切も存在します。
↓の表をご覧ください。

f:id:KYS:20210220072047p:plain

ちなみに2021年現在、第2種踏切道は存在しない


警報機・遮断機の有無によって、踏切は三種類に分類できます。
この中で、第4種踏切道というやつには警報機・遮断機がありません。

f:id:KYS:20210220072505p:plain

第4種踏切道 運輸安全委員会「踏切事故を起こさないために」から画像を拝借


警報機も遮断機もない第4種踏切は、事故の危険性が高いです。
実際、列車の接近に気付かずに踏切に進入し、列車と衝突して亡くなる事故は少なくありません。

第4種踏切ですが、都会にはほぼ存在せず、だいたいはローカル線にあります。
第4種踏切というものを知らない都会の子どもが、田舎のじーちゃん・ばーちゃん家に遊びに行ったときに、事故に遭う可能性もあります。
お子さんがいらっしゃる方は、「警報機や遮断機がない踏切もあるんだよ」と教育してあげてください。
そういう交通安全教育が、鉄道安全対策の一つなのです。

第4種踏切は「廃止」か「第1種への昇格」をするべきだが……


さて、次の話です。
事故の危険性が高い第4種踏切は、以下のどちらかの措置が望ましいです。

  1. 踏切自体を廃止する
  2. 警報機と遮断機を設置し、第1種に昇格させる


こういう措置をした方が安全上望ましいのは、異論ないですよね。

ところが、安全のためには良いと誰もがわかっているにも関わらず、いざ実行しようとすると、話はそう簡単に進んでくれません。
具体的には、住民の反対で頓挫するケースがあります。

踏切を廃止すると不便になるので住民の反対が多い


なぜ住民が反対するのか?
まず、「① 踏切自体を廃止する」について。

住民からすれば、踏切が廃止されると、線路を渡る際に遠回りを強いられる不便が生じます。
それを嫌って踏切廃止に反対するわけです。

私も、よく通る踏切(第1種)がありますが、そこが廃止されたら、買い物に行くときなどにクソ不便になって困りますね。
同様に、読者のみなさんにも「廃止されたら困る踏切」があるでしょう。

第1種への昇格は警報機の騒音や鉄道会社側の都合で大変


踏切の廃止が嫌なら、「② 警報機と遮断機を設置し、第1種に昇格させる」はどうか?

実はこれも、住民の反対を喰らうケースがあります。
簡単に言えば、「警報機のカンカン音がうるさいから」です。

前述のように、第4種踏切の多くはローカル線、もっと言えば田舎に存在します。
都会と違って基本的に静かなので、カンカン音が余計にうるさく感じるのでしょう。
だから警報機の設置はヤダ、という理屈です。

また、これは鉄道会社側の事情ですが、第1種踏切に昇格させるとなると、警報機・遮断機だけではなく、それを動作させるための信号回路も新設する必要があります。
私は技術系の人間ではないので詳しくは知りませんが、1,000万円以上かかると聞いたことがあります。
中小の鉄道会社だと、この負担がバカになりません。
また、いったん設置した以上は継続的に保守せねばならず、手間や費用が大変です。

人が亡くならないと事態が動かないケースも多い


……という感じで、第4種踏切の対策は簡単ではないのが現実。
地元住民と鉄道会社、はたまた市や県などの道路管理者が集まって協議しても、合意形成できないケースが少なくないようです。
で、結果的には協議が長引き、なんやかんやで有耶無耶になると。

こうした膠着状態は、どうすれば動いてくれるのか?

これはイヤな話ですが、膠着した事態が動くのは、人が死んだときです。
第4種踏切で事故が起き、人が亡くなると、「こりゃーさすがにマズい」となって話が進むわけです。

しかし、膠着した事態を動かすために、誰かを“人柱”に捧げるなんてマネはできませんよね。
となると、第4種踏切を利用する人は、結局のところ自衛するしか方法がないわけです。
こういう状況がよろしくないのは言うまでもありませんが、残念ながらメスを入れにくいのが現実です。
 


関連記事はこちら 
2019年の京急脱線事故 調査報告書が公表される
台風での計画運休 運転再開に時間が掛かるのはなぜ?

→ 鉄道ニュース 記事一覧のページへ

⇒ トップページへ