現役鉄道マンのブログ 鉄道雑学や就職情報

鉄道に関する記事が約300! 趣味で鉄道好きな人や、鉄道業界への就職を目指す人は必見のブログ!

鉄道雑学

ブルートレインの裏話 遅延すると厄介な列車

一昔前に走っていたブルートレイン。実はこの列車、特有の「厄介さ」がありました。

速度制限標識に書かれている「R」ってどういう意味?

線路上にはいろいろな標識がありますが、「R300」などと書かれた標識を見たことありませんか? Rってなに? その後ろの数字の意味は?

相互直通運転の車両使用料 ダイヤが乱れると計算が大変

相互直通運転の車両使用料は「相殺」している。鉄道ファンならば常識でしょう。本記事ではプラスアルファの雑学をお届けします。

「電車」と「列車」の違いとは? 鉄道マンが正しい知識を解説

電車と列車。よく似た単語ですが、この違いをキチンと説明できるでしょうか?

VVVFインバータとは? 初心者向けにやさしく解説(2)

鉄道用語としてよく聞く「VVVFインバータ」ですが、実はよく知らない人も多いのでは? VVVFという言葉の解説をします。

VVVFインバータとは? 初心者向けにやさしく解説(1)

鉄道用語としてよく聞く「VVVFインバータ」ですが、実はよく知らない人も多いのでは? 初心者向けの解説をします。

線路のマクラギに使われている「木」は何の木?

レールの下に敷かれているマクラギ(枕木)には、何の木が使われているか知ってますか?

サンライズの285系をJR東海が所有する理由とは?

大人気の定期寝台列車、サンライズ出雲・瀬戸。これに使用される285系電車にまつわる雑学をお届けします。

サンライズ出雲・瀬戸の285系はブレーキが超強力!

大人気の定期寝台列車、サンライズ出雲・瀬戸。これに使用される285系電車にまつわる雑学をお届けします。

「鉄道は固定費が大半だから経費削減は難しい」は本当?

コロナで売上が激減する鉄道。経費削減に励みたいのですが、「列車本数を減らしてもほとんど経費削減にはならない」は本当でしょうか?

鉄道会社は社員教育にプラレールを使用する

鉄道会社はさまざまな社員教育を行いますが、プラレールを使ってシミュレーション訓練をすることもあります。

急停車で転倒してケガ! 鉄道会社に過失がある場合は?

列車が急停車して転倒→ケガをした場合、鉄道会社の責任は問えないのが原則です。しかし、急停車に関して鉄道会社に過失がある場合はどうなのでしょうか?

急停車で転倒してケガ! 鉄道会社の責任は問える?

コロナ蔓延に伴い、車内の吊り革に摑まらない人が増えています。列車が急停止したときに転倒事故になるリスクがありますが、列車を急停止させた鉄道会社は責任を問われないのでしょうか?

新駅開業の雑学 “ご近所”の鉄道会社も巻き込まれる!?

2020年3月14日、ダイヤ改正に伴い、いくつかの新駅がオープンしました。新駅開業の雑学をひとつ、お届けします。

ダイヤ改正の雑学 改正後しばらくは夜間工事を控える

2021年3月のダイヤ改正では、夜間工事の時間を拡大するために「終電繰り上げ」が行われました。ダイヤ改正と夜間工事にまつわる雑学を紹介します。

雪が降ると石が飛んでくる!? 危険を防ぐバラストネット

線路を眺めていると、バラスト(石)を覆うように網(ネット)が掛けられていることがあります。これ、「バラストネット」というものですが、いったい何のために設置されているのでしょうか?

JR北海道 雪対策の費用はなんと○○円!

雪と切っても切れないJR北海道は、雪対策として多額の費用を計上しています。その金額は?

東海道新幹線の霜対策 あれもこれも自動化

電車の運行を脅かす霜。東海道新幹線では、霜対策の新手法を試行中であり、それを紹介します。キーワードは「自動化」。

電車の天井で火花がバチバチ!? 冬の電車を脅かす大敵「霜」

冬の鉄道を脅かす代表選手は雪ですが、それ以外に「霜」も難敵です。なぜ霜が列車運行を脅かすのか? どんな対策をしているのか?

“鉄道流”アルファベットの読み方・書き方

鉄道現場では間違い防止のため、数字やアルファベットに独特な読み方・書き方を持たせている場合があります。

鉄道マンの年末年始 1月1日の泊まり勤務は気分最悪

鉄道マンには、もちろん年末年始の休みなどありません!

解説・列車運行図表とは?

「列車運行図表」の読み方を解説します。

徐行運転、駅間停車…… 雨規制の裏側

大雨と鉄道の知識を書く第4弾。大雨による「徐行運転」と「駅間停車」を説明します。

駅員の「わからない」には二つのケースがある 雨規制の裏側

お客様「運転再開はいつ?」→駅員「わかりません」。この「わかりません」という言葉、実は意味が二つあるのです。

晴れているのに「大雨で運転見合わせ」!? その理由とは

数駅ごとに一つの雨量計を設置し、その雨量計で数駅分の範囲をカバーする。現在主流のこの方式、実は問題があります。この問題点を将来的にどう改善していくか?

どれくらい雨が降ったら列車の運転を見合わせるの?

ゲリラ豪雨など、突然の大雨で運転見合わせになることが多い夏の季節。大雨と鉄道の関係について、利用者側も知っているのが望ましい知識を書きました。

鉄道車両の「冷房」にまつわる知識あれこれ

鉄道車両の冷房ってどれくらいの性能? 冷房が故障すると特急料金は払い戻される? 鉄道の冷房にまつわる知識のあれこれ。

運転士が乗務中に熱中症! これは労災になる?

仕事中のケガ・病気は「労働災害」として扱われる場合があります。では、乗務員の熱中症は労災なのか? 基本的な法律知識とともに、解説をまとめました。

レール温度上昇 将来は「真夏のローカル線は運休だらけ」になる!?

真夏にたまに聞くニュースが「レール温度上昇により運転見合わせ」。なぜ温度上昇で運転見合わせになるのか、その背景を説明します。

特急列車の運転士に特有な「夏の試練」とは?

鉄道会社の花形といえば特急列車。しかし、特急列車に乗務する運転士には、夏特有の苦労があったりします。