現役鉄道マンのブログ 鉄道雑学や就職情報

記事のクオリティには自信あり! 鉄道関係の記事が約380。趣味で鉄道好きな人や、鉄道業界への就職を目指す人は必見!

スタートダッシュが遅い貨物列車 踏切の手前には停めない方がいい

鉄道には、ダイヤ乱れが付き物です。そんなときは、私のような指令員の出番。乱れたダイヤを元に戻すために、いろいろやります。

臨時列車を運転、途中駅で打ち切り、発着番線の変更、行き違い駅の変更、退避駅の変更……などなど。

ダイヤを正常に戻す作業のことを、専門用語で運転整理と呼びます。今回の記事は、貨物列車にまつわる運転整理の話です。

貨物列車の運転整理 待避駅を変更するケース

貨物列車は、道中どこかの駅の待避線に入って旅客列車をやり過ごすことが多々あります。A駅で待避を行う貨物列車があるとしましょう。

ところがこの貨物列車、ダイヤ乱れに巻き込まれたため、予定していたA駅での待避を取り止めます。代わりに、B駅C駅のどちらかで待避を行うことにしました。

ここで読者のみなさんに問題。B駅とC駅、どちらで待避を行わせた方がいいでしょうか? 両駅の図を示しておきますね。

「そんなんどっちでもいいじゃん」と思うでしょうが、この場合なら、なるべくC駅での待避は行わない方がいいでしょう。というのも、C駅は発車した直後に踏切があるからです。

スタートダッシュが遅いので踏切を長時間ふさいでしまう

貨物列車の特徴として、スタートダッシュが利かない点が挙げられます。機関車1両で後ろの重いものを引っ張るので、旅客列車ばりのスタートダッシュをキメることは不可能。どうしても初動が遅いです。

そういう事情があるので、発車直後に踏切がある駅だと、列車のケツが踏切を抜けるまで時間がかかります。つまり、踏切を長時間ふさいでしまうわけです。それはなるべく避けたいですね。

というわけで、C駅ではなくB駅での待避を選択するのがベターと言えます。

(ただし、これはC駅で待避させるのが不正解という意味ではありません。あくまで配慮レベルの問題です。場合によってはC駅を選ばざるをえないとか、C駅の方が後の展開がスムーズだとか、まあ結局はケースバイケース)

こんな感じで、貨物列車の運転整理は、旅客列車とは別の考え方が必要になります。たとえば、「貨物列車の長さ」と「待避線の長さ」を比べなければいけないのも、その一つです。

待避線の長さは駅によって異なり、待避線が短い駅もあります。長編成の貨物列車だと、長い待避線を持つ駅にしか停められない(=短い駅に突っ込んだら後ろがハミ出す)ので、選択肢が限られます。旅客列車だと、そういうことを考える必要はないのですが……。

関連記事

冷凍コンテナが騒音をまき散らす!?


ブルートレインの裏話 遅延すると厄介な列車


→ 鉄道の豆知識や雑学 記事一覧のページへ


⇒ トップページへ