現役鉄道マンのブログ 鉄道雑学や就職情報

趣味で鉄道好きな人はもちろん、就職・転職で鉄道業界に興味がある人もどうぞ! 現役鉄道マンが、鉄道の雑学や裏話を語ります。

ムーンライトながらの裏話 乗務員にとっては大変な列車だった?

2021(令和3)年1月22日、JR東日本とJR東海は、ムーンライトながらの運行を終了すると発表した。


東京と大垣を結ぶ夜間快速・ムーンライトながら(以下、MLながら)が、旅客動向や車両老朽化を理由に廃止が決定されました。
いつかは訪れる事態とわかってはいたものの、鉄道ファンには納得できない人もいるかもしれませんね。

今回はMLながら追悼記念(?)ということで、乗務経験のある方から聞いたエピソードをいくつか紹介します。

 

ながらといえば不正乗車!? 寝たフリで車掌をやり過ごす


Q.ながらといえば?

A.不正乗車のデパート

……と言ってよいほど、MLながらは不正乗車する輩が多い!
これは業界内だけではなく、鉄道ファンにもわりと知られている話だと思います。

具体的には、正当な乗車券類を持たずに乗車し、車掌が車内改札に来たら寝たフリでやり過ごすという手口。
車掌経験者は、「ながらは不正乗車する輩が多すぎ。対応がめんどうで……」と呆れていました。

不正乗車への対応も仕事と言われればそれまでですが、そんな後ろ向きな仕事、誰もやりたくありません。
私も乗務員時代、車内トラブルの類は何度か経験しましたが、「勘弁してよ」というのが正直なところ。
みなさん、鉄道を利用するときにはルールやマナーを守りましょう。

普段は停めない位置に停めるのでブレーキが難しい


さて、次の話。
MLながら、JR東海の運転士にはブレーキが難しかったそうです。

なぜか?

列車というものは、両数によって駅での停止位置(=ホームのどこに停めるか?)が異なります。
東海道線を走るJR東海の列車は、一部を除いて8両モノまでなので、9~10両のMLながらの停止位置へは、ほとんど停める機会がない。
そのため、ブレーキ感覚がいつもと違ってくるので難しいわけです。

この点が、10両以上がスタンダードのJR東日本管内との違いですね。

これは私も経験がありますが、めったに停めない位置へのブレーキ操作は難しいです。
いや、難しいという表現は正確ではないかもしれません。
手応えがないというか、地に足がつかずフワフワしているというか……。

「だいたいこのへんからブレーキ」という“距離感”がいつもと違うので、実力(?)が出せなかったりします。
安全策で早め早めにブレーキを掛けて、最後はチンタラになってしまうという……(笑)

運転室の暖房が効かずに寒かった165系


さて、最後の話。
MLながらには、前身の「大垣夜行」まで含めると、さまざまな車両が使われてきましたが、165系(だったと思います)でのエピソード。

165系、運転室の暖房が全然効かず、冬はクソ寒かったそうです。

そのため、どうしてもトイレが近くなる。
お小水用にビニール袋を持参して乗務する人もいたのだとか。
現代ほどペットボトルが普及していない時代でしたから、ビニール袋なんですね。

まあ、運転室の空調が効かなかったとか、乗務中のトイレ問題は、MLながらや165系車両に限った話ではありませんが。

お小水シーンを客室から覗かれでもしたらヤバいじゃん! と思うかもしれませんが、現代と違って、昔は運転室後ろの遮光幕を「全閉」にしていましたから、見られる心配はなかったのですね。

……とまあ、運行に携わる運転士・車掌の立場からすると、MLながらはいろいろ大変な列車だったようです。
今回の廃止、現場はホッとしているかもしれません。


関連記事はこちら 
JR西日本の終電繰り上げ サンライズの時刻が変わることはある?
2016年のダイヤ改正が「3月下旬」で例年より遅かった理由とは?

→ 鉄道ニュース 記事一覧のページへ

⇒ トップページへ